_20190925_131619
一宮市に2019年7月5日ニューオープンされたばかりのラーメン・響流十方(こうるじっぽう) さんへ相方さんと行ってきました。

響流十方(こうるじっぽう) というインパクトの強い店名は、浄土真宗の経典、浄土三部経の中の「如来容顔 超世無倫 正覚大音 響流十方」の偈文の中の一句なんだそうです。

私も相方さんも浄土真宗ですから、もしかしたら法事などで聞いたことがあったのかもしれませんが、全然記憶にありません……。
調べた結果、「御仏の教えがあらゆる世界に響き渡る」という意味なんだそうです。
こちらのラーメンの評判が世界に響き渡るように願っての名前なのかもしれませんね。
_20190925_131319
場所は、一宮駅・妙興寺駅・観音寺駅をバミューダトライアングルのように線で結んだ真ん中辺りですので、全ての駅から微妙に距離がある為、車での訪問が無難だと思います。

以前レビューしたすばる珈琲店・宮地店さんから南へ行ったローソンストア100一宮花池店さんの近くです。
_20190925_131437
看板が無かったら一軒家のような外観で、家族経営っぽい感じでもありましたので、二階が御自宅なんだと思います。
別で店舗を借りて家賃を払うことを思うと、コストだけでなく通勤が無いという点でも利点がありますね。
_20190925_131936
店内もやはり一軒家を改装したような雰囲気です。
_20190925_132019
L字型のカウンター席で、オープンキッチンっぽい造りですが、調理は奥でされていました。
_20190925_132113
禁煙だったのは有り難かったです。
_20190925_131511
また、テーブル席も奥にありましたので、ラーメン専門店としては収容人数は多めです。
_20190925_131726
看板メニューは煮干しラーメンとなっていました。
※2019年9月末訪問の為、10月1日から価格変更されている可能があります。
_20190925_131852
店主オススメの美味しい食べ方の説明を読んでみると、底に煮干し粉が沈んでいるそうですから、濃厚煮干しのスープが楽しめそうです。
_20190925_131658
また、チャーシュー・メンマ・味玉もこだわりの手作りなんだそうです。
_20190925_132458
ニボシチャーシューメン 900円
_20190925_132405
トッピングは、二種類のチャーシュー・メンマ・海苔・ネギ・糸唐辛子となっています。
_20190925_132532
スープは、カタクチイワシ等3種類の国産煮干しをブレンドするだけでなく、丁寧に頭と腹を除去した物だそうです。
個人的には煮干しの苦味やえぐみも好きですが、人を選びますもんね。

丁寧な仕事の結果、煮干しのスープでありながら、透明感のあるさっぱりとした上品な仕上がりとなっていました。
ニボニボ感は感じられないので、煮干しの濃厚さを期待すると肩透かしをくらいますが、味としてはかなり美味しいです。
_20190925_132604
麺は低加水の中ストレート。
硬過ぎず柔らか過ぎずな食感で、上品なスープに良く合っていました。
でも、ちょっとあっさりし過ぎかもしれません。
_20190925_132832
メンマは逆に味しっかりの濃厚なタイプで、単体で食べると美味しいですが、ラーメンと合っているかと言われるとミスキャストな印象を受けます。
_20190925_132638
_20190925_132710
二種類のチャーシューは食感の違いや肉の旨味の違いを楽しめます。
小ぶりのトロトロチャーシューのとろけ具合が最高でした。
_20190925_132806
ーーと、ここで、店主オススメの美味しい食べ方の事を思い出しました。
底に煮干し粉が沈んでいるということでしたので、混ぜ混ぜしてこのあっさり過ぎるスープをニボニボにしたいと思います。
_20190925_132907
混ぜ混ぜした結果、あの透明感は何処へやら、煮干し粉たっぷりの濃厚スープへと変化しちゃいました。
苦味は皆無なのに、かなり濃厚な煮干しという面白いスープです。

その結果、さっきまでの上品スープでは相性がイマイチだった麺やメンマが一変してベストマッチとなりました。

煮干しの濃厚さが苦手な人は、混ぜないで上品なまま楽しめますし、ニボニボな濃厚さが好きな人は混ぜればOKですので、一つのラーメンで有りながら二種類の相反するラーメンというダブルで楽しめるのはアイディアの勝利ですね。

これは、店名のように響流十方(こうるじっぽう) して人気でそうです。
_20190925_132948
また、豚骨ラーメンのような替え玉まで100円で可能でしたので、濃厚な煮干しスープを満喫したくてお願いしちゃいました。
_20190925_133006
画像でどこまで伝わるか分かりませんが、替え玉のボリュームも結構あります。
_20190925_133041
投入すると、余っていたスープの量を上回る麺の量でしたので、ラーメンとまぜそばの中間みたいな感じになってしまいましたw

麺を混ぜ混ぜしないとスープに浸せないので、結果的に底に溜まった煮干し粉を全部余さずに食べることが出来ました。
相当濃厚なんですが、苦味の無い煮干しなので食べやすく、いつの間にか完食してしまいました。
_20190925_132144
ちなみに、響流十方(こうるじっぽう) さんではお水だけでなくレモン水も用意されていました。

他のラーメン専門店でもレモン水はたまに見かけますが、響流十方(こうるじっぽう) さんのレモン水のレモンっぷりが凄くて驚きました。
煮干しの濃度だけでなくレモンの濃度でも、その凄さが響流十方(こうるじっぽう) して有名になりそうですw

↓関連スレ↓
宗教って信じるものしか救わないせこい神様拝むってことだろ?

みんなで歌う仏教讃歌 響流十方

Amazon中古価格
¥1,645から

マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ 110g×3個

Amazon新品価格
¥778から



関連ランキング:ラーメン | 観音寺駅妙興寺駅

ラーメン 響流十方ラーメン / 観音寺駅妙興寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7