あた@まったり日記

千葉ロッテ・鹿島アントラーズなどの話を中心に、色々な事柄を自分のペースで書いていきたいです。

来月

の話ですが。。。

下旬に甲子園に行く予定を立ててしまったw
休みが取れるかどうかも分からないけどねw

しかも何とかして、天橋立に行きたい!
そうすれば、日本三景制覇するのよね。
(松島・宮島は制覇済み)

色々と調べてますが、まだ行き方に迷ってます。

ってか・・・
まずは休み取らないと。。。

宿の予約もしなくちゃいけないだろうし。。。

あとは12球団本拠地制覇での、名古屋ドームだが。。。
交流戦が土曜開催であるんだけど、試合開始が3時って。。。
でも新幹線で2時間くらいだから、行けるちゃあ行けるのよねんw

下手したら、西武ドーム行くより楽かもw

こりゃあ、勝たないといかんよ。

ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
原JAPANもとい、侍JAPAN
いよいよ決勝戦ですねぇ。

選手選考から、色々と物議を言われてた原監督ですが。。。
なんだかんだで、決勝まで連れて行く力(運?)はあったようですね。


しかし5回目の韓国戦ですか。。。
こんな組み合わせなら、日韓戦を定期的にやったほうが手っ取り早いのでは?w
そんな有利な組み合わせにしたにも関わらず、アメリカはあっさり日本に敗退。

メジャーの意気込みなんて、結局リーグ戦で活躍して、金稼ぐ事だけでしょ。
本気でアメリカが、ベースボール発祥の地としての力を発揮する時はいつなんだろう?

あっちの都合で、こんな早い時期に野球やらされて、それであの結果?
お前らアジア野球を舐めすぎなんじゃ!

それでいて、こっちの良い選手は金で引き抜きやがって(怒)
代わりに若い選手をこっちで育ててやるから、そっちのドラフトに参加させろw
育ったら、その選手を高く買えww


しかしアメリカだけのチームで、ワールドシリーズ?
ちゃんちゃら、おかしいわい。
本気でWBCを世界一を決める大会にしたいなら、ワールドシリーズを改名しなさい。

そうだなぁ。。。
トップ オブ ベースボールアメリカンシリーズとかどうよ?

長いかw

どうにも出来ません

ずっと、普通の日でしたが?

チョコなんて、女人に貰った事ないなぁ〜

義理もないさ<(`^´)>エッヘン


韓国じゃあ、4・14にブラック デーとかで、バレンタイン・ホワイト デーに、
何もしてない男女が、黒いジャジャ麺食うとか?

ジャジャ麺は(゚Д゚)ウマーいけど、中華屋でもそんなに扱ってないべさ。

盛岡行って、食ってくるしかないのか!?

ああ。。。
チョコが買いづらいな。。。

広島行ってきたよ。

22日から広島に行ってきました。

目的は当然、「最後の広島市民球場を堪能する」ですw

初日は少し広島観光をしながら、野球観戦。
それと昼には当然、広島風お好み焼き♪


路面電車原爆ドーム

平和の鐘広島城

広島お好み焼き球場の肉うどん続きを読む

成瀬伝説

先週の土曜も観戦していたのだが、試合内容を書かなかった。

というより、書けなかった・書く事が無かったと言ったほうが正しいかもしれない。

たしかに大場はいい投手だろう。
だが16三振を喫するほどの投手だったのか?と言うと。。。
まぁ、速球派に弱いロッテ打線だから、仕方ない部分があるにしても、もう少し打てるような工夫も必要だっただろう。

その煽りを食ったのが、ロッテ 成瀬だった。
打線が大場に苦戦してるのは明らか。
その中で、彼に「0点で抑えなきゃ」という気持ちが、強く出てもおかしくないであろう。

その結果、腕の振りがおかしくなり、ボールが抜けたり、ボールを置きに行ったりして3失点。
そのまま負け投手。。。パリーグ相手の連勝記録も途絶えた。


そんな事もあり、今日も多少の不安がありながら、観戦をしてきました。
続きを読む

まだ始まったばかりだが

今日、マリンへ野球観戦してきました。

ロッテ 成瀬 善久ーオリックス 近藤 一樹で始まった。

まず俺は、ロッテのスタメン見て呆れたよ。。。

何これ?

4番の大松まではわかるが、5番以降は疑問があるね。

5番の竹原
一軍出たての選手じゃないんだから、ただフルスイングってもんじゃないだろ?
もっとバットが素直に出るように、練習で右打ちしとけ。

6番 橋本
良い時のバットの振りを思い出したか?昨日の状態から見て、5番だったよな。
ただ肝心のリードが外角中心のリードで、オリ打者が臭い球振らないもんだから、
成瀬の投球を四苦八苦させた。

7番 堀
休ませるなら、今江じゃなくこういうベテランでしょ。
どうせなら根元を、スタメンで出してやれ。

8番 福浦
打撃は天才的だから、悩むとどん底まで行っちゃう。
早く復調させるためには、落とす事も考えよう。

9番 南
せっかくのスタメンのチャンスで良いとこなし。
打撃で何でもかんでも、引っ張ろうとするな。
バント練習はしっかり。

さて、試合内容はこちら続きを読む

二軍も開幕

昨日(22日土曜)、鎌ケ谷へイースタン開幕戦を観戦してきました。
カビーファイターズ球場

春の陽気の中、一軍が北海道で試合という事もあってか、かなりのお客さんが来てました。

一軍が北海道なのに、二軍は千葉という難儀な条件(球場も辺鄙な所)ながら、あそこまで集客能力があるというは、ファイターズ球団関係者並びに鎌ケ谷市民の尽力の賜物でしょう。

さて、球場開場が10時半という事で、一塁側からビジター(この日だとロッテ)のブルペンが網越しに見学できるので、少し見学してました。

すると。。。
ロッテの今年の注目ルーキー 唐川 侑己選手が投球練習してました。

鴨川キャンプの時は見づらかったですが、ここは網越しでもはっきり見える。
改めて、無駄が無くて良いフォームでした。


そんなこんなして、入場時間。
開幕戦という事で、日ハム二軍選手全員がハイタッチでお出迎えしてくれました。
(勿論、中田選手もいましたよ)
中田 守備中田 打撃

試合内容は続きにて
続きを読む

魂の咆哮

15日マリンスタジアムへ、ジョニーこと「黒木 知宏」氏の引退セレモニーを見に行った。

その前に、楽天とのOP戦があったのですが。。。

黒木引退試合(セレモニー)があるってのに、打線が不甲斐無い。

見逃し三振や、チャンスで三振では必死さを感じられない。


彼らは一体、黒木の投球に今まで何を感じてたんだろう?

無論、黒木が投げていた時にいた打者は、ほとんどいない。

しかし、それでもファンが3万人近く集まれば、黒木がそれだけファンに愛された選手だったって事は分かっていたはず。

それなのに、あの内容では。。。


まぁ、ロッテ打線が淡白なのは、今に始まった訳じゃないので、成るように成るしかないですなw


さて、試合終了後30分くらいして、黒木氏の引退セレモニーは始まりました。

その内容は、最後に真剣勝負をして終わるという物でした。

最初の対戦打者はサブロー。
95年ドラフト同期入団(サブローがドラ1で、黒木がドラ2)

次の打者は楽天 磯部
楽天で同い年という事での対戦。

最後がロッテ 福浦
同い年で、ロッテ最高の好打者。
ファーム時代からの仲良し。

見事に(?)三者三振と行きたかったですが、磯部選手だけはサードゴロで討ち取りましたw

そのストレートは、バリバリに投げていた時より球速は落ちてますが、あの気合と共に投げ込まれる球威は、まだ現役でも通じるんじゃないか?
と思わせるほどでした。

最後の勝負が終わり、最後のマウンドでのメッセージ。
すべてが黒木氏らしい物でした。

ファンを愛し愛された投手が、満員の「ジョニー」コールの中、マリンのグラウンドを一周し、最後のグラウンドへのお辞儀して、ロッテのエースとして、いや「魂のエース」としての役割を終えた。

これからは野球解説者や少年野球教室などで、野球に携えるようだが、いつかロッテの指導者として戻ってきて欲しい。

その時こそ、第2のジョニーが生まれる事となるだろう。
ジョニー登板いざマウンド

気合名勝負

涙有終の美

王者としての、始動。

一昨日、カシマスタジアムへ観戦してきました。

ゼロックスへは、諸事情で行けませんでしたが。。。


色々と不安がある中、鹿島は久しぶりの札幌相手で、探り探りサッカーをしてました。

これと言った補強をしなかった鹿島としては、DF不足は否めません。

しかも岩政・大岩の磐石なDFが、ゼロックスの件で出場停止。

そんな中でも、FC東京から加入した伊野波選手は、今まで鹿島DFには居なかったスピードあるDFであった。


後半になると、札幌の攻め方・守り方を把握できたのか、怒涛の4ゴールで結果は圧勝になった。

しかしこれが、浦和やG大阪などの強敵だったらと思うと。。。
ちょっと不安がありますね。

しかも今年はACL出場で、海外の情報の少ないチームでの戦いでは、早い段階でのゴールが必須になってくるだろう。

いい勝ちではあったが、もっと王者らしい「強さ」をもっと出てこないと、今年も厳しい戦いになるだろう。




鴨川キャンプ4

昨日、行ってきたロッテ二軍キャンプレポートです。

朝7時前に銚子を出て、9時半前に安房鴨川に到着。

そこからタクシーで10分くらいでしょうか(タクシー料金 970円)。

キャンプ球場でもある、市営鴨川球場がありました。
市民球場スタンド


キャンプ開始は10時半から

色々なメニューをこなしていくのを、ただ淡々と見届けるだけですが、中々面白いですね。
ランニング打撃練習


さて、俺の目的はほぼ、今年の高校生ドラフト注目のBIG3の一人で、地元千葉の星
唐川侑己選手でした。
唐川投手陣

彼がブルペンで投げるようなので、見学しに行くと人だかりもあるし、緑のネットで見難いし。。。

それでも何とか投球フォームは見ましたが。。。
本当に素晴らしい、無駄がなくて、力みも感じられないフォームでした。
体も高校生とは思えない体格で、あれで変化球が3つか4つあれば、一軍昇格も早くなるでしょう。

ブルペンではその他、植松 優友・阿部 和成・黒滝 将人選手達が投げてました。

植松選手は、フォーム自体は問題ないと思いますが、腕の振りが少し強く振りすぎ。

阿部選手は、フォームも腕の振りも問題ないですが、体がまだまだ華奢ですね。


球場でのキャンプメニューは2時半で終わり、あとは個人での練習だったので、体育館での数名の練習を3時まで見て、家路へと帰りました。
桜島うっちー
Recent Comments
Recent TrackBacks
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ