2018年09月20日

お彼岸の宮城野萩

ac897b91.jpg小雨のお彼岸入り。家族3人で墓詣で。寺の山門に紅白の”宮城野萩”が垂れ咲いていた(去年までは気が付かなかった)。奥さん大いに喜ぶ。というのは奥さんは中学以降結婚するまでの青春時代に仙台町なか(南町)に住んでいた。町からすぐ近くの山に「東北大学植物園」があり宮城野を冠した”萩の道”があって市民に親しまれている。彼女が高校時代友人と散策しボクとデートした場所である。「さを鹿の啼きそめしより宮城野の萩の下露おかぬ日ぞなき」(性的な意味がある)


atelier246 at 19:47|PermalinkComments(0) 家族 | 

2018年09月19日

蕎麦屋を改造

3484a849.jpg同居していた父母が亡くなり子どもたちも独立して部屋が空いた。そこで夏前から改造を始めたが連れて蕎麦屋のほうがまず完成した。蕎麦客には「本業骨董屋なんで」と小汚い言い訳をしていたが本日骨董の主なものは運び出して卓周りがすっきりした。2週に1回定期で来るお客さんがびっくり。でもテーブル(卓)は変わらないよ。向こう側が”カヤ”の一枚板、こちら側が山桜の一枚合わせ。テーブルをほしいという人多し。まあ、あと1年位は営業するつもりだ。


atelier246 at 18:57|PermalinkComments(0) ぼそそば 

2018年09月18日

自衛隊とジープ

b170e8ec.jpg陸上自衛隊だった友人の話である。数十年前山道で行軍訓練をしていた。そしたら先頭のジープが路肩を踏み外して半分谷川に落ちた。後続のジープが車載起重機で引き上げようとした(自衛隊現場車両はすべて起重機を持っているそうな)。ところが起重角度45度を超えると上がらないらしい。公道を若干壊しているし警察や地元に見つかるとやっかいだ。そこで10人ほどの隊員がジープをその場で分解し山の上まで担ぎ上げて組み立てた。その状況、心情、技術が面白い。(お話第3話)


atelier246 at 17:54|PermalinkComments(0) おばか | 仲間

2018年09月17日

敬老の日 異聞

d83b7fee.jpg本日「敬老の日」 昨日今日本町公民館図書室に行ったらホールで敬老会をやっている。本町地区は人数が多いので2日に分けてやるらしい。ボク立派な後期高齢者なので入ろうとしたら”招待券”がないと入れない、って。知らないよ。”回覧板”で回したらしいがボク見ていないし奥さんも知らないという。この見落としがありうる原因かもしれない。けどボクは去年の敬老の日に町内公開の回覧板に生年月日を記すとはなにごとだ、と文句をつけ記入拒否、記念品拒否をしたのでこれが遺恨か。しかし黒背広で弁当もらって帰る議員にはなりたくないな。


atelier246 at 18:50|PermalinkComments(0) おばか | 

2018年09月16日

蔵林寺の梵鐘

0a87eded.jpgわが蕎麦屋から街道沿い車5分の距離に蔵林寺(ぞうりんじ)という古刹がある。江戸時代米倉丹後守一族の菩提寺として知られる。鐘楼があり梵鐘が下げられているがこの鐘に由緒がある。小田原北条氏の大砲を作っていた鋳造所が江戸に入って平和産業に転じた。その作品として400年前の寛永年間につくられた。この鐘の拓本を摂ることが許されているがきょう下見に行った。同行のS大工曰く「寺の鐘は鐘楼に収めるとき転がして入れるがその痕が明らかだ」と。その理論を200円で買う。(お話第2号)


atelier246 at 19:11|PermalinkComments(0) 拓本 | 仲間

2018年09月15日

福祉図書に寄贈

29ff60ac.jpg当市福祉協議会が来月チャリティ古本市を開く。そこに出す図書の寄贈を訴えている。去年も出したがきょう提供したもの「日本青銅器」「NHK故宮」「仙台郷土史」など10巻。喜んで受け取ってくれた。蔵書の整理は”売捨離”の方針で着々進んでいる。あと残るは「柳田國男全集」と「芥川全集」「越前豆本全冊」それに中国古代・骨董の専門書50冊だ。<ご希望の方は連絡してください。ただし有料です> 福祉協議会の窓口に行くたびにPCについての問題を解決してもらう。受付の女性(複数)がいつも親切に教えてくれる。無料のPC相談だ。


atelier246 at 16:41|PermalinkComments(0) 社会 | 読書

2018年09月14日

恐山の話 200円で購入

6f6ff9e9.jpgかなり老齢の御婦人。青森出身だって。蕎麦のあと雑談。数十年以前、友人と付き合って恐山へ行った。硫黄山”(?)へひとり歩いた。そしたら何か異様な雰囲気。あたりに人がいないのに見られている感覚。ふと眼を上げるとつい目の先の小山の間に半身の着物の老婆がじっとこっちを見ている。距離は2〜30メートル先なのに小山と同じ大きさだ!(ビルの10階以上?) 数分の距離にある下の寺へ逃げ帰った。あんな恐ろしい経験は初めて、だって。でも今この年になると怖いより懐かしさが勝っている、と(あの老婆に?)。「お話200円で買った」ら大喜びだった。 


atelier246 at 20:04|PermalinkComments(0) おばか | 社会

2018年09月13日

キノコの処理

4173d5c5.jpgいやあ昨日今日は最近になく働いてしまった。それは昨日秋のキノコ第1陣が来て下処理に追われたこと。昨日は偶然うちの奥さんが蕎麦屋に来ていたので3分の1は洗ってもらった。きょうは残り3分の2を処理(直買の人ふたり)。バケツに入れ水道で水を流しながら傘の裏のゴミを落とし石づきをきれいにする。そのあとタマゴタケは炒めチタケは揚げる。3〜4人分に分けて冷凍。蕎麦屋が暇だったからよかったが3時間はかかったな。(写真はきれいになったタマゴタケ。ネットによるとヨーロッパでは最高のキノコとされるそうな)あー疲れた。










atelier246 at 19:24|PermalinkComments(0) ぼそそば | 健康

2018年09月12日

秋キノコ第1陣到着

ab64d2c7.jpg富士山麓より秋のきのこ第1陣到着! タマゴタケとチタケでした。小店では処理しきれないため特別直売いたします。13日(木)11時から14時まで店頭にて。各キノコとも約300グラム(弁当箱1杯)500円にて。ただし未処理。格安です。処理法や料理法は教えます。(当店はもちろんキノコ蕎麦にします) このほか来週以降「ショーゲンジ」「ハナイグチ」などが続々到着予定。その都度本欄にてお知らせしますが日時は未定ですので予約されるのがいいでしょう。予約=0463−87−6442 相州ぼそそば庵(11時〜14時)まで (大量入用の向きはご相談ください)


atelier246 at 17:04|PermalinkComments(0) ぼそそば | 自然

2018年09月11日

”話買います屋”開業

ccf101fc.jpg究極のソフト産業を開発!! 即開業した!!
『あなたの話 買います』 
世界的な個人化、高齢化の時代、貴重な経験が失われようとしている。これを後世に残し自分も利得し暇つぶしできる。
「面白い、 奇妙な、有益な、話200円で買います」
フランチャイズ・立ち上げ資金・資格不要。誰でも参加できます(当本店へ連絡だけしてください=後日文集のため)。
これで”利益”がでるか? って!? むふふ
「話買います屋本店」(0463−87−6442 秦野市堀山下 相州ぼそそば庵)
<拡散よろしくです 新案特許考慮中2018.9.10>

atelier246 at 21:37|PermalinkComments(0) おばか | ぼそそば
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ