2009年02月08日

【まごころ味噌】 ら〜麺なかにし (こくまろ)みそつけ麺

ら〜麺なかにし (こくまろ)みそつけ麺看板のひとつ「鶏塩メン」をはじめ、創作性の高いラーメンで評判の高い「なかにし」で提供される味噌つけ麺とは、一体いかなるものだろう、と胸を躍らせながら訪れました。
相変わらず、ヴィジュアル面でもハイレベルなメニューを作り出されます。思えば、前回の「和え麺サミット」も今企画も、ポスターに大きく取り上げられていたのは同店のメニューでした。純白の白髪ネギを頂き、赤い人参の輪切りは波刃で断面をギザギザにあしらわれています。緑色のブロッコリーと合わせて3色のコントラストが美しい。底に佇むその麺は、これまた幅の広い特異な面。5mm幅というフィットチーネ用の切り刃だそうです。国内産のブランド小麦が使用された麺で、こんな企画の特別なメニューには、いかにもお似合いの特別な麺ですね。

つけ汁はといいますと、和風な器に入っているので驚きますが、バターとケチャップを隠し味に用いたなんとも奇抜な一杯。ところが、鶏出汁も味噌もすべてあわさって、喧嘩もせずに、ちゃんと調和していることに、また一層驚かされます。まだ、明らかにされていない隠し味があるそうですが、僕に判別することは叶いませんでした。そんなクイズ的な楽しみもこの「なかにし」の魅力です。

全体の印象は、タイトルにもあるとおり、「コク」と「まろやか」さを存分に堪能できる仕上がり。とろみのあるスープがやさしくパスタのような麺にからみ、一体自分が何の料理を食べているのか、錯覚をおこしそうになりますが、美味しいことには間違いない。ごろっと入っているチャーシューも、まるで洋食のメインディッシュに登場する肉料理のようです。

これほどまでに創作性が高く、味の完成度が高いお店を住む町に持てて、ちょっと鼻高々になるのは、愛郷心のなせるところでしょうか?

【2009年2月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51578985