前回、リアウインドウとスペアタイヤが干渉しそうなのが解りました。
対策としてはリアトレイパーツを取り付ける位置を下げるか、リアトレイパーツ自体を薄く整形するかですね。
シャーシ側の取り付け位置を削るのはカンタンですが、このキットの場合ボディ内側にも取り付け場所が有って、ここを均等に削るのはかなり難しいです。リアトレイパーツ自体を薄く削るにしてもホワイトメタルなので限界がありますし、取り付け位置が下がった分、左右に隙間が出来てしまい何らかの方法で隙間を埋めないといけません。
という訳でいっその事パーツ自体を作り直す事にしました。


CIMG6862
0.5mm厚の真ちゅう板を切り出して作ります。
左側の切り出した物は失敗です。キットのパーツの半分以下の厚みなので取り付け位置が下がるのだから、ボディの幅に合わせて大きく作らなければいけないのにキットパーツの横幅そのままに切り出してしまいました。
左右の隙間がスカスカです(^_^;)。気を取り直して新たに真ちゅう板をけがいているところです。


CIMG6865
今度は上手くいきました。隙間から下側が見えてしまう事もなく良い感じです。


CIMG6866
ホイールハウス用の真ちゅう板も切り出します。ホイールハウスのアーチ部分は0.5mm厚、側面部分は1.0mm厚です。
左側のキット付属のメタルパーツは分厚いでしょう?2mm近くありますね・・・(^_^;)


CIMG6869
アーチ部分を焼きなました後に丸めてハンダ付けしました。


CIMG6870
ヤスリで整形します。工作自体は難しくありませんが、アーチの高さ調整に気を遣いますね。


CIMG6873
トレイ本体にホイールハウスをハンダ付けします。ここも位置決めが難しい・・・(^_^;)
トレイ本体と真ちゅうブロックは両面テープで土台に固定して作業をやりやすくしています。ハンダ付けはパーツをいかに固定するかがキモですね~。


CIMG6875
反対側もハンダ付け。左右の位置が狂わないように注意ですね。


CIMG6878
水洗いしてフラックスを洗い流し、ヤスリで余分なハンダを除去します。後は真ちゅうの余白部分を金ヤスリで削って完成です。
ホイールハウスの横幅をボディ内側に合うように調整するのに少し時間がかかりました。お蔭でピッタリです(^_^)

キットの特徴を掴みたいのと全体のバランスを確認しておきたいので、前準備をしましょう。


CIMG6832
ボディラインを把握するためにパーティングラインの処理をした後、全体にペーパーをかけました。
これで大体のプロポーションが見えて来ました。


CIMG6827
次にシャーシとボディを固定します。今まではシャーシとボディをマスキングテープなどで固定して内装の位置関係などをチェックしていましたが、最初に基準となる部分をきっちり固定してあげたほうが効率も良く、作業も正確に出来る事を今までの経験で学びました(^_^)
固定用のネジは左側のキット付属の物は使わず、右側のプラスのネジに変更しました。マイナスネジだと最終組み立て時にドライバーが横に滑ってボデイを傷付けそうで怖いんですよね~(^_^;)


CIMG6830
ネジをそのまま取り付けるとシャーシ下側から少しはみ出すので、前後とも穴の深さを調整しておきました。


CIMG6821
ばっちり固定出来ました。これでダッシュボードやシート、タイヤの位置決めの基準が出来ました。


CIMG6839
まずはタイヤの大きさと位置を検討してみます。上のキット付属のシャフトは直径1mm未満で心許ないので、下の直径1.5mmの洋白線に変更します。


CIMG6835
シャフトを通すためにホイールの穴を1.5mm径に開け直しました。


CIMG6841
仮組みをしてみるとこんな感じ。少し迫力不足かもしれません。写真には撮ってないですが、タイヤの幅も少し細いような・・・(特に前輪)
当時の写真を見るとタイヤの幅はこんな物なのかもしれませんが、イメージとしては今より気持ち太くて、地面に踏ん張っている感じが欲しいような気がします。


CIMG6850
そこでこんな物を引っ張り出して来ました。数年前にスーペリアモデルのコブラをオークションで入手した時に、オマケで頂いたキシダ製ホイール&タイヤです。
実はこれを試しに付けてみたいという魂胆もあって、シャフト径を1.5mmにしたんですね(^_^)


CIMG6851
キシダ製ホイール&タイヤを付けてみました。なんかこちらの方が僕の思っているイメージに近いですね。
これをそのまま使うのももったいないので、採寸してタイヤを自作するかもしれません。ちょっと検討してみましょう。


CIMG6826
ここも最初にチェックしておきたかった部分です。キットのまま組むとスペアタイヤとリアウインドウが干渉してしまいそうです。


CIMG6855
リアウインドウは予備が有りますので実際に切り出して仮組みしてみる事にしました。


CIMG6858
う~ん、とりあえず収まりましたがギリギリです。これではスペアタイヤ固定用のコードを付けると、確実にリアウインドウに当たってしまいます。
ここも対策を考えないといけませんね~。



新しいご依頼の制作開始です。

今回は「コブラ デイトナクーペ  ル・マン1964(シャーシNo:CSX2299)」です。
6台作られた内、1台だけ寸法を間違ってルーフが高くなってしまったアレですね(^_^)
でも、ドライバーの身長が高かったため、かえって良かったらしいですよ。レース戦績もかなり良いですよね、このCSX2299は。



CIMG6715
キットはModelart111のメタルキットです。このメーカーさんは111台しか生産しないそうで、かなり貴重なキットですね。今回お預かりしたキットの箱には「047/111」の表示がありますから、47台目に作られたキットなんでしょうね。


CIMG6722
CIMG6723
ボディはこんな感じ。まだ資料と付け合わせて調べてないので何とも言えませんが、雰囲気は良さそうです。

CIMG6729
リアのボディ下側の回り込み部分が別パーツになっているので少し厄介かもしれません。シャーシとの合体方法も含めてよく考えないと、最後の最後で困った事になりそうです・・・(^_^;)


CIMG6736
シャーシにも「047」とシリアルナンバーが入っています。シャーシを真ちゅうで丸ごと作り直す事も今までありましたが、今回はこのシャーシを活かして作りたいですね。完成後に裏返して見る事はないでしょうけど、これだけ文字情報が入っているとこのまま残したいですね~。


CIMG6744
エッチングパーツはボデイパーツの重みのせいか、こんなに曲がってました(^_^;) 直すので大丈夫です。

CIMG6747
CIMG6752
CIMG6757
CIMG6762
その他、メタルパーツやタイヤパーツ、透明バキュームパーツなど。他にも細かいパーツやデカールが入っています。
タイヤがちょっと微妙な出来なのでどうするか考えています。透明パーツは複数入っていて予備があるのは助かりますね~。しかもリアは最初からスモークなのはありがたいです。


CIMG6770
説明書は以前制作したESPRIT43のフェラーリ250GTOと同じテイストです。キットの原型を作った人が同じだからでしょうね。ご本人がイラストを描いてるのかな?(^_^)


CIMG6772
恒例の資料集めです。ネットで探した画像をA4サイズにまとめてプリントしました。
ここ2、3年やっている、制作前の儀式みたいな物ですね。少し時間がかかりますが、これを作っておくと制作の効率が非常に良くなるんですよ。


CIMG6774
クリアファイルにまとめて制作机の横にいつも置いておきます。これ以外にも手持ちの資料雑誌を数冊用意しておきました。


この他にもう一台別のクルマのご依頼も頂いていて、そちらの方を優先して制作しないといけませんが、キットがまだ届いていないのでその間にこのコブラを進めていきます。キットが届けばそちらをメインに制作しますので、このコブラは中断か週一ペースでの制作になるかもしれませんね。

↑このページのトップヘ