_20190324_215742
北名古屋市にある池めん・北名古屋店さんへ行ってきました。

2018年10月19日にオープンされた新店で、その半年ほど前にオープンされて直ぐに閉店された五代目・晴レル屋・北名古屋店さんの跡地に居抜きでオープンされていました。
_20190324_215709
こちらの店舗へは、五代目・晴レル屋・北名古屋店さんが行こうと思っている間に閉店されてしまったので、その前のぎん晴れ55・北名古屋店さん以来になります。

ぎん晴れ55さんの前は豚っぱれさんで、もう一つ前が晴れ龍さん(その前は黒船グループだったような記憶)と、晴れグループの店舗が毎年のように開店しては潰れを繰り返している鬼門のような場所ですが、今回は静岡県からの刺客、池めんさんですから、密かに期待しています。
_20190324_215810
池めんさんは、濃厚豚骨ラーメンと台湾まぜそばの二大看板で静岡県で大人気のお店でして、2012年に静岡県牧之原市の、決して立地には恵まれていない場所にオープンされたにも関わらず行列店となり、ラーメンWalker静岡2017でも1位(2016.2018も2位)を獲得し、今では本店の牧之原店に留まらず、池めん・浜松店、池めん・藤枝駅前店、池めん・岡部店と静岡県内で4店舗に広がり、遂に愛知県にも初上陸されました。

ちなみに店主さんは元々愛知県内に9店舗ある(日進・長久手・大府・安城・春日井2店舗・緑区・天白区・北名古屋)博多ラーメン・鶴亀堂さんで6年修行をされてから独立されたそうなので、二大看板の1つである濃厚豚骨ラーメンは修行先である鶴亀堂さんの味によく似ているそうです。

更にもう一つの看板メニューの台湾まぜそばは、あの台湾まぜそば・はなびさんの創業者、新山代表直伝なんだそうなので、ある意味逆輸入みたいなものですね。
_20190324_215928
_20190324_220504
店内はぎん晴れ55・北名古屋店さんの頃とあまり変化は感じられず、オープンキッチンのカウンター席となっていました。
_20190324_220044
_20190324_220132
_20190324_220200
_20190324_220230
メニューはラーメンとまぜそばの二大看板となっています。
濃厚豚骨らーめん 750円
黒豚骨らーめん 800円
濃厚台湾らーめん 850円
中華そば 750円
台湾らーめん(しょうゆ) 800円

台湾まぜそば(追い飯付き) 900円
ちょい辛台湾まぜそば(追い飯付き) 900円
カレー台湾まぜそば(追い飯付き) 950円
しょうゆまぜそば(追い飯付き) 900円

_20190324_215834
また、セルフでキムチや高菜、お漬物などが食べ放題でしたので、ラーメンが運ばれてくるまでの前菜代わりにいただけます。
_20190324_215904
スープもありましたので、お漬物などと一緒にいただきました。
_20190324_220330
しょうゆまぜそば(追い飯付き) 900円
_20190324_220358
具沢山で美味しそうなビジュアルをしていました。
トッピングは、卵黄・チャーシュー・九条ねぎ・水菜・刻み海苔・メンマ・玉ねぎ・オニオンフライとなっています。
_20190324_220254
説明文にあるように刻みニンニク投入してガシガシ混ぜてみました。
_20190324_220436
卵黄も説明文にあるように、綺麗に全体に馴染んでくれたので、一気にいただきます。

もちもち食感の麺は良い感じで、醤油ベースの優しい味わいは誰でも美味しくいただけそうな印象を受けます。

トッピングが豊富なので様々な味を同時に味わえる楽しみがあるんですが、フライドオニオンのサクサクした食感が良いアクセントになってくれました。
ただ、後半になると水分を取り込み過ぎてふにゃふにゃになってしまうのでご注意下さいw

ちなみに、池めんという店名でしたので店員さんもイケメンなのかということを気にされる人も多いと思いますが……とっ、とても愛想の良くて接客対応の良い店員さんでしたよw

↓関連レビュー↓
巨大ティーカップでいただく上質でまろやかな味噌豚骨ラーメンとスッキリした凍頂烏龍茶が絶品 名古屋八麺山 愛知県日進市梅森台1-147

ニュータッチ 名古屋発 台湾まぜそば 132g×12個

Amazon新品価格
¥1,680から

マルちゃん マルちゃん正麺 カップ 濃厚とろ豚骨 97g×3個

Amazon新品価格
¥595から


関連ランキング:ラーメン | 西春駅比良駅徳重・名古屋芸大駅

池めん 北名古屋店ラーメン / 西春駅比良駅徳重・名古屋芸大駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4