2016年05月08日

ワラドの冒険(2016)

IMG_3649


Tagami Games、田上雄一作、2-5人、10歳以上、30-60分

▼ゲームの概要
アラビアンナイトが主なテーマで、使い魔の力を借りて、より遠くまで進むのが目的のゲームです。
徐々に盤面をカードで埋めていき、それに応じて自分のコマを進ませるゲームです。アクションポイントに近いのかな。。。大体2アクションですけれども。

やや複雑なので説明が難しいのですが、最初のスタートとなるカードが5枚あります。各カードにはマスが2つあり、それらのカードの右側にカードをつなげていき、そのマスの上をコマが進む、という形になります。
手番にはまずカードを配置し、配置したカードの下部に描かれているアイコンにそってコマを動かします。アイコンは大きく3種類あり、コマを新たに配置する人、2マス移動するらくだ、海を移動する船があります。カードには4つの地形があり、砂漠、草原、岩場、海とあります。それぞれ対応する場所(複数もある)しか使えません。

ゲーム終了時には基本的に「進んだ分」が得点となるため、できるだけコマを遠くに進めます。
もちろん、それはカードの配り運とカードの配置というのがあるのですが、それ以外に特殊能力を持っている使い魔を駆使します。これによって一気に進めたり、立ち往生するイベントカード(竜巻)をよけれたりと進みやすくなります。

ポイントはカードを裏向けて配置しないようにすれば、「どこでも1つ進める」魔法使いを出せるところでしょうか。いつ使うか、などがすごく重要になります。

全部で15回手番を行ったら終了です。
使い魔の得点、進んだ分の得点を合計して、最も稼いだプレイヤーが勝利します。


▼ゲームの感想
 結構重いゲームです。
 後、プレイヤーのストレスがやや大きいように感じました。
 やりたいことは分かりますし、それをうまくまとめていると思うのですが、展開がかなり遅く、そして、できることがかなり限られている、でも確認することは多いと、少しプレイにしんどいところがあるのが気になりました。
 実は一緒に販売されていた拡張もいれてやったのですが、展開が派手になって、折角考えたのがー、という感じになってしまったため、入れない方が人によってはいいのかもしれません。
 勘所が分かるとサクサク進むので、インストをうまくやればもっと気は楽になる、かも。




atckt at 23:13│Comments(0) ら行・わ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字