2007年09月

2007年09月30日

SUNBURNED HAND OF THE MAN / Fire Escape

sunburned hand of the man








USアンダーグラウンドの最注目バンド、SUNBURNED HAND OF THE MANの新作がなんと<Smalltown Supersound>から、しかもフォー・テットのプロデュースでリリースされます!スペース・ロック、フリー・ジャズ、ドローン、フォーク、ハード・コア・・・とエレクトロニックの融合!?CANなんかも引き合いに出されているようです。どんなことになっちゃているのか!入荷は10月中旬予定です、お楽しみに!そうそう、アートワークはボアダムスのEYEさんです。つながってるねえ。

SUNBURNED HAND OF THE MAN


そして、SUNBURNED HAND OF THE MANの激レアインタビュー(びっくりだよ)も掲載中のremixの11月号は、なんと!モダン・サイケデリック特集!!これは本当にやばいね。ボアダムスがNYで行った77台のドラムを使ったパフォーマンスインタビューから、アニマル・コレクティブ、この辺のシーンのことならおまかせなワルシャワの柳沢氏によるモダン・サイケ・ロック選(これは必見!)、キャプテン・トリップの松谷氏によるカルト・サイケ選(マニアックすぎるよ〜)などなど、興奮の内容。
忘れちゃいけない、表紙はゆらゆら帝国ですね。ゆらゆら帝国の新作もすごいことになりそうですね!ちなみに坂本さんは今スウィートソウルにはまっているそうです(笑)


77Boredrum↑の77台のドラムとボアダムスのパフォーマンスがSUNBURNED HAND OF THE MANのマイスペースで見れます。ノーネック、サンバーンド、ブラック・ダイス、ギャング・ギャング・ダンス、ライトニング・ボルトetc・・・すごいメンツですね!


USアンダーグラウンドに限らず、今この辺のシーンは本当に面白いことになってますね。
AtatAコーナーでもただいま↑のremixの特集にもリンクする、”NOW NEW YORK”特集を開催中!!入魂の企画です!がいまいち動きが微妙・・・なぜでしょうか。お待ちしておりますよー。(ヨ)



田中泯

先日 念願だった田中泯さんの踊りを初体験

中野富士見町 小さな小屋 告知なし 

泯さんが友人を誘うささやかな

それでいてドクドク脈打つ夕闇に

なんとか紛れ込んだのです

汗と涎の壮絶な田中泯というコトが

小さく布にくるまって最後 静かに 静かに


『嘘はひとつもついていません』


何を言えましょう ビールを一杯(お酒は2年ぶりです)

命の 踊った そのあとに 

田中泯さんをなじみの仲間が囲む暖かい歓談

けれども わたしは とても穏やかではいられない

初対面でもこうはならない 自分の所在のなさ 

飲めないお酒を飲んで笑っては この夜に紛れて精一杯

泯さんと2、3言葉を交わしたところで どうにもならない

つまり わたしは 田中泯に あの踊りに

ばっさり捨てられた言葉だったのです

あの 田中泯 としか言いようのないこと

そのことのまわりを 

ただ捨てられた言葉として

うろつくほかない

そういう夜になりました(また今日も)



(夕方粒子)

http://www.min-tanaka.com/



2007年09月29日

BRIAN HARNETTY/AMERICAN WINTER

BRIAN HARNETTY








フィールド・レコーディング、トランスクリプション、レコーディングを駆使し、流麗で空間的で美しいアコースティック音響サウンドを構築し、様々なアートと関わり、コラボレイトしてきた、オハイオ大学の教授、BRIAN HARNETTYさんのデビュー・アルバムがATAVISTICから登場。
この作品は、アタタディスクを代表する1枚になりますね、アタタの全ての要素がつまってます、ダニエル・ジョンストン〜リュック・フェラーリまで。とにかく聴いてて楽しいおもしろい、アタタに来たらまずこれを!!(林林林林)

2007年09月27日

MV/EE

MV/EE








早くも新作が出ますぞ、今回もEcstatic Peace!からで10月8日位の予定。楽しみに待ってましょうか。SAMARA LUBELSKIさんも参加してるのね、おっと、またもやJ Mascisも参加してますか、今回はドラムだぞ〜。そーいやあ、サーストンのソロが良かったなあ、とくにTHURSTONという曲、テーブルの上に色んな物を喋りながら落としていくってえのね。アタタの売り上げでも上位のMV/EEさん達、今回もよろしく。(林林林林)

MV/EEのHP

2007年09月26日

YEASAYER/ALL HOUR CYMBALS

YEASAYER








MONITORのレーベル・オーナーJASON FOSTERがその傘下に設立した新レーベル、WE ARE FREEからのリリース第1弾。サイケにドリーミーなストレンジ・アヴァン・ポップ。ブルックリンのバンドなんだ。(林林林林)

myspace
「sunrise」という曲を聴いてみて下さい。何か新しい、何かやらかしてくれそうな気がしませんか?アニコレ周辺好きは要チェックですね。


SAMARA LUBELSKI/PRALLEL SUNS

サマラ








Tim Bernes,Dean Roberts,Matt ValentineなんかとやってたTOWER RECORDINGSのメンバーだった女の人の3枚目のアルバム。サイケにストレンジなポップ・アルバム。囁くようなヴォーカルにリヴァーヴかかったギターに鉄琴やキーボードでまあいい感じですねえ。The Social Registryからです。(林林林林)


2007年09月22日

akron/family新作!!!

akron/family2akron/family









akron/familyの新作が大変です。本物が現れたぞーっ!て感じ。前作とかちゃんと聴いてなかったんですけど、こんなにすごかったっけ?て感じでもう。アメリカではもう結構な人気を誇っているようですが、当たり前だよなー。むしろなんで日本でこんなに認知度低いの!?て感じですねえ。散々アニコレだーとか言っておいてあれですが、新作という意味ではこちらの方が破壊力あり。そして聴きごたえあり。むしろもっと堂々と表舞台に立つべきバンドですよね!アメリカのルーツに根付いた、それでいてアヴァンギャルドであったり、そしてソングライティングの素晴らしさ!曲がすごいしっかりできてるし、またいい曲ばっかだし。エレクトロニクスの使い方なんかも、安易じゃないというかこういう使い方だよねーそうそうみたいな?で、演奏がまたすごいうまいんだ。褒めちぎりですね。なんとなく同じシーンで言ったら、アニコレのポップさとジャッキーOのルーツ、アヴァンギャルドさの間にいるバンドなのかなーとか思いました。しかし、久々に今後すごいことになっちゃうんじゃないの!?ていうでかいバンドの登場だなーと個人的には大興奮です!アメリカの底力を思い知らされた!て感じですねー。初回プレスにはボリューム満点の映像DVD付き!こちらも大必見でよろしくお願いします!!(ヨ)

YOUNGGOD RECORDSのHP


2007年09月20日

小津安二郎

V.A./yasujiro ozu−hitokomakura
小津の映画の風景ショットの部分に曲をつけるという面白い視点での小津トリビュート作品。参加アーティストいっぱいいるなあ。

小津作品では『長屋紳士録』最高に好きですねえ、飯田蝶子、吉川満子のやりとりやら面白いとこだらけ、特に飯田蝶子笑わしてくれます、目が離せないよ。
吉川の「剣呑、剣呑」という時の仕種も言い方も大好き場面ですが、まあ、これに限らず小津映画どれもいいですね。子役の葉山正雄くんもプッシュしておきましょうか、注目ですよ。
飯田、吉川、栗島すみ子のスリーショットの『淑女は何を忘れたか』だって、そりゃあ好きですよ。杉村春子だってそりゃあ好きですよ。(林林林林)

FONALフェア

イスラヤ












10/11(木)、渋谷7th.Floorにて、Islajaのライブです。フィンランドからやって来るのですね、楽しみにまってるわ。
10/5〜21(日)には、UNIVERSAL MARGINAL heightsという所で、Fonal Records Art Exhibitionも開催、アートワーク、フィルムの上映会もあるそうだ。
アタタでもFonalを応援中。(林林林林)

2007年09月02日

Tape&Tenniscoatsジャパンツアー&Tenniscoats新作!!

テニス「タンタン・テラピー」テニスとテープ













Tapeプロデュースのテニスコーツ新作「タンタン・テラピー」が10月3日にリリースされます!これは、これは本当にテニス史上最高傑作(こういう言い方安易であんまりしたくないですが、本当にそうなんです!)といっても過言ではないと思います。たった今一足先に聴かせていただきましたが・・・ドキドキしています、本当に感動で胸がいっぱいです。こんな美しい音楽が存在するんだなあ、ちょっとした放心状態におちいってます・・・。音が信じられないくらい綺麗、これはTapeがプロデュースというのもかなり大きいですね。どうしよう、どうすれば最も最良の形でこの素晴らしい作品を紹介できるだろうか・・・本当に慎重に宝物のように扱いたい特別な作品です。ジャケット(↑のチラシの写真が多分ジャケ写だと思われます)も本当に美しくて・・・ふー、ため息がでちゃいますね、素晴らしすぎることばっかで。


そして、Tape&Tenniscoatsジャパンツアーですよ。関東は9月15日(日)のネストのみ!(横浜のは急遽中止になったそうです・・・)これは行かないと一生後悔しそうですね!minamoも出ますよ。


tape








そうそう、遅れましたがTape&minamoの共演アルバムも入荷しておりますよ!
これまた素晴らしい出来なのでぜひぜひチェックしてみて下さい!(あー、だめだ今はテニスのことで頭がいっぱいなので・・・こんなことしか書けません。でも、ほんと良いですから!)


そして、そして、昨日8月31日、Guy Blackman & Sly Hats Japan Tour、高円寺 marbletronでのテニスのライブに行ってきました。これが、本当に良かったんですよね。ここ最近私が観たテニスの中では一番!良かったですねえ。
アコースティックセットということで、さやさんもほぼアコースティックギターで。こういった編成でのテニスのライブを観るのははじめてで、本当こういうことがあるからやっぱりテニスのライブは見逃す訳にはいかないなあ、と。結構はじめて聴く曲とかもあって、あー録音しとけば良かったなあ・・・もう一回じっくりあの感じを味わいたい!(今思うと、今度でる新作の感じ非常に近い感じのライブだったような気もします・・・)とりあえず、録音機材を早急に手に入れたいと思います。

色々書きましたが、とにかくテニスの新作10月3日リリースです!心してお待ち下さい!!(ヨ)

AtatA disk
AtatA disk=「アッタアッタこんなのあった」「アタタこんなのあったか」な音楽たちを紹介していく架空のレコード屋AtatA disk。(東京の西の方、某Tレコードの一角に存在するとかしないとか・・・)少しでも興味を持って頂ければ幸いです。
Recent Comments
Profile

AtatA disk

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)