Airの食べログ日記 岐阜・尾張・名古屋を中心に

岐阜県、愛知県を中心に食べログと連動して外食店のレビューをする、いわゆるグルメブログになります。 プライベートではラーメン屋さんとインド&ネパール&バングラデシュ系のカレー屋さんが中心で、デカ盛りやギガ盛り店にも、仕事では居酒屋さんや焼肉屋さん高級店を中心に訪問しています。 一部、ガラケーの頃にモバゲーの日記でレビューした内容と被っています。

岐阜市・東部

ご紹介した飲食店は岐阜県愛知県だけでも1000軒を超えました。
閲覧数も累計180万PV超えとなり感謝の言葉もありません。

広末涼子や酒井法子も虜になったあのパステルのなめらかプリンの産みの親である所シェフのお店を再び訪問 プルシック(Plesic) 岐阜県岐阜市琴塚2−1−18

_20180707_214822
岐阜市にあるプルシック(Plesic)さんへ行ってきました。

以前のレビューでも書きましたが、オーナーシェフの所浩史さんは、あのパステルのなめらかプリンの生みの親だそうで、マツコの知らない世界の美味プリンの世界で、10800種類のプリンを食べたプリンコンサルタントの濱口竜平さんに紹介されたりもしていました。
_20180707_214744
キノコのような外観のお店に入ると、大量のプリンが所狭しと並んでいました。
ロールケーキなどもあるので、いつか食べてみたいと思っています。
_20180707_214856
定番のレトロプリンとプルシックプリン(究極のなめらかプリン)だけでなく、季節のフルーツなどを使った限定の商品が多いので、来る度に商品が変わっているところも魅力的です。
_20180707_215011
そんなわけで、レトロプリン以外は限定フルーツで攻めてみました。
ですが、以前のレビューと被る物も多いので、今回はレトロプリンを詳しくレビューしたいと思います。
_20180707_214935
所プリン・レトロ 400円
なめらかプリンの産みの親のお店ですが、レトロプリンは逆にとろけないプリンとなっています。
でも、味は絶品で個人的にはレトロプリンの方を推したいです。
マスカルポーネチーズの濃厚さが味に深みを与えていて、生クリームやバニラビーンズの上品な甘味も素晴らしかったです。
スプーンを入れた時の感触や食感など、プリンとチーズケーキの中間のような印象で、プリンというカテゴリーにおさまらないレトロなのに新感覚なスイーツで、高額ですが満足感は高かったです。

そんな、ちょっとお高いけど味は絶品なプルシック(Plesic)さんのプリンは、岐阜市でも辺鄙な車でしか行けない住宅街の中にありますから、なかなか利用しにくいお店になります。
ですが、今年2018年3月21日、プルシック(Plesic)さん名古屋駅の地下街エスカにオープンされました。
これで地元民以外難しかった利用がしやすくなったのではないでしょうか。
そんなわけで、明日は名駅地下エスカに出来たプルシック(Plesic)さんをレビューしたいと思います。
……たぶんw

【パステルミュゼ】  ギフト ミュゼ・プリン (8個入)

価格:4,428円

感想(6件)

パステルなめらかプリンアイスクリームNPIC-8(240_18夏)お中元 御中元 ギフト アイス

価格:3,207円

関連ランキング:ケーキ | 長森駅

プルシックケーキ / 長森駅
昼総合点★★★★ 4.0

昭和感溢れる喫茶店でコロッケ定食を500円でいただきました cafe・ふらいぱん(カフェ・ふらいingぱん) 岐阜県岐阜市北一色2-9-5

image
岐阜市にあるcafe・ふらいぱんさんへ行ってきました。
岐阜市でも東の方ってPlesic(プルシック)さんへ行くくらいしか機会が無いので、土地勘が無くてちょっと迷いました。
image
外観もそうでしたが、店内も昭和へタイムスリップしたようなレトロな喫茶店で、きっと30~40年前から変わっていないんでしょうね。
image
若干ベタつきのあるメニュー表を見てみると、モーニングは和風な物も複数あるので、このあたり他の喫茶店と差別化が出来ていて生き残りに繋がっているような気がします。
image
そんな、cafe・ふらいぱんさんにやってきた理由は、見せるだけでワンコインの500円でランチが食べられる『500円でお昼ごはん』があったからです。
いわゆるランチパスポートみたいなものですが、ランチパスポートとは出版社が違いますので、一応別の本になります。 
例えるなら、宮崎あおいさんと二階堂ふみさんみたいなものでしょうかw
image

image
オーダーしたのはコロッケ定食+ミルクティー800円。
もちろん『500円でお昼ごはん』を使ってワンコインの500円にしていただきました。

味は、The・家庭料理といった表現がしっくりくる感じで、岐阜県らしい赤味噌のシンプルなお豆腐のお味噌汁と、じゃがいもの味が全面に出ているコロッケと、特徴があまりないけど安定して食べられる料理といった印象です。
コロッケは揚げたてだったので、それだけでも美味しく感じられますね。

ちなみに、店主さんは洗い物をした後に手を拭かないタイプなのか、料理を運ばれた時も伝票を持ってきてくださった際にも濡れたままで、伝票なんて紙ですから思いっきり染みていましたw
あっ、だからメニュー表がベタついて――。
謎は解けたよワトソン君♪(宮崎あおいボイス)

ケータイ刑事 銭形愛【全5巻セット】宮崎あおい【中古】全巻【邦画】

価格:2,900円

【送料無料】牛肉コロッケ/超メガ盛/100個入り!!【冷凍】◆登りたくなるほど山盛り◆もはや山!◆みんなでシェアしてお得にゲット!◆お店みたいにサックサクに揚がるから幸せ~

価格:2,980円

感想(38件)


関連ランキング:喫茶店 | 田神駅細畑駅切通駅

ふらいイング ぱん喫茶店 / 田神駅細畑駅切通駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

本日2016年10月5日ニューオープンの白神から独立された話題の新店 ラーメン・イロドリ 岐阜県岐阜市北一色5-13-25ガーデンハイツ1階

DSC_2894
今日2016年10月5日(水)、岐阜市に新規開店されたばかりのラーメン・イロドリさんへ行って来ました。
※行列が凄くて人が写り込まないように撮影することが出来ませんでしたので、画像は開店の数日前に撮影したものになります。

尾張旭市の麺喰さん、瀬戸市のかたぶつさん、羽島郡岐南町のあらき軒さんに続く麺屋・白神・本店さんからの四人目の卒業生のお店になります。
※後に麺切り・白流さんも瑞穂市にオープンされました。

好き嫌いは別として、東海地方のラーメンフリークなら知らない人は居ない白神グループのニューオープンですから、花輪の量も開店前からの行列も凄かったです。

また、店員さんの殆どが、かたぶつさんのTシャツを着ていらっしゃったので、白神グループ全体でバックアップされているんでしょうね。
IMG_20161005_115204
お店の前にも5台程の駐車場がありますが、お店の裏側に11台の駐車スペースが契約されていますので、そちらを利用された方が止めやすいかもしれません。
IMG_20161005_120258
店内はラーメン専門店としては広く、カウンター席だけでなくテーブル席もありました。
テーブルの上にはシンプルながら、お箸・レンゲ・ティッシュ・爪楊枝・胡椒と、必要な物は揃っていて良かったです。
IMG_20161005_115326
飲み物はセルフで、容器を見てお茶かと思いましたが、容器自体の色が麦茶っぽいだけで、注いでみると普通にお水でしたw
IMG_20161005_121154
オーダーはラーメン専門店ですので、入口直ぐの券売機で購入になります。

全種類大盛り無料となっていますし、学生さんはご飯一杯無料となっていますので、大食いの人には嬉しいサービスですね。
また、平日ランチタイムは誰でもご飯一杯無料になっています。
IMG_20161005_172355
イロドリさんの店主・木村知史さんといえば、2015年2月に開催された『第3回 ラーメン総選挙』で優勝された『うま味海苔出汁そば』が話題になりましたが、オープン当初はイロドリラーメン(鶏白湯)と和えそばの2種類だけのメニュー(全部のせの選択有り)と少数精鋭となっていて、『うま味海苔出汁そば』はメニューにありませんでした。
具材の高級海苔が年末あたりからしか市場に出回らないみたいですので、冬の限定メニューとして登場するかもしれませんね。
IMG_20161005_120708
そんな『うま味海苔出汁そば』はありませんでしたが、壁に貼られたこだわりを読んでいると、通常のラーメンでも充分に美味しそうなのが伝わってきて期待が持てそうです。
IMG_20161005_121832
いただいたのは特製イロドリラーメン900円です。
IMG_20161005_121912
麺は太めの北海道産小麦100%の自家製麺。
IMG_20161005_122006
チャーシューは豚肩ロースと鶏肉の2種類です。
ここ数年多く見かけるようになった真空低温調理のチャーシューですから旨味が凄い!
柔らかいだけでなく肉を食べているという満足感が得られるのが素晴らしいです。
IMG_20161005_122038
玉子は割ると中から黄身がとろっと垂れてきました。
IMG_20161005_175400
メンマは太めですが、処理がしっかりされているのか柔らかく食べやすいです。
IMG_20161005_175427
また、フライドオニオン(?)と軟骨(?)もアクセントになって美味しかったです。
IMG_20161005_175810
でも、何よりも素晴らしかったのがこの極上のスープです。

何処にも鶏白湯とは表記されてはいませんでしたが、奥美濃地鶏を炊き上げて魚介を合わせた明らかな鶏白湯スープで、鶏の旨味が半端ないです!

見た目以上にトロっとしたスープで、レンゲで掬う時に抵抗を感じるくらいですから、それだけコラーゲンなどが溶け出しているんでしょうね。
このスープを飲みに行くだけでも価値があると思います。
IMG_20161005_143218
そして、いつまでかは分かりませんが、全てのお客さんに画像のシールを配布されていました。
これを提示すればトッピング100円分を永久にサービスしてもらえるそうです。 

それにしても、ラーメン業界期待の新店のオープンとはいえ、こんな平日の11時にラーメン屋に並ぶことが出来るいい年した大人達って、いったい何の仕事をしている人達だろう……。
――と、疑問を抱いたりしていると、行列に並んでいる人達の何人かが、明らかに関係者やラーメンブロガーっぽかったです。ある意味納得出来ましたw

ああっ、この発言って、そのまんま自分自身へのブーメランですねwww

ブーメラン 12付

価格:972円


【ふるさと納税】「白神」お食事券(1,000円券・5枚綴り)

価格:10,000円

イロドリ
ラーメン / 細畑駅) 
昼総合点★★★☆☆ 3.9

関連ランキング:ラーメン | 細畑駅

へそまがり系担々麺の元祖のお店。でも、昔と比べると…… へそまがりラーメン 岐阜県岐阜市岩田西1-860

IMG_20150921_170836
へそまがりラーメンさんへ11年ぶりに行ってきました。

こちらは、岐阜県のB級御当地ラーメンともいえる、ちょっと変わった担々麺、へそまがり系担々麺の元祖のお店です。

ここから派生したお店はがんこziziさんやとんたんラーメンさん(現在は移店されて麺庫裡舎・本山さんに店名も変更)などがありますが、本家本元のへそまがりラーメンさんのレビューをしていなかったので久しぶりに食べてきました。

ただ、ここのお店に15年近く通い続けている友人によると、数年前から味が落ちていっているということでしたので、正直ちょっと不安だったのも事実です。
IMG_20150921_170922
11年ぶりのへそまがりラーメンさんは、相変わらず混んでいました。
メニューも大きな変化はなく、11年前と同じようにチョイタン750円をオーダー。
IMG_20150921_171003
運ばれてきたチョイタンは、こちらも11年前と変わらないビジュアルで、数ヶ月前に食べたへそまがりラーメンさんの元店主の麺庫裡舎・本山さんのチョイ辛(チョイタンと同じメニュー)と比較すると、胡麻がかかっていない以外は似ていました。

ただ、やっぱり味は全然別物でした。
これでも美味しいは美味しいんですが、スープの深みが明らかになくなっています。
麺は変わらず美味しいんですが、当時の味を知っていると、このスープでは友人の言っていたことが正解だったと言わざるを得なくて非常に残念でした。

昔の美味しかったへそまがり系担々麺を食べたくなった時は、麺庫裡舎・本山さん一択ということですね。

ちょっと苦言っぽくなってしまいましたが、お店の関係者さんが読まれていたら、へそを曲げずに改善していただけたら有り難いです。

へそまがりSweetHeart

新品価格
¥257から
(2015/9/22 20:56時点)

へそまがり昔ばなし [ ロアルド・ダール ]

価格:972円
(2015/9/22 21:01時点)
感想(16件)


へそまがりラーメン

夜総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:ラーメン | 名鉄岐阜

2015年7月3日ニューオープンのツルシ6号店 インドカレー・TULSI(ツルシ)水海道店 岐阜県岐阜市水海道5-1-7

IMG_20150905_233758
今年は岐阜県のインド&ネパール&バングラデシュ系カレー店の新規オープンラッシュみたいで、2015年7月3日ニューオープンしたインドカレー・TULSI(ツルシ)水海道店さんへ行って来ました。
IMG_20150905_233614
店内は新しくて綺麗です。
ツルシさんとしてはこじんまりした店舗ですね。
まあ、西鏡島店さんが広すぎるとも言いますがw

また、こちらではツルシさんでお馴染みのモーニングはやっておらず、ランチからの営業になっています。
IMG_20150905_233241
IMG_20150905_233402
IMG_20150905_233321
IMG_20150905_233448
IMG_20150905_233542
メニューは他のツルシさんと変わりません。
ナンがお代わり無料なのも同じです。

今回は基本のAセットランチ850円をオーダーしてみました。
IMG_20150905_233711
セットの内訳は、ナンorライス・チョイスカレー・サラダ・スープ・ドリンクです。
ナンとライスはナンを、チョイスカレーは野菜カレー、ドリンクはチャイにしてみました。

ナンは見た目にも大きく、味はモチモチ系です。
この辺りも他のツルシさんと同じですね。
カレーも日本人向けにアレンジしてあるような、誰にでも食べやすい味になっています。

本格的なインド&ネパール&バングラデシュ系カレーを食べたい人には物足りないかもしれません。
ですが、立地や駐車場に味付け等、誰にでも易しい感じに作られていますので、インドカレーを初めて食べる人やファミリーでの利用などにはオススメ出来るお店だと思います。
だから、どんどん支店が増えていくんでしょうね。

よっ、この商売上手!

※その後、各務原市にも新店舗が誕生しています。

2016年1月22日に新規開店されたツルシ7号店 インドカレー・TULSI(ツルシ)各務原店 岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町5-36-3

儲かる料理経営学 [ 村田吉弘 ]


インドカレー TULSI(ツルシ) 水海道店
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:インド料理 | 長森駅

2018年9月6日発売 半額クーポン多数
無料&半額クーポン多数
読者登録
LINE読者登録QRコード
食べログ グルメブログランキング
記事検索
日本一の鶏白湯漬け麺が新宿の大行列を並ばなくても食べられる
カテゴリー
タグ絞り込み検索