まゆみさんの日常

まゆみさん、実は明石に行ったら美味しい明石焼きを食べたいと思って、
どこの明石焼きが美味しいのか、事前にネットで検索してました。

西明石南にいいところを見つけました。
こちらです。

「十三味」(とみあじ)
http://www.akashiyaki.co.jp/
地方発送もしているので、興味のある方は是非ご賞味あれ。

明石焼きというのは、たこ焼きの元祖で、明石の人は「玉子焼き」と呼びます。

ホテルからすぐ近くなので、絶対に食べに行こうと思っていました。
でも社長さんからお寿司をご馳走になり、お腹がいっぱいだったので、
夕方にしようと思い、夕方出かけて行きました。

まゆみさんは以前、阪神淡路大震災のとき、
西明石南の仮設住宅に住んでいましたから、
だいたいの道はわかります。

通りかかった人に
「すみません、この辺に十三味っていう玉子焼きのお店があるみたいなんですけど
どこかわかりませんか?」
と尋ねると、すぐに案内してくれました。

しかし・・・
行ってみると開いていませんでした。
「本日の営業は終了しました。地方発送のみ承っております」

え?えぇーーーー?
終了???

青森からわざわざ出向いて・・というのは大袈裟ですが、
そこだけが目当てではなかったので・・・

地方発送のお願いに行きました。
「ネットで調べて青森から来たんですよ」
「ええ、6時閉店なものですから」
時計を見ると5時50分
???
「ラストオーダーが5時40分なんですよ」
え?えぇーーーー?
じゃああと10分早ければ食べれていたんだーーーーショック・・・

しかも翌日は定休日なので、翌日もありつけません。

とにかく地方発送をしてもらいました。

これです。
001

002

003

冷凍してあり、レンジで解凍して食べます。

004

ふんわりトロっとろです
食べてみる価値はありますよ~

次回行ったら絶対に本場で食べよう~


最後に、阪神淡路大震災のときの現場をそのまま公園として
残してあると社長さんから聞きましたが、
そのパンフレットの表紙の写真をアップします。

001

すごい有様ですよね。
原爆ドームをそのまま残してあるように、
震災の爪あとも残してあるんですね。

阪神淡路大震災はとても悲惨でしたが神戸の街はきれいに復興を遂げたようです。

しかし、東北はまだまだ遅れていますね。
東北も一日も早い復興を願うばかりですね。

では、まゆみさんの旅行記はこれでおしまいです。
読んでくださってありがとうございます。

Yさんの家を出て、最終目的地は兵庫県明石市です。

まゆみさんが15年間住んでいた場所です。
結婚生活は悲惨なもので、明石という街は辛い思い出がいっぱい。

でも唯一明石で最後に働いていた職場は違ってました。

たくさんの重荷を背負い、それでも生活のために必死で働いていましたが、
まゆみさんが何も言わなくても、重荷を背負っていることを察知した上司が、
まゆみさんの重荷を軽くしてくれました。

ただの職場というよりも、まゆみさんの人生を変えてくれた場所でした。

社長のお母さんがまゆみさんをとっても気に入ってくださり、
まゆみさんが青森に戻ってきてからでも
よく電話や手紙を下さったものでした。

自分には男の子しか生まれなかった。
あんたは自分の娘のようだといつも言ってました。
だから行って顔を見せるとさぞや喜んでくださるだろうとの期待もありました。


さて、西明石へ到着しました。
荷物をフロントに預けて、お土産だけを持ってタクシーに乗ってGO!

まずは社長さんへご挨拶。
なんと残念なことに、お母様は3年前に亡くなっていたそうです。
そして・・・
社長さんの娘さんも27歳の若さで亡くなっていたそうです。
事の経緯はまゆみさんの娘とそっくりでした。
責任感が強くてオーバーワークの末にうつ病で自殺・・・

社長さんは電話で
「珍しい人が来ている」と
奥様を事務所に呼びました。

奥様、まゆみさんがわざわざ訪れたことにとっても感動してくださいました。
昔、奥様が不眠症になったとき、まゆみさんが
「不眠症にはハーブティーがいいそうです」と手紙を添えて、
奥様にハーブティーを差し上げたことをよく覚えていてくださっていました。

会長とお母様に線香を上げに行きたいと言い、
連れて行ってもらいました。

専務さんにも挨拶をしたいと言って、呼んでもらいました。
この専務さん、E☆に登場した専務さんです。

社長も専務さんも、もともと少なかった髪の毛がさらに少なくなっていたことを除けば
昔と全く変わっていませんでした。

お母様の家は、魚の棚(うおんたな)のすぐ近くでした。
社長さん、魚の棚の中にあるお寿司屋さんでお寿司をご馳走してくれました。

珍しい生の穴子のお寿司がありました。
穴子といえば、焼き穴子、蒸し穴子、蒲焼といったものしかないと思っていました。

写真に収めたかったのですが、
社長さんの前で珍しそうにブログのネタを撮るのもちょっと気が引けて
遠慮しましたが、やっぱり写しておけばよかったと後悔しました。
だって、生の穴子のお寿司なんてこの先お目にかかれませんからね。

明石海峡大橋の完成も見なかったとまゆみさんが言ったので、
連れて行ってもらいました。

058

059

橋を渡っているところです。

060

橋を渡って淡路島からの景色です。

072

観覧車に乗って、観覧車からも見てみました。

064

「ん?鳥がいる、なんだ?あれ、鷹か?とんびか?」

065

鳥らしく写ってなくてすみません。

ミスドのおいしそうなスイーツを見つけてご馳走になりました。
バニラアイスをカキ氷みたいに削ったものに
マンゴーとストロベリーのソースがかかっていてとっても美味しかったです。

067

これを写していると、奥様が
「これも写して」と、抹茶味のを差し出してきました。

068

あ、そういうノリだったんだったら穴子のお寿司、やっぱり写しておけばよかったと
あらためて思いました。

ん?あれは?

073

あ、やっぱりあの鳥はとんびだったんだ!


社長ご夫妻と別れてホテルの部屋に戻るとまもなくしてフロントから電話が来て
「お連れ様がお見えです」というので降りていくと、
奥様が手作りの生姜の佃煮とイカナゴの釘煮を持ってきてくれてました。

イカナゴとは明石海峡のほんの一部でしか取れない柔らかい魚で、
明石の主婦は春になるとどこの主婦でもそれぞれのレシピで佃煮を作るのですが
その佃煮が釘に似ていることから釘煮と呼ばれているのです。

奥様は「今度はいつ頃来られるの?」と尋ねるので
「次は7回忌の頃に来ようと思います」と言いました。

まゆみさんが訪ねていったことを本当に喜んでくれていて、
次に行くときは、明石に一番に行こうと思います。
お土産も、賞味期限の長いものを今回は持参したのですが
賞味期限の短いものの方が美味しいので
最初に明石へ行けば美味しいものを持っていけます。



明石海峡大橋は夜のライトアップしたものが見たかったのですが・・・

071

ホテルの部屋は8階でしたが向きが違うのか見れませんでした。

続く・・・

Yさん宅での3日目は、月曜日で、
ご主人は仕事に出かけていきました

お昼は二人でランチ
バス停でバスを待っていると、Yさんの顔馴染みの方々が来ました。
「お友達?」
「ええ、青森から来たんですよ」
「え?あの青森?」
「そう、あの青森から」

遠いですからねぇ、驚かれましたよ。

バスを降りて、Yさんの職場のあるビルへ。
お昼はお好み焼きでした。
それぞれに食べたいものを注文して、飲み物は・・・
「私はウーロン茶、まゆみさんは?」
「ビール
「え?まゆみさん、すごいね・・・」

昼間っから、しかもお代わりもしました
飲兵衛ですね 笑

お腹もくちくなった上に、昼間っから呑んだせいか、
帰ると眠くなり、リビングで一眠りしました

家のご主人が一生懸命お仕事をしている間に
客人は食っちゃ寝、食っちゃ寝・・・
遠慮もなんもなかったですわ

その間Yさんは洗濯物をたたんだり、洗い物をしたりと
実にてきぱきと主婦業をこなしておりました
いやぁ、感心感心!

Yさんのお宅は常にきれいで、いつ突然のお客さんが来ても恥ずかしくないような
素敵なおうちなんですよ。
我が家とは大違い・・・

Yさんは何でも出したものを出しっぱなしにせずに、
さささっと片付けていきます。
見事な主婦ぶりですね

さて夕方になり、ご主人の帰宅時間になりました。

そして夕食は焼っき肉ぅ~イェイ

そしてまたまたビール~
焼肉、美味しかったよ~

ホルモンが柔らかかったわ~
安物のホルモンだとゴムのように噛んでも噛んでも噛みきれなくて
そのうちそのままごっくんしなきゃならないのに、
ぺろっと、そうぺろっと、食べられました。

お皿を見ると、もうタレがなくなっていて、足してもらいました。
Yさんのお皿もご主人のお皿もまだタレはたっぷり残っているのにね。
これってまゆみさんの食べるペースが早いってことよね?

「〆になんか食べる?」
っていう時点ではもうお腹がいっぱいでしたが
クッパが美味しいというので、
実はまゆみさん、クッパも食べたことがなくて、
残してもいいからっていうのでクッパを注文。
Yさんとご主人はお茶漬けを注文しました。

「また写真撮らなかったね~」
「私たちって食べるのに夢中で写真なんて思いつかないね~」

で、〆の注文が来てから
「一応写しとこう」
「え?焼肉じゃなくて〆を撮るの?」
「うん、一応・・」

055

ご主人のお茶漬け。
ちょびっとしか写ってないけど、ご主人、スリムなのがわかりますよね

056

まゆみさんのクッパ。
美味しかったよ

お腹いっぱいで残しちゃったけど、美味しかったわ~

そして家に帰り、お風呂に入って・・・
そうそう! Yさんちのお風呂、喋るんですよ
エアコンも!
え?珍しくない?そぉかぁ。

お風呂上りはYさんマジックでエステをしてもらいました
気持ちよかったよ
「明日は明石に行くんだから、今日は美白のお手入れをしましょう」って

そうで~す
明日は以前お世話になった職場の方々へご挨拶に行くのです。

卸売り市場なので、早く行かないと閉まっちゃうから
朝は4時起きで、Yさんご夫婦にも早起きしていただいてお見送りしてもらいました。

お世話になりました~~~

このページのトップヘ