IMG_20161018_001222
KITTE名古屋にあるエリックサウス (ERICK SOUTH)・KITTE名古屋店さんへ相方さんと行ってきました。

レビューするのが遅くなってしまいまして、訪問したのは一年前、昨年の10月でした。
こちらは2016年6月17日に名古屋駅直結のJPタワー名古屋内の商業施設・KITTE名古屋としてオープンされたので、開業した数ヶ月後になります。
IMG_20161012_113329
地下一階がレストラン街となっていまして、今回のエリックサウス・KITTE名古屋店さん以外にも幾つか訪問済みなので、何れレビューしたいと思います。
IMG_20161012_113427
地下一階を歩いていくと、ゴッチーズビーフ・KITTE名古屋店(Gottie's BEEF)さんの向かい側にありましたエリックサウス(ERICK SOUTH)さんです。
IMG_20161106_195734
こちらは南インド料理のお店ということで、ミールスの説明が店頭の看板に表記されていました。

街中で普通に見かけるカレー店はインド料理と書いてあっても基本的にネパール人ばかりで、たまに本当にインドでも北インドですから、南インドのお店は本当に珍しいと思います。
東海地方だと名東区のカルナータカーさんくらいでしょうか。

南インドということで、北インドやネパール系のお店のメインであるナンは無く、野菜中心のヘルシーなメニューとなっていました。
IMG_20161018_001913
IMG_20161018_001729
IMG_20161018_001816
IMG_20161012_113454
IMG_20161018_002146
IMG_20161018_002043
メニュー表にミールスの食べ方の説明が書かれているのが良いですね。
普通に日本で生活をしていたらミールスを食べる機会なんて皆無ですから有難いサービスだと思います。
IMG_20161018_001415
プレートミールス1080円。
真ん中にある薄っぺらいのがパパドで、レンズマメやヒヨコマメ、またはケツルアズキなどで作られる南インドのクラッカーです。
豆チップスという感じで、薄くてパリッとしていてスナック感覚で食べられます。

パパドの下にはバスマティライスとあきたこまちのターメリックライス。
カレーは複数から一つ選択可能。

そして、ラッサムはタマリンドをニンニクや胡椒を入れて煮た酸っぱいスープ。
サンバルはトゥール豆と野菜を煮込んで作るスープでこちらでは大根が入っていました。
更に菜食小皿がセットになっています。
IMG_20161018_001524
エリックミールス1450円。
こちらはプレートミールスよりも豪華で、パパドとバスマティライスとターメリックライス。
二種類のカレーにサンバルとラッサムとココナッツチャトニーにヨーグルト。

更には、ウラド豆を磨り潰して揚げた南インドのドーナツのワダ。
セモリナ粉を使ったおからみたいな南インドの定番朝食のウプマと、まさに南インドのオールスターが勢揃いです。

また、インド&ネパール系のお店でデフォルトなナンお代わり無料のように、サンバル・ラッサム・ライスがお代わり無料となっていました。

ミールスですので、混ぜ混ぜしていただきましたが、ラッサムやサンバルが効いていて酸っぱ辛くてスパイシーな味わい。
美味しいですし、KITTEの中の店舗ということを考えたらこの値段はお安いと思いますが、名東区のカルナータカーさんや、南インドでなくスリランカになってしまいますが、岐阜市のディレディレカレーさんの方が好みでした。

ただ、どちらも外観から見ても普通の人は入りにくい店舗ですから、一般人が気軽に入店出来るエリックサウスさんは南インドカレーを普及する上で貴重な存在だと感じました。
次回訪問した時はビリヤニやマトンステーキなんかを食べてみたいと思います。
IMG_20161018_001330
ちなみにこの時は最初に書いたように2016年10月でしたので、現代美術の祭典「あいちトリエンナーレ2016」の開催期間中で、現代アートの一部がKITTEの中にも展示されていました。
IMG_20161018_001309
ただ、何が凄いのかさっぱり分かりません……。
どうやら私には芸術のセンスが無いようですwww

あいちトリエンナーレ2016オフィシャルガイドブック (ぴあMOOK)

中古価格
¥1から

【南インドの本格カレー】ラーダカレー(4人前×4種)お好み4点セット・自由に4点選べます

価格:1,948円


関連ランキング:インド料理 | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

エリックサウス KITTE名古屋店インド料理 / 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5