Saturn(サターン)大追跡(Höchst verdächtig!)(2004)

2015年12月19日

星をなくしたキャロテイン

IMG_2525


Pubits、2-5人、15分

▼概要
 少し大きめの、色々な恰好のウサギのイラストが描かれたアクリル板が7枚、それぞれのプレイヤーが受け取る小さいアクリル板が8枚ほどあります。これ以外に、ボードとなる濃い青の布が1枚入っています。

 ゲームに付属している漫画(ストーリー)から、ウサギのキャロテインが夜空にウサギの星座を見る、というのがテーマと分かります。

 空間認識のゲームで、手番では手元から色々な形をしたアクリル板(上に小さい点がラメ入りのインクで描かれている)を配置していきます。
 もしくは「配置できない」と思ったらドロップします。
 最後まで残った人がチャレンジタイムとなります。

 7枚のウサギのうち、2枚を使い、それらドットを全て隠すように配置します。ポイントとして、2つまでは隠さなくてもよい、となっています。
 こうして、成功したらポイント、間違ってたら他のプレイヤーのポイントとなり、ゲーム終了条件を満たすまでアクリル板を元に戻して、繰り返します。


▼プレイの概要
 コンポーネントがアクリル板と布だけ、という、リリースされているボドゲを全体的に見ても珍しいタイプのゲームです。ゲムマで数部しか頒布されなかったということもあり、生産が難しいのかもしれません。

 コンポーネントの選定やテーマとの融合性など、すごくしっかりしていて、分かりやすくなっています。良いところその1。

 ゲームも空間認識系で「ここに置いたら微妙でしょ?」という感じで配置していくのが結構楽しいです。良いところその2。

 得点方式がしっかり考えられていて、ゲムマの自主製作ゲームとしては1つ抜けてるなと思いました。乗せられたから得点、ってだけじゃなくて、「使われなかった星は乗せた人へのボーナス」「得点はアクリル板を裏返す」「2つまでのらなくていい」とか。その3。

 自主創作ボドゲはこういったゲームがまだまだ出てくるので面白いですね。
 ただ、自主創作になっている故の理由は多々あるのでしょうけれど(だから事前チェックやすぐに買いに行かないと、がでちゃう)

atckt at 17:17│Comments(0) は行 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Saturn(サターン)大追跡(Höchst verdächtig!)(2004)