ようやく夏の暑さも和らいできた。

ちょうど一昨日からそこここで地蔵盆が行われている。街中を自転車で走っていると行事の始まりを知らせる子供が叩く鉦の音が聞こえてくる。本来 地蔵盆は8月23・24日だが、最近では少し前の土曜と日曜に振り替えている町内が多いようだ。
 

各町内では、町家の格子をはずして開放しているところ、寺院の境内、マンションの集会所、個人宅のガレージ、町内の塞いだ道の一角などそれぞれ一様ではなく個性的である。
 

news:12-08-20:地蔵盆*1



そして路地には赤白の提灯がぶらさがっている。
そういえば、私の家には兄弟夫々の提灯があった。親が私たちの為に拵えたモノで、お祭りの時には押入から出して飾りに行っていた。


news:12-08-20:地蔵盆*2


地蔵盆は子供たちのお祭りだ。町内ごと地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ「百万遍大数珠繰り」を行う。
私は小さい時に数珠送りをしただろうか…!? まったく覚えが無い。


news:12-08-20:地蔵盆*3

子供にとってはお菓子とゲーム、そして福引きが楽しみで他の事はすっかり忘れてしまっている。只、この日には普段話をする事の無い町内の大人や学年の違う子供達と会えて夏の楽しい行事であったのは確かだ。



いまの町内のお地蔵さんは小振りだがとても趣がある。実家の町内のものはもっと素朴だった。親父が毎年盆の時に前垂れを新調し、お地蔵さんの化粧直しをしていたのが印象的だった。


news:12-08-20:地蔵盆*5

news:12-08-20:地蔵盆*4

この日ばかりはお地蔵さんも祠から出てこられる。しかし祭りが終わるとまた元に戻されてしまう。

たまに柵等に囲われている祠もあったりするが、折角の子供達の守り神さんが助けに出て来れるのだろうか…? なんて事を考えたりしてしまう。



暑いさなかに鉦の音を聞くと時間を遡って子供の頃の記憶が甦ってくる。蝉の声とともに懐かしい日々が…。
残暑もまたいいものだ。


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
  • ライブドアブログ