_20190521_174209
2019年1月25日にニューオープンされた岐阜市にあるバングラッシー(bhanglassi)さんへ行ってきました。

こちらは、元々柳ケ瀬商店街でも南西の、徹明通の松波ビルにあったカレーの文化屋食堂さんが、髙島屋南市街地再開発の為にビルが取り壊されることとなり、移転をきっかけに店名を変えてオープンされたお店になります。

以前と同じで駐車場は無いので、近くのコインパーキングを利用しました。

カレーの文化屋食堂さんというと、良い意味で怪しい雰囲気の店内と、これまた怪しい雰囲気の店主さんによる魔法のようなスパイスの配合がなされたカレーは、脳がスッキリすることから、『食べる合法ド○ッグ』と評されるお店でした。

まあ、新しい店名がバングラッシー (bhanglassi) な時点で理解していただけたら幸いですw
※バング(大麻・भांग)ラッシー(インドのヨーグルトであるダヒーで作った乳酸菌飲料)、インド国内で普通に販売されているマリ○ァナ飲料です。
現地で飲むのは合法ですが、日本だと当然違法です。

_20190521_174131
そんな中毒性の高いインドカレー屋さんでしたから、再開発で閉店された後も復活を願うジャンキー達が多かったので、仮に再開されたとしたら、どんなややこしい場所や僻地だったとしても、必ず常連客は戻ってくるんだろうなと思っていました。

その予想はある意味的中していたようで、以前と同じ柳ヶ瀬商店街で復活したにも関わらず、お店の看板などは無く、この『Bhanglassi』と英語で書かれたピンク色のペナントが目印となるんですが……。
_20190521_174102
さあ、いきなりですが此処でクイズです。
さっきの店名が書かれたピンクのペナントですが、この画像の何処にあるか分かりますか?

正解はーー。
1566659234975
ここって、小さ過ぎワロタwww

_20190825_011308

「こんなん、ぷよぷよ通のノミやんけ!!」

ーーと、ツッコミたくなる位に小さかったですw

その為、スマホナビで何度案内されても、定休日だったパン屋のロンドンさんに着くだけでしたから、なかなか発見することが出来ませんでした。
結果、20分くらい周りをうろちょろすることになりましたから、ロンドンさんが営業されている日だったら、不審者として通報されたとしても致し方ないくらいですw

あまりにもうろちょろしたので、近くにあるわらび餅の名店ツバメヤさんでお土産まで買ってしまいましたw
※ツバメヤさんのわらび餅は近日レビューします。

IMG_20190825_124112
ほんと、この難易度は、ドラクエⅡの盗賊ラゴスばりの分かりにくさですよwww

_20190521_174335
更には、看板代わりのピンクのペナントよりも貼り紙の方が大きくて数も多くなっていますw
_20190521_174307
注意書きもありまして、中学生以上しか入店出来ないので、R-12指定みたいな感じです。
禁煙・アレルギー対応不可で、3名以上は一緒に座れず、5人以上になると入店不可とのことです。
_20190521_174240
更には、カレーの文化屋食堂さんの頃は5種類有ったカレーが、覚醒カシミール1択となっていました。
ということは、以前食べたガラムガラムガラムは食べられないみたいです。

それにしても、メニューの横に『合法』って表記があるカレーなんて、日本中探してもバングラッシーさんだけでしょうねw
_20190824_224116
以上の説明を頭に入れて、階段を上って2階にあるお店へと向かいます。

私は、お薬や草どころか、タバコもお酒もやらないので詳しくないですが、この場所が歓楽街近くの隠れ過ぎている立地って思うと、本当にそういうヤバイのを売っているアングラ店に見えなくもないですねw
_20190824_224213
店内は太陽光が入ってくる関係で、カレーの文化屋食堂さんの頃よりも怪しさは減って明るい雰囲気になっていました。
ただ、天気が雨や曇りだったらカレーの文化屋食堂さんの頃と変わらない暗さかもしれません。
_20190824_224235
カレーの文化屋食堂さんの頃と同じ、柔和で腰が低いのに独特の雰囲気がある店主さんのワンオペなんですが、カレーが覚醒カシミール(合法)1種類だけになった関係で、オーダーを取りに来られることはありませんでした。

奥から話し掛けてくださった店主さんによると、好きな席に座って覚醒カシミールが順番に完成するのを待つことになるようです。

食べ終わったお客さんに「スッキリしましたか?」と、飲食店なのか風俗店なのか分からないような声掛けをされるところもカレーの文化屋食堂さんの頃と同じですw
_20190824_224143
席に着くと、テーブルに小さなメニューがありました。

・覚醒カシミール(脳みそスッキリなチキンカレー) 1200円
・ムルギアチャール(チキンのマリネ) 300円
・チャイ 500円
・ラッシー 500円

カレー以外のメニューは、直接注文するシステムみたいです。
ラッシーまで有りましたが、ここは日本ですから、いくら店名とはいえバングラッシーということはないと信じていますw
※万が一が怖いので注文はしませんでした。
_20190824_224551
覚醒カシミール(合法) 1200円

ヴィジュアルはカレーの文化屋食堂さんの頃と同じでした。
_20190824_224351
インド&ネパールカレー好きの私としては、基本的にライスよりナンで食べる方が好きなんですが、ここのカレーに関してはライスの方が合っていると思っています。
_20190824_224501
玉ねぎが主体のアチャールは、福神漬けのようにカレーの箸休めにピッタリです。
_20190824_224412
カレーは二種類で、日替りが一つ。
_20190824_224436
そして、メインが大きな手羽元入りの覚醒カシミールです。

カレーの文化屋食堂さんの頃にいただいたガラムガラムガラムは、辛いのに辛くなく甘さまで感じる不思議なカレーでしたが、覚醒カシミールは一口食べた瞬間から、電撃でも走ったかのような辛さが脳を突き抜けていきました。

これは確かに覚醒しちゃうかもしれません。
_20190825_161630
ガンダムSEEDだったら種割れして無双状態になっても不思議じゃないですねwww
_20190824_224629
更にはカレーの中に入っていた手羽元の柔らかいこと。

スプーンで簡単に身が崩れる柔らかさなので、簡単に骨から剥がれ落ちてくれますし、食べても口の中でとろけるように無くなっていきます。
_20190824_224314
唯一無二の、他店では絶対に食べることが出来ない危ないお薬のようなカレーですし、お店その物も人を選びそうな雰囲気のバングラッシーさん。
そんな訳で、万人にオススメは出来ませんが、ハマる人はドハマりして、底なし沼から出られなくなること請け合いです。

ちなみに私は、覚醒カシミールはどうも合わないようで、ガラムガラムガラムの時のような感動は味わえませんでした。

お薬だと、アッパー系とダウナー系で好みが分かれるって聞きますから、つまりそういうことなんでしょうねw

「薬物乱用、ダメ。ゼッタイ」

↓関連レビュー↓
2016年の元旦にオープンした岐阜県唯一のスリランカカレー店 ディレディレカリー(Dhire Dhire Curry) 岐阜県岐阜市長住町7-12-2 高崎ビル1F

デリー カシミールカレー 350g×12個

Amazon新品価格
¥8,004から

日本の中のインド亜大陸食紀行

Amazon新品価格
¥2,376から


関連ランキング:カレーライス | 名鉄岐阜駅

バングラッシーカレーライス / 名鉄岐阜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7