IMG_20150510_151143
名古屋市中川区にある、らぁ麺・紫陽花さんへ行ってきました。

こちらは、らーめん鉢ノ葦葉さん・つけ麺丸和さん・麺創研かなでさんなどで修行されたラーメンブロガーの方が名古屋市中川区八剱町で2015年4月10日に新規開店されたお店になります。

お店の道路を挟んだ北側に駐車場があるのが有難いです。
あと、入り口には店名でもある紫陽花(あじさい)と、何故かタヌキの信楽焼がw
IMG_20150510_151250
こちらのお店の看板メニューは醤油らぁ麺だと思いますが、メニューに鶏白湯と魚介のダブルスープの濃厚つけ麺があるのを発見してしまいました。

これは食べるしかないということで、特製濃厚つけ麺1050円をポチッとな。
IMG_20161026_010458
運ばれてきて最初に思ったのは、鶏肉が美しいってことです。
IMG_20161026_010520
東京・新小岩の麺屋一燈さんの鶏肉を思い出しました。
食べてみると、丁寧に低温調理されているようで、上品な味の鶏肉です。これだけで一品料理として完成していますね。
IMG_20161026_010617
スープは予想以上に濃厚で、鶏白湯より魚介が強めな印象です。
太めのストレート麺もコシがあって美味しいです。

そんな感じで、美味しいつけ麺で大満足!  ……と、なるところだったんですが、最後まで大満足とはいきませんでした。

まず一つ目に、カウンターにティッシュペーパーがありません。
見回してもありませんし、テーブルの下に貼り付けてあるお店かと思い、下を覗いてみましたがありませんでした。
最近では紙ナプキンも用意してくれるお店まで存在しますが、そこまでじゃなくてもせめてティッシュペーパーは用意していただきたいです。

そして二つ目が、漬け麺のスープに冷え対策が何もされていないことです。
関市の麺屋・白神・本店さんや本巣郡北方町の仁麺魚さんみたいな焼き石サービス。
または、55や江南市の赤橙さんみたいな電磁調理機があるのが一番良いですが、せめて器を冷めにくい素材にして熱々で提供されるとかしていただきたいです。

せっかく美味しいつけ麺だったのに最後まで美味しく食べられないのは残念でした。
冷え対策がなされるまでは、ラーメンを選択する方が無難だと思います。

そういえば紫陽花の花言葉の一つに、「あなたは美しいけど冷淡だ」というのがありますが、まさに美しいけど冷めやすいつけ麺の事を指しているようですね。

花言葉〈花図鑑〉 [ 夏梅陸夫 ]

※追記
こちらの口コミのブログを読まれた紫陽花さんからTwitterでご返事をいただきました。
ティッシュも用意されるそうですし、つけ麺の冷え対策も御検討されているそうです。ありがとうございます。
らぁ麺 紫陽花
夜総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:ラーメン | 六番町駅