長らくご無沙汰しました

普段いろんなことを学んで、それを自分の言葉にして発信したいと思いながら、なかなか更新できずにいて、とても歯がゆく感じています。

前回の更新から早や3か月が過ぎようとしています。

その後衆議院選挙がありました。
小町の職場のアルバイトの学生さんが、選挙権が出来て初めての選挙に行ってくれました。
「小町さんが言ってた人に入れたよ」
と言ってくれて嬉しかったです。
選挙の当日は酷い土砂降りの雨でしたし、彼女は早朝から夕方までの長い勤務でしたので、そういう状況にありながら、早朝から選挙に行ってくれたことは嬉しかったです。

また、お店に買い物に来るお客様の小学生のお子さんが、以前、将来大きくなったら自衛官になると話していて、
「○○君は将来自衛官になるんだよね?」
という話をすると、自衛官はやめて、今度は政治家になりたいということでした。
「自民党と仲良しの党が公明党で~」
など、よ~く知っていてびっくりでした。
お母さんも自分の子供がそういうことに関心があることがびっくりらしくて
「テレビで見て覚えるらしいんですよ~」
と話していました。

こういう子供にこそ選挙権を上げたいって思いました。


野党が迷走したこともあったとは思いますが、結果として多くの国民は賢明な判断を下したと思います。


小町は普段、仕事から帰ってくると、 you tube で、報道特注(報道特集ではない)とか、虎ノ門ニュースとかを見ています。
昨年の秋ごろに、有本香(ありもとかおり)さんのTwitterで、月刊Hanada10月号を紹介していて、聞いたことのない雑誌名だな~と思いながら、発売日に書店に行ってみると、なんと普段YouTubeで見ていた顔触れの人たちの書いた記事が多く載せられていて、ちょうどこういう本が読みたかったので、それ以来毎月月刊Hanadaを読むようになりました。

月刊Hanada10月号の特集は、「戦後最大級の虚報」というもので、前愛媛県知事である加戸守行氏の「メディアに黙殺された私の証言」という記事もありました。

加戸氏の証言は「行政が歪められたのではない、歪められた行政が正されたのだ」というもの。
しかしこの証言は報道されることがなく、メディアは報道しない自由を行使し、国民が知るべき情報を意図的に隠しています。

しかしながら今はネットの時代です。
ネットのおかげで真実を知りたいと願う人は正しい情報を得ることが出来ています。

もちろんネットを使いながらも正しい情報を得るのを拒む人もいます。

小町が戦後70年間に歴代の総理が誰も成しえなかった憲法9条の改正に着手しようとしている安倍総理を支持していると発言したときに、あたかも小町が危険な思想の持主のように見なされてしまい、こんな当たり前のことが危険な思想と認識されるほどに日本という国がGHQによって弱体化させられてしまったことは、なんとも憂うべき問題だと考えさせられました。

つい先日、職場の同僚が、日本人は大勢の韓国人女性を強制的に慰安婦にしたと信じているような様子だったので、
「それは捏造だからね!慰安婦っていうのは高給取りの売春婦なんだからね!お金欲しさに自分から望んで体を売った人たちなんだからね!」
と訴えたのですが、どうにも理解されずじまいでした。


海外では捏造の慰安婦問題が原因で日本人の子供たちが虐められているそうです。
悔しいと思いませんか?
日本人は世界で一番高潔な民族なんです。
世界で唯一、人種差別撤廃を訴え続けて、世界中の植民地支配を終わらせた、誇り高い民族なんです。
それなのに、志那朝鮮の悪意ある嘘のために日本人の子供たちが虐めに遭うなんて、全くもって許しがたいことです!

それらの子供たちを救うためにはまず、私たち大人が、正しい歴史認識を持ち、悪意ある反日勢力と戦わなければなりません。
なんともまとまりのない文章になってしまいました。
今日は以上です。







小池百合子さんに感謝すべきこと

小池が笛吹きゃ野党議員が踊る

・・・みたいに、小池さんの意味不明なファンタジックなパフォーマンスに、元民主党の皆さんが一気に踊らされて、都議会選挙のときのように小池旋風が巻き起こるかのように錯覚し、野党はすっかり振り回されましたね。

希望の党の公約って、家庭内の受動喫煙ゼロとか・・・、花粉症ゼロとか・・・
何なんですか?これ。

どうやって実現できるんですか?

特に酷いのがベーシックインカム!
つまり国民一人ひとりに生活保護費を与えるというものです。
日本国民が働かずにみんなが生活保護で暮らすっていう世界を想像できますか?

全く現実的ではないファンタジーの世界です。

さすがにここまで意味不明な公約を掲げたら、よっぽどレベルの低い国民だって気づきますよね?
こりゃ頭おかしい、イカレてるって。

しかも党を立ち上げておきながら候補者がいない。
( ゚Д゚)ハァ?

こんな小池さんに踊らされる野党議員さんたちもバカ。
全く現実が見えていません。

ただ当選したいだけ。

言ってることがおかしいってことにも気づいていないのかもしれません。

そりゃ、北朝鮮有事を目の前にしながらモリだカケだとやり続けるくらいですからね。

東京都に大きな損失を与えた小池さんですが、有権者を完全に呆れさせたという意味で、野党はバカの集団だと目覚めさせた功績は高く評価したいと思います(≧▽≦)

小池百合子さんに感謝すべき唯一の事実だと思います。










愛国心に目覚めて

小町が突如、あるきっかけで愛国心に目覚めたのがちょうど去年の今頃でした。


小学生の頃から社会科が大の苦手で、歴史や政治経済は全くチンプンカンプンでした。
難しくてわけがわからないという先入観があったために学べなかったんです。

今は、歴史や政治経済ほどスリリングで面白いものはないと思い、これまで半世紀以上も生きてきて、学ぶことのなかった半世紀を取り戻すかのごとくに寸暇を惜しんで勉強しました。

ブログもなかなか更新できずにいましたが、これまでに学んだことを徐々にアウトプットしていきたいです。

自分はお花畑だわ~と思っている方には、小町だって全くの無知だったんだ、それでもこうやって目覚めて発信しようとしているんだよ、あなたと同じだよ、という立ち位置から、どんなに無知であったとしても全然大丈夫というビギナー向けの発信なのでとっつきやすいと感じてもらえればと思います。

歴史や政治経済に関してはプロの方には、ひとりのおばちゃんが学んで発信しようとしている様子を温かく見守ってくだされば幸いです。

もともと小町が関心を持ったのは皇室問題です。
これ自体が本当に根っこの深い問題で、その背景には本当に様々な要素が絡み合っていて、小町のような素人にはとても手に負えないようにさえ思えて、だからなかなか更新もできませんでした。

それで、まずは小町自身が学んだこと、素人が一生懸命に身に着けた知識をアウトプットするところから始めようと思います。
それで皇室問題までも行き着くことはできないかもしれません。

ただ小町が無理なく発信できる範囲でやることで、そういう流れになれば…と思います。
そういうことで、小町自身にもこの先の流れはわかりません。無責任なようで申し訳ないのですが。

温かく見守ってくだされば幸いです。






ギャラリー
  • 秋には靖国神社参拝に行きたい
  • 秋には靖国神社参拝に行きたい
  • 秋には靖国神社参拝に行きたい
  • チャンネル桜、友の会に入会しました
  • 昭恵夫人と籠池夫人とのメール公開
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ