2014年07月22日

おいしかったよ!

「今年は子どもたちに野菜に触れる機会を作ってあげたいです!」

そんな保育者の一言から・・・「やってみよう!」ということに。

お友達の中にはお野菜に興味はあるものの、なかなか自分のお口に入れることができないお友達がいます。
なんでも食べられるお友達や保育者の口元をじーっと見ながら、お友達なりに観察をしているのです。

そんな姿を見て、「食べられるかはわからないけど、触れてみることで興味を持ってくれるかもしれない!」ということになりました。

まずは1日目 お野菜選び
お散歩をしながら、新鮮なお野菜が置いてあるお店屋さんを発見
なす、桃、枝豆、とうもろこし、トマト・・・夏の代表選手が並んでいます。
その中から子どもたちが選んだのは・・・枝豆・とうもろこしでした。

2日目 お野菜むきむき・もみもみ
とうもろこしの皮を「うんとこしょ!うんとこしょ!」
SANY2049












枝豆もお塩を振って、みんなでもみもみ。
「おいしくな~れ!おいしくな~れ!」とおまじない。

みんなでお給食の時間においしくいただきました。

(食べることに夢中になりすぎて、写真がな~い

お野菜が苦手な子、みんなが夢中になって食べている様子を見て挑戦したい気持ちになりました。
保育者の「食べてみる?」の一言で今まで食べられなかったとうもろこしを3粒、食べることができたのです

自分の手を施したものは一味も二味も変わりますね。
お友達や保育者と一緒に味わうことができて、みんなお腹も心も大満足でした
ata5himawari at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。