_20190521_195813
名古屋市東区に2019年4月10日ニューオープンされたばかりの麺や旅風車 -tabifusya- (旅凮車)さんへ行ってきました。

国道19号線沿いにあるお店で、家系っぽい牛骨ラーメンで有名ならあめん工房・雪濃湯 (ラーメンコウボウ ユキノユ/スールータン)さんから道なりに車で1分くらい進んだ所の、らーめん徳島さんという徳島ラーメンのお店があった場所に居抜きで入られています。
ただ、黒を主体としたスタイリッシュな感じになっていたので、らーめん徳島さんの赤と黄色の中華料理屋っぽい雰囲気からは別物となっていました。

公共交通機関だと名鉄瀬戸線の森下駅から徒歩2分と一番近く、名古屋市営地下鉄名城線の平安通駅(出入口1) からも徒歩11分となっています。
_20190521_195621
私は車でしたので、らあめん工房・雪濃湯さんを通りすぎ、麺や旅風車さんの手前にあるパークエイジ芳野というコインパーキングに駐車しました。
_20190521_195652
ここのコインパーキングは麺や旅風車さんと提携されているので、退店するときに店員さんに声をかけてコインを貰います。
そのコインを使えば1時間まで無料で利用出来ますので、ラーメンを食べる時間と考えれば余裕だと思われます。
_20190521_200104
店内はオープンキッチンのL字型カウンターというラーメン専門店らしい造りになっていました。
11席と、ラーメン屋さんなら充分な席数かなと思っているとーー。
_20190521_200418
ゴールデンウィーク前にテーブル席を追加設置されたようです。
_20190521_200448
4人用テーブルと3人用テーブルとありましたので、ファミリー客も想定されたのかもしれません。
_20190521_200310
入店すると左手に券売機があるので、最初に購入することになります。

メニューは、つけ麺とラーメンの2本柱で、どちらも濃厚がウリとなっていました。
濃厚つけ麺 850円
濃厚味玉つけ麺 950円
濃厚辛つけ麺 900円
濃厚味玉辛つけ麺 1000円
濃厚らーめん 800円
濃厚味玉らーめん 900円

夜限定メニュー
旅凮車流出汁香る醤油豚骨らーめん 780円
旅凮車流出汁香る醤油豚骨辛味だれらーめん 800円
麺大盛 100円
麺特盛 200円

キャベ風チャー 100円
揚げにんにく 50円
刻みネギ 50円
味玉 100円
野菜増し 100円
特製肉増し 200円

豚飯(醤油・マヨ玉・辛ニンニク) 300円
半ライス 100円
ライス 150円
追い飯 50円

瓶ビール 550円

_20190521_195944
ラーメンとつけ麺なら、個人的につけ麺かなと思いながら、当店のこだわりを見ているとーー、麺が三河屋製麺……だと!?
IMG_20190525_091654
三河屋製麺さんは東京の製麺所ですので、名古屋だと貝汁らぁめん・こはくさんが頭に浮かぶくらいですが、三河屋製麺さんは、今は亡きラーメンの鬼・佐野実氏からも一目を置かれていた宮内厳さんが社長を務める老舗製麺所で、高専卒でプログラミングが得意なSEの経験もある理系社長でして、ミシュランビブグルマンの常連である麺尊RAGEさんをはじめ、鏡花さん・我武者羅さん・つじ田さんなど、錚々たるお店に麺を提供し続けていることでも有名です。

そんなわけで、麺の美味しさを味わう意味でも今回はつけ麺1択となりました。
_20190521_200148
また、キャベ風チャーという、居酒屋のお通しみたいなメニューが100円でしたのでそちらもいってみることにしました。
_20190521_200651
麺の量は、並200g・中盛300g・大盛400g・特盛500gの4種類で、並と中盛りが同じ値段でしたので中盛にしてみました。
_20190521_200635
辛つけ麺だと辛さ調整が出来るみたいです。
_20190521_200746
また、スープ割りも利用することが出来ます。
_20190521_200215
つけ麺ですので、茹で時間や冷水でしめる時間が掛かりますから、レモン入りの冷水を飲みながらのんびり待つことにしました。
_20190521_200243
ーーと、思っていたら、キャベ風チャーが運ばれてきました。
まさに居酒屋のお通しな味付けでしたが、キャベツの芯どころか葉脈の軸まで完璧に取り除かれていて、非常に柔らかくて食べやすかったです。
チャーシューも旨味がありましたし、これで100円は安すぎるくらいでオススメです。
_20190521_200839
濃厚つけ麺 850円 (中盛300g)

見た目は所謂またおま系ですが、野菜が多く入っているところが嬉しいところです。
_20190521_201004
麺や・旅凮車さんのスープは、寸胴の蓋が閉まらないくらいに厳選した素材を入れて短時間で仕上げ、更に濾しの作業に膨大な時間を費やすことで、濃厚でパンチがありながらもさっぱりとした口当たりに仕上げられているとのことですので、期待をしながらいただいてみることにしました。
_20190521_200903
つけ汁には、極厚チャーシュー・メンマ・キャベツ・もやし・人参・輪切りのネギなどが入っていました。

また、柚子皮と魚粉もありましたので、味変も楽しめそうです。
_20190521_200937
前述した三河屋製麺さんの麺を早速投入していただくと、ツルっとしながらモチとした食感の麺と、思っていた以上に濃厚なつけ汁が素晴らしくて美味しくいただけます。

濃厚とうたっていながら大して濃厚ではないお店が多いですが、これは紛うことなき濃厚さで人によっては合わないかもしれない濃さで好感が持てました。

そんな、デフォルトの状態で「私の戦闘力は53万です」という濃厚さだったのに、そこに魚粉を溶かしていくと、動物系の濃厚さに魚介の濃厚さも加わって、濃厚のインフレがジャンプ漫画みたいにヤバイことになってしまいましたwww
_20190526_191135
ですが、大量の野菜によってさっぱりとした口当たりになりますし、濃厚なだけではない深みのある味わいが感じられます。

また、柚子皮の酸味や香りで後味が爽やかになるので、クドさはなくスイスイと食べ進められました。
_20190521_201057
極厚のチャーシューも柔らかく旨味たっぷりです。
_20190521_200019
卓上には、胡椒や七味などの定番アイテム以外に、平子煮干酢まで置かれているので、更なる味変化も楽しめます。
_20190521_200816
更に店員さんにお願いすれば生にんにくまで提供してもらえます。
_20190521_201033
濃厚スープに合うということでしたので、生ニンニクを投入しちゃいました。
_20190521_201137
これはヤバイwww
ただでさえ魚粉で第2形態への変身をしていたフリーザ様(つけ汁)が最終形態になってしまいましたwww

濃厚濃厚&濃厚って感じで、半端ない濃厚さが楽しめます。
それなのに食べやすいんですから凄いスープですね。

六厘舎さんやとみ田さんなどが牽引となって10数年前に一世を風靡した濃厚またおま系つけ麺ですが、昨今だと昔ほどのブームは無くなってしまったものの、当時だったら大行列店になっていても不思議ではないレベルの高さでした。
濃厚過ぎてダメな人には合わないかもしれませんが、濃厚なまたおま系つけ麺好きの人なら大満足出来る美味しさだと思います。

やっぱりフリーザ様は最強で最凶ですわwww

↓関連レビュー↓
東海地方で一番濃厚と思われるどろどろの極濃鶏白湯ラーメンは夜だけの限定メニュー 中華そば・親孝行 愛知県名古屋市中川区八熊通5-28

S.H.フィギュアーツ ドラゴンボール フリーザ 最終形態-復活- 約120mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

Amazon新品価格
¥5,766から

濃厚 極太 つけ麺 2店舗8食セット (千葉 松戸 とみ田・埼玉 頑者) (ご当地 有名店 ラーメン)

Amazon新品価格
¥3,348から


関連ランキング:つけ麺 | 森下駅尼ケ坂駅平安通駅

麺や 旅風車つけ麺 / 森下駅尼ケ坂駅平安通駅
夜総合点★★★★ 4.3