2009年07月08日

シオカラトンボ(熱海市下多賀)

シオカラトンボ





















Copyright ©2009 Katsuhiko Akahane

シオカラトンボ(Orthetrum albistylum speciosum

2009年6月30日
熱海市下多賀の里庭「香樂園」で撮影


(編集長からひとこと)
先日,里庭「香樂園」を訪問した時に,地元小学生と熱海市民の皆さんで植えた見事な水田を拝見しました。
農薬を一切使っていないのと,山から直接注ぐ竹林のミネラルが含まれた栄養豊富な水は,田んぼの生き物たちにとっても棲み良い環境のようです。水辺には小さな水棲昆虫もたくさんいたので,トンボの餌場としても理想的ですね。
因みに,シオカラトンボを漢字で書くと「塩辛蜻蛉」になります。なんだか本当に塩辛い感じがします。

香樂園の水田













里庭「香樂園」の水田(2009.7.4 編集長撮影)
オーナーの山本さんは,ここにホタルを呼びたいそうです。


【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 07:00コメント(0)トラックバック(0)昆虫里庭 「香樂園」 の生き物 

2009年07月07日

スジベニコケガ(熱海市西熱海町)

スジベニコケガ





















Copyright ©2009 Katsuhiko Akahane

スジベニコケガ(Miltochrista striata striata

2009年5月29日
熱海市西熱海町で撮影


(編集長からひとこと)
この写真をいただいた時に,なかなか種類が判別できなかったので,もしかしたら新種発見か!? と思ったのですが,ヒトリガの仲間のコケガ亜科の仲間であるとことがわかりました。コケガとは,幼虫時代にコケを食べて過ごすのでこの名前が付きました。
それにしても見事な柄ですね。ちょっと高級なカーテンという感じがします。
 

【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 21:59コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2009年06月23日

フタスジヒトリ(熱海市西熱海町)

フタスジヒトリ





















Copyright ©2009 Katsuhiko Akahane

フタスジヒトリ(Spilarctia bifasciata

2009年5月
熱海市西熱海町で撮影


(編集長からひとこと)
熱海では,冬を越した生き物たちが畑や田んぼや民家の庭で元気に活動するようになりました。
今回いただいた写真は,ヒトリガの仲間ですね。日本ではたくさんのヒトリガの仲間を見ることができます。羽根の柄もいろいろあり,見ていて楽しいのですが,たいていは,もっと周囲の環境に溶け込むようなモザイク状の柄が多い中で,こんなに目立つ柄のヒトリガは珍しいです。
 

【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 07:22コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2009年01月10日

冬の虫たち(熱海市下多賀)

小松農園のクモ


























里庭のクモ


























Copyright ©2008 里庭コーディネーター

クモの仲間

(写真上)
2008年10月26日
熱海市下多賀の小松農園で撮影


(写真下)
2008年11月30日
熱海市下多賀の里庭「香樂園」で撮影

(編集長からひとこと)
熱海の冬の虫たちはどうしているのだろうと思っていましたが,私たちの足元で元気に暮らしていましたね。
里庭でも防寒対策を施しているエリアなどには,まだまだ冬の虫がたくさんいるかもしれませんね。
こちら東京都心の方では,虫と言えば,ミノムシぐらいしかみかけなくなりました。


【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 16:13コメント(0)トラックバック(0)クモの仲間里庭 「香樂園」 の生き物 

2008年12月13日

ハラビロカマキリ(熱海市下多賀)

ハラビロカマキリ
















Copyright ©2008 クマゼミ編集長

ハラビロカマキリHierodula patellifera Serville
2008年12月13日
熱海市下多賀の里庭「香樂園」で撮影

(編集長からひとこと)
こんな冬にもかかわらず,熱海の虫たちは元気である。
これは里庭のオクラ畑でみつけたハラビロカマキリ。
ハラビロカマキリは木の上にいることが多く,ふつうは草むらや畑ではあまりみかけないのだが,畑にはツユムシがたくさんいるので,どうやらそれを食べにきたようである。
 

【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html

atami_encyclopedia at 16:37コメント(0)トラックバック(0)昆虫里庭 「香樂園」 の生き物 

2008年11月03日

シロツバメエダシャク(熱海市西熱海町)

シロツバメエダシャク





















Copyright ©2008 Katsuhiko Akahane

シロツバメエダシャク(Euctenurapteryx maculicaudaria

2008年10月
熱海市西熱海町で撮影


(編集長からひとこと)
本州に多数生息するシャクガの一種です。羽根を広げると2枚の羽根のラインがきれいにつながります。後ろの羽根には蝶の羽根のような飾りがついていてとても美しいのですが,やっぱり蛾は蝶と違って嫌われてしまいますね。同じ仲間なのに不思議です。
世間一般の蝶と蛾の区別のイメージは,きれいな色をしているのが蝶で,汚い色をしているのが蛾である,というのがどうも定説のようです。
それならば,ジャノメチョウやチャバネセセリなんて,間違いなく蛾の仲間に入れられそうです。
 


【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 15:57コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2008年11月02日

ヤマトアオドウガネ(熱海市泉)

ヤマトアオトウガネ





















Copyright ©2008 チョイ310

ヤマトアオドウガネ(Anomala japonica

2008年10月
熱海市泉で撮影


(編集長からひとこと)
日本に生息するコガネムシの数も相当のものです。でも東京都心で見ることができる種類は限られているので,皆さんが投稿してくるいろいろな虫を見ていて,つくづく熱海にはまだ自然が残っているのだなと実感させられます。

【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 15:44コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2008年11月01日

アカスジキンカメムシ(熱海市泉)

アカスジキンカメムシ(幼虫)





















Copyright ©2008 チョイ310

アカスジキンカメムシ(Poecilocoris lewisi幼虫
2008年10月
熱海市泉で撮影


(編集長からひとこと)
この虫の正体をつかむのに,結構時間がかかりました。何かの幼虫であることはわかったのですが,カメムシの幼虫までたどりつくのにとても苦労しました。たまたま調べた図鑑に,この特徴的な模様の虫が葉っぱに群がっている写真を見つけて正体判明です。
 このカラーリングは,テントウムシの幼虫にも似ているので,獰猛な昆虫の擬態をしているのでしょうか。


【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 15:32コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2008年10月29日

カマキリモドキ(熱海市西熱海町)

カマキリモドキ






















カマキリモドキ






















Copyright ©2008 Katsuhiko Akahane

キカマキリモドキ(Eumantispa harmandi

2008年10月
熱海市西熱海町で撮影


(編集長からひとこと)
私の住まいがある東京23区内ではけしてお目にかかることができないカマキリモドキの仲間です。
前肢がカマキリと同じく鎌状になっているので,このような名前で呼ばれている虫ですが,分類するとカゲロウの仲間です。他にもいろいろな種類がいますが,中には蜂に擬態しているものもいます。
幼虫時代は清流を好むので,水質調査の指標動物としている自治体もあるようですね。
また,信州の伊那集落では,天竜川に生息するカゲロウ,カワゲラ,トビゲラの幼虫を佃煮にした郷土料理があり,地元では「ざざ虫」と言われています。昔からフライフィッシングの疑似餌のモティーフになっているのもこれらの虫の仲間たちですね。

【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 07:28コメント(0)トラックバック(0)昆虫 

2008年10月28日

エンマコオロギ(熱海市下多賀・小松農園)

エンマコオロギ








































Copyright ©2008 住まう熱海

エンマコオロギ(Teleogryllus emma

10月26日(日) 午前11時ごろ
熱海市下多賀の小松農園で撮影


(編集長からひとこと)
小松農園ではお世話になりました。
農作業中によくみつけられましたね。
足元や木の上では,秋の虫たちが盛んに鳴いていたのですが,私はなかなかその姿にお目にかかることができませんでした。
コオロギは,小動物や肉食昆虫のエサというイメージがありますが,コオロギ自体がなかなか獰猛な生き物です。
タイなどでは,コオロギを闘わすコオロギ相撲という遊びがあって,大人たちも夢中になるそうですね。


【写真投稿先はこちら】
週刊熱海編集室
weekly_atami@livedoor.com

投稿要領はこちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/atami_encyclopedia/archives/cat_18918.html



atami_encyclopedia at 07:44コメント(0)トラックバック(0)昆虫小松農園の生き物 
livedoor プロフィール
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ