Airの食べログ日記 岐阜・尾張・名古屋を中心に

岐阜県、愛知県を中心に食べログと連動して外食店のレビューをする、いわゆるグルメブログになります。 プライベートではラーメン屋さんとインド&ネパール&バングラデシュ系のカレー屋さんが中心で、デカ盛りやギガ盛り店にも、仕事では居酒屋さんや焼肉屋さん高級店を中心に訪問しています。 一部、ガラケーの頃にモバゲーの日記でレビューした内容と被っています。

ラーメン本

ご紹介した飲食店は岐阜県愛知県だけでも1000軒を超えました。
閲覧数も累計180万PV超えとなり感謝の言葉もありません。

半額クーポン多数! 最新! 最強! 究極のラーメン2020東海版をレビュー 愛知県(名古屋・尾張・三河)岐阜県三重県静岡県(浜松市)のラーメン専門店219軒&新店80軒&548杯掲載 ぴあMOOK

_20190915_224636

2019年9月6日(木)
愛知(名古屋・尾張・三河)岐阜三重浜松のラーメン好きが、一日千秋の思いで毎年発売を待っている、ぴあMOOK中部さんの『究極のラーメン2020東海版』が発売されましたので、速攻で購入致しました。
そんなわけで今夜はお店ではなくラーメン本のレビューになります。
※何故約1ヶ月経過しているのかは、最後に書いてあります。

『究極のラーメン2020東海版』の購入方法ですが、楽天で究極のラーメン2020東海版1冊だけでも送料無料で購入出来ますし――。

究極のラーメン東海版(2020) 本当にうまい一杯を探す、東海No.1ラーメン本! (ぴあMOOK中部)送料無料

楽天BOOKS 価格:810円



Amazonでも究極のラーメン2020東海版1冊だけでも問題なく送料無料で購入可能となっていました。

究極のラーメン2020 東海版 (ぴあ MOOK 中部)

Amazon新品価格
¥810から


どちらで購入しても良さそうですね。

_20190915_224714

裏表紙は毎年お馴染みのうま屋ラーメンさんの広告です。

_20190915_225205

早速開いてみると、目次には昨年に続き“麺パス”がデカデカとアピールされていました。

_20190915_225224

今年新たに掲載されたニューオープンのラーメン店は80軒。
_20190915_225258
そのままニューオープンのお店の紹介になると思いきや、第8回究極のラーメンAWARD東海版の受賞店の発表になります。
栄えある総合グランプリは、瑞穂市の麺切り・白流さんでした。
昨年の究極のラーメン2019東海版の新店部門で受賞していたお店が翌年にはグランプリって本当に凄いですね。
瑞穂市でも辺鄙といえるナビが無いと辿り着けないような立地にも関わらず行列店となっていますし、実際に美味しかったので、グランプリでも不思議ではありませんでした。

_20190915_225326

新店部門のトップ5は、岐阜市の家系ラーメン・稲葉家・王道之印さん、緑区の拉麺ぶらいさん、岡崎市の銀界拉麺さん、中区の鶴舞公園近くの麺家・幸先坂さん、豊川市の侍麺さんです。

岐阜市の家系ラーメン・稲葉家・王道之印さんは、家系ラーメンが苦手な私でも美味しいと思えてしまうお店でしたのでオススメです。
鶴舞公園近くの麺家・幸先坂さんは、名東区の半蔵さんや中村区麺家・獅子丸さんの兄弟店になります。
オサレな和モダンの店内と意識高めなつけ麺が楽しめます。

拉麺ぶらいさん銀界拉麺さん侍麺さんは未訪問ですので、いつか訪問してレビューしたいと思います。
※でも遠い……。

_20190915_225353

醤油部門では中川区のらぁ麺・紫陽花さん、緑区の酒楽亭・空庵さん、中区の麺家・喜多楽さん。

らぁ麺・紫陽花さんではつけ麺しか食べたことがないので醤油もいってみたいんですが、行列がヤバすぎなんですよね……。
通販も悩みながら未だに買えていませんw

【送料無料】らぁ麺紫陽花監修 醤油らぁ麺 2食入×5袋【冷蔵】

価格:2,980円


酒楽亭・空庵さんの鴨はちらーめんは上質な鴨を堪能できるラーメンというカテゴリで大丈夫なのかと思えてしまうくらいに素敵な和食料理でした。

喜多楽さんは15年くらい前に行ったきりなので記憶が……。
久しぶりに食べに行って確認しなきゃですね。

_20190915_225426

塩部門は、岡崎市の自家製麺・公園前さん、刈谷市の麺・玉響・刈谷店さん、瑞穂区の汐そば雫さんです。

汐そば雫さんのまろやかな塩は美味しかったですね。
まぜそばも上品で素晴らしかったので、胃袋に自信のある人は両方チャレンジしてみてくださいw


味噌部門は、中村区のTokyo miso style IKEDAさん、中区の八龍・千代田本店さん、岐阜市柳津町の麺坊・炗(ひかり)さんです。

どのお店も絶品で、1位と2位が東海地方でありながら赤味噌ではないのに選ばれていることが実力だなって思います。
Tokyo miso style IKEDAさんはトッピングも独特で面白いですし、八龍・千代田本店さんは古き良きタイプなのに現代でも余裕で通用する美味しさなのが凄いです。
麺坊・炗(ひかり)さんは塩がオススメなので味噌部門なのが毎回疑問だったりします。


_20190915_225456

豚骨部門は、南知多町のとんぱ~れさん、天白区の特上豚骨・自家製麺・一陽軒さん、関市の二代目・白神さんです。

特上豚骨・自家製麺・一陽軒さんのクリーミーな豚骨は、豚骨ラーメンが苦手な私でも美味しくいただけました。
とんぱ~れさんや二代目・白神さんにもいつか行ってみたいです。


鶏白湯部門は、春日井市のらぁ麺・飛鶏(あすか)さん、岐阜市のラーメン・イロドリさん、大垣市の鳥そば・真屋さんです。

鶏白湯好きですので、どのお店も開店当初からお邪魔させてもらっています。
どのお店も行列が凄いですが、上質の鶏白湯ラーメンが食べられるので全店オススメです。


_20190915_225529

煮干し部門は、蒲郡市のだし・麺・未蕾さん、中川区のこだわり麺工房たごさん、羽島郡岐南町のニボチャチャ!!ラーメン・あらき軒さんです。


つけ麺は中川区のつけ麺・丸和・春田本店さん、岐阜市のりきどうさん、今池の麺屋玉ぐすくさんです。

つけ麺・舞さんがランクインしなかったことは不思議でしょうがないですが、つけ麺・丸和・春田本店さんの丸和つけ麺や嘉六つけ麺は美味しかったです。


_20190915_225551

汁なし・まぜそば部門は、本巣市のぶっと麺・しゃにむにさん、豊橋市のORIBEさん、長久手市のラーメンめろうさん。

シビ辛部門は、関市のラーメンつけ麺・爆王さん、北区の錦水苑さん、伊勢市の円さんとなっていました。

_20190915_230111
_20190915_230140
_20190915_230221
_20190915_230248

そして、お得な麺パスや半額クーポン。
それ以外にも様々な企画が目白押しなんですが、あとはご購入してご確認下さいw


そんな『究極のラーメン2020東海版』は下記のリンクから購入可能です。

究極のラーメン2020 東海版 (ぴあ MOOK 中部)

Amazon新品価格
¥825から



また、別の出版社が数日前に発売したラーメン本、『ラーメンWalker東海版2020』も、無料&半額クーポン多数でオススメです。
まだ手に入れていらっしゃらない方は、下記のリンクからご購入していただけたら幸いです。

ラーメンWalker東海2020 ラーメンウォーカームック

Amazon新品価格
¥858から



昨日レビューした『ラーメンWalker東海版2020』でも書きましたが、この『究極のラーメン2020東海版』のレビューは本来なら発売間もない1ヶ月前にするべきなんですが、ほぼ完成というところでデータが消えてしまい、心が折れて1ヶ月放置していましたw

そんな訳で、『ラーメンWalker東海版2020』と順番が逆になってしまいましたが、まだ、ご購入されていないラーメン好きの方は、このレビューを機会に是非2冊ともどうぞ。

以上、ぴあMOOK中部さん&角川さんから1円も貰っていないのにステマしてみましたw



究極のラーメン2020 東海版 (ぴあ MOOK 中部)

Amazon新品価格
¥825から







最新最強561杯 無料試食券&半額クーポン総額2万5千円相当! ラーメンWalker東海版2020をレビュー 愛知県(名古屋・尾張・三河)岐阜県三重県の本当に旨いラーメン専門店225軒 KADOKAWA

_20191004_233058
2019年10月3日
愛知(名古屋・尾張・三河)岐阜三重のラーメン好きが、今か今かと毎年発売を待っている、角川さんの『ラーメンWalker東海2020』が発売されましたので、ペイペイで安く購入してきました。

そんなわけで、今夜はお店ではなくラーメン本のレビューをしたいと思います。
_20191004_233131
裏表紙は明星さんの一平ちゃん夜店の焼きそばの広告でした。

明星 一平ちゃん夜店の焼そば 135g×12個

Amazon新品価格
¥1,879から



_20191004_233154
早速開いて目次を見てみるとネオご当地麺を探せとか面白そうな企画が目をひきます。
_20191004_233222
そして、数ページの広告を挟んで、無料試食券の特集ページが始まりました。

最初は表紙にもなっていた中区の鶴舞公園近くの麺家・幸先坂さんからスタートです。
貝とアゴだしの醤油そば800円がクーポン利用で0円になる訳ですから、『ラーメンWalker東海版2020』が780円+税と考えると、この時点で本の代金をペイ出来てしまいます。
_20191004_233251
麺家・幸先坂さん以外の無料試食券が使えるお店は下記の8店舗になります。

岐阜市のラーメン・イロドリさん。
東区の黒毛牛骨ラーメン牛次郎さん。
大府市の麺の坊晴レル屋総本店さん。
幸田町のラーメン屋ばーばら幸田店さん。
瑞穂市の麺切り・白流さん。
北区の豚そば・ぎんや・黒川本店さん。
関市の麺屋・白神・本店さん。

_20191004_233330
_20191004_233401
半額クーポンが使えるお店は下記のお店です。

北名古屋市の中華そば屋・大泉・九さん。
東区の黒毛牛骨ラーメン牛次郎さん。
中区の黒毛牛骨ラーメン牛次郎・栄店さん。
東区の牛テールラーメン木金堂さん。
小牧市のらーめん・まるはち・小牧本店さん。
守山区の和田屋.さん。

後は、晴レル屋系列店が半額or500円ポッキリとなっています。
一宮市の五代目晴レル屋・一宮店さん。
可児市の五代目晴レル屋・可児店さん。
安城市の五代目晴レル屋・安城店さん。
大府市の麺の坊晴レル屋総本店さん。
多治見市の三代目晴レル屋・本店さん。
刈谷市の三代目晴レル屋・刈谷店さん。
稲沢市の二代目晴レル屋・稲沢店さん。
豊明市の二代目麺の坊晴レル屋・豊明店さん。
伏見のぎん晴れ55総本店さん。
刈谷市のぎん晴れ55刈谷店さん。
豊田市の麺の坊・晴ればれさん。
みよしの麺の坊・晴天さん。
豊明市の晴レルヤ酒場さん。

※色つき文字の店舗名をクリックしていただくと各お店のレビューページへ飛びます。
_20191004_233424
また、無料や半額ではありませんが、100円引きやトッピング無料などの、ちょっとお得になるクーポンも多数揃っています。

_20191004_233445
_20191004_233505
_20191004_233530
_20191004_233615
激安クーポンの次は、限定麺ラリーとなっていました。

ミシュランガイド掲載でも話題となった昭和区のらーめん奏さんの11月からスタートする限定の企画で、らーめん奏さんのラーメンなんて、高級食材のワタリガニと大量のチャーシューが入って税込1000円ですから、原価率考えると激安ですね。

その後は、12月が関市の麺屋・白神・本店さん、年明け1月が四日市市の鉢の葦葉さん、2月が瑞穂市の麺切り・白流さん、3月が大垣市の鳥そば・真屋さん、4月が東区の如水・本店さん、5
月が中川区のらぁ麺・紫陽花さん、6月が春日井市のらぁ麺・飛鶏(あすか)さん、7月が岐阜市のラーメン・イロドリさん、8月が羽島郡岐南町のニボチャチャ!!ラーメン・あらき軒さんとなっています。

コンプリートすると、特製レンゲが抽選で当たるそうですよ。
_20191004_233831
その後も新潮流ニュース27連発。
_20191004_234040
ネオご当地麺を探せ!
_20191004_234134
ラーメンウォーカーグランプリ結果発表に東海
の旨い店84軒など色々ありましたが――。

これ以上はご自身の目で御確認をしてみてください。


そんな無料&半額クーポン多数な『ラーメンWalker東海版2020』は下記のリンクから購入可能です。

ラーメンWalker東海2020 ラーメンウォーカームック

Amazon新品価格
¥858から



また、別の出版社が1ヶ月前に発売したラーメン本、『究極のラーメン2020東海版』も、半額クーポン多数でオススメです。
まだ手に入れていらっしゃらない方は、下記のリンクからご購入していただけたら幸いです。

究極のラーメン2020 東海版 (ぴあ MOOK 中部)

Amazon新品価格
¥825から



ちなみに、本来なら1ヶ月前に『究極のラーメン2020東海版』のレビューをするべきところなんですが、実際には書いていて、ほぼ完成というところでデータが消えて心が折れたため放置していましたw

そんな訳で、『ラーメンWalker東海版2020』と順番が逆になってしまいましたが、明日『究極のラーメン2020東海版』のレビューを続けてしようと思います。

まだ、ご購入されていないラーメン好きの方は、このレビューを機会に是非2冊ともどうぞ。


ラーメンWalker東海2020 ラーメンウォーカームック

Amazon新品価格
¥858から




無料試食券&半額クーポン多数! 東海の激ウマ麺410杯 ラーメンWalker東海版2019をレビュー 愛知県(名古屋・尾張・三河)岐阜県三重県の美味しいラーメン専門店を探すならこの一冊! KADOKAWA

_20181006_153137
2019年10月5日(金)
愛知(名古屋・尾張・三河)岐阜三重のラーメン好きが、今か今かと毎年発売を待っている、角川さんの『ラーメンWalker東海版2019』が発売されましたので、電光石火でネット購入致しました。
そんなわけで今夜は、1ヶ月前の究極のラーメン2019東海版の時のように、お店ではなくラーメン本のレビューをしたいと思います。
Amazon 新品842円税込・送料無料

スポンサードリンク

_20181006_155126
裏表紙は明星さんのぶぶか油そばの広告でした。

Amazon 送料無料
明星 ぶぶか 油そば 165g×12個

新品価格
¥2,825から


_20181006_155218
早速開いて目次を見てみると、東海でいま本当に行くべき100軒という特集が目をひきました。
これが、今年創刊10周年を迎えたラーメンWalkerさんの目玉なのかもしれません。
_20181006_155246
そして、次のページをめくると、例年は巻末に掲載されていた無料試食券&半額クーポンにエンカウントしました。

ラーメンWalker東海版を購入する理由の8割が無料試食券&半額クーポンですから、いきなり目玉商品を全面に押し出してくるのは、なかなかに攻撃的ですね。
音楽でいうところの頭サビですから、後半息切れするリスクを負いながらも攻めるスタイルというのは好感が持てます。

680円+税だった究極のラーメン2019東海版より100円高い定価780円+税ですから、半額券を2枚使っても本の代金の元が取れないケースがありますが、ラーメンWalker2019東海版にはラーメン(まぜそば)が1杯タダになる無料試食券が付いてくるので、元は余裕で取ることが出来ます。

無料試食券が使えるお店は下記の8店舗になります。
岐阜市のラーメン・イロドリさん。
瑞穂市の麺切り・白流さん。
北区の豚そば・ぎんや・黒川本店さん。
守山区の和田屋.さん。
幸田町のラーメン屋ばーばら幸田店さん。
大府市の麺の坊晴レル屋総本店さん。
関市の麺屋・白神・本店さん。
東区の黒毛牛骨ラーメン牛次郎さん。

半額クーポンが使えるお店は下記の14店です。
大府市の麺の坊晴レル屋総本店さん。
北名古屋市の中華そば屋・大泉・九さん。
東区の黒毛牛骨ラーメン牛次郎さん。
守山区のTOBIMARU-TAIWAN SIO-さん。
小牧市のらーめん・まるはち・小牧本店さん。
多治見市の三代目晴レル屋・本店さん。
みよしの麺の坊・晴天さん。
豊田市の麺の坊・晴ればれさん。
稲沢市の二代目晴レル屋・稲沢店さん。
刈谷市の三代目晴レル屋・刈谷店さん。
一宮市の五代目晴レル屋・一宮店さん。
伏見のぎん晴れ55総本店さん。
刈谷市のぎん晴れ55刈谷店さん。

※色つき文字の店舗名をクリックしていただくと各お店のレビューページへ飛びます。
_20181006_155305
_20181006_155336
また、無料や半額ではありませんが、100円引きやトッピング無料などの、ちょっとお得になるクーポンも多数揃っています。
_20181006_155402
_20181006_155429
ラーメンWalker創刊10周年記念はspecialコラボ3連発ということで、その一つ目が高級食材をテーマにした限定麺です。

中川区のらぁ麺・紫陽花さんは鹿児島産の六白黒豚を使用した次郎インスパイア系ラーメン。
千種区の中華蕎麦・生るさんは真鱈の白子の鶏白湯ラーメン。
春日井市のらぁ麺・飛鶏(あすか)さんは金華豚と比内地鶏のトリュフオイルのラーメン。
岐阜市のラーメン・イロドリさんは雲丹とホタテの鶏白湯ラーメン。
四日市市のそにどりさんは伊勢エビの海老ワンタン。

中川区のらぁ麺・紫陽花さん以外は全て1000円超えの高級ラーメンなので、お財布と相談して訪問してみてください。
_20181006_161330
スペシャルコラボのその2は、明星×SKE48×ラーメンウォーカーのカップ麺です。
2018年11月12日発売で、シビ辛の鶏白湯なんだそうです。
_20181006_162332
スペシャルコラボその3は、名古屋ラーメンまつり2019にラーメンウォーカープロデュース店を出店されることだそうです。

岐阜市のラーメン・イロドリさんと羽島郡岐南町のニボチャチャ!!ラーメン・あらき軒さんという関市の麺屋・白神・本店さんから独立された岐阜県を代表する2つの人気店が登場されるということなので、期待が持てますね。
_20181006_162356
そして、栄えあるラーメンウォーカーGP2018旨い店ランキング愛知総合部門は1位が中川区のらぁ麺・紫陽花さん、2位が千種区の中華蕎麦・生るさん、3位が千種区の総本家・好来道場さん。

それから、岐阜県や三重県、そして新店や各部門のランキングや目玉特集である東海でいま本当に行くべき100軒などは――。

後はキミの目で確かめてくれwww(昔の攻略本乙)


そんなラーメンWalker東海版2019は下記のリンクから購入可能です。

ラーメンWalker東海 2019【1000円以上送料無料】

価格:842円
楽天市場


楽天からだと1000円以上で送料無料なので、楽天ポイントなどの関係で楽天市場で購入される場合は別の商品も購入しないと送料が掛かる為、御注意ください。

ラーメンWalker東海2019 ラーメンウォーカームック

新品価格
¥842から

Amazonで購入


AmazonからだとラーメンWalker東海版2019が1冊だけの購入でも問題なく送料無料になるのでオススメです。
また、ヤフーショッピングにも送料無料の店舗がありましたので、Tポイントの利用を考えている人は上記のリンクを利用されることをオススメします。

また、1ヶ月前に発売した究極のラーメン2019東海版も、半額クーポン多数でオススメなので、まだ手に入れていらっしゃらない方は、下記のリンクからご購入していただけたら幸いです。

楽天市場
究極のラーメン東海版(2019) 東海No.1ラーメン本! (ぴあMOOK中部)

価格:734円

Amazon
究極のラーメン2019 東海版 (ぴあMOOK中部) 送料無料

新品価格
¥734から

半額クーポン多数! 最新! 最強! 究極のラーメン2019東海版をレビュー 愛知県(名古屋・尾張・三河)岐阜県三重県静岡県(浜松市)の美味しいラーメン専門店を探すならこの一冊! ぴあMOOK

_20180907_161554
2019年9月6日(木)
愛知(名古屋・尾張・三河)岐阜三重浜松のラーメン好きが、一日千秋の思いで毎年発売を待っている、ぴあMOOK中部さんの『究極のラーメン2019東海版』が発売されましたので、刹那でネット購入致しました。
そんなわけで今夜はお店ではなくラーメン本のレビューになります。

楽天市場
究極のラーメン東海版(2019) 東海No.1ラーメン本! (ぴあMOOK中部)

価格:734円

楽天からだと別の商品も購入しないと送料が掛かってしまいますが――。

Amazon
究極のラーメン2019 東海版 (ぴあMOOK中部) 送料無料

新品価格
¥734から

Amazonからだと究極のラーメン2019東海版1冊だけでも問題なく送料無料で購入可能となっていてオススメです。
_20180907_161637
裏表紙は毎年お馴染みのうま屋ラーメンさんの広告でした。
_20180907_161714
早速開いてみると、目次に“麺パス”なる謎の単語が……。
それ以外は特に例年と変化はないみたいなので、麺パスが今年の目玉なのかもしれません。
_20180907_161856
今年新たに掲載されたニューオープンのラーメン店は83軒。
名古屋市中村区のからみそラーメン・ふくろう・名駅店さん、稲沢市の台湾まぜそば・はなび・稲沢朝府店さん、岐阜市柳津町のドラゴンまぜそば・さすけ・柳津店さん、岐阜市の奥美濃古地鶏濃厚鶏白湯らーめん・確固たる決意さんなど、既に何店舗かレビューさせてもらっています。
上記のお店だとからみそラーメン・ふくろう・名駅店さんが一番美味しかったのですが、まだ訪問していない新店ばかりなので、未だ見ぬ名店が沢山あるんでしょうね。
_20180907_161936
ここからは第7回究極のラーメンAWARD東海版の受賞店の発表になります。
_20180907_162026
栄えある総合グランプリは、豊川市の鶏と魚のおだし・ガチ麺道場さんです。
確かにガチ麺道場さんは美味しいので納得の受賞ですね。
製麺師のご主人が作る自家製麺が凄いですし、鶏と魚介の香りが心地好いスープが絶品だったのが思い出されます。
_20180907_162123
新店部門は四日市市のそにどりさん、蒲郡市のだし・麺・未蕾さん、瑞穂市の麺切り・白流さん。
どのお店も未訪問なので、いつかレビューしたいと思います。

※麺切り白流さんは訪問しました。
無料で提供していただいた文殊にゅうとん100%のスープと自家製麺に炭火焼きチャーシューの極上中華そばは白神卒業生の新店 麺切り・白流 岐阜県瑞穂市森860-1
_20180907_162255
醤油部門では中川区のらぁ麺・紫陽花さん、春日井市のらぁ麺・飛鶏(あすか)さん、豊橋市のらぁ麺・幸跳さん、がランクインしていました。

らぁ麺・飛鶏(あすか)さんの醤油は上品で美味しかったです。
でも、鶏白湯も美味しいので、どちらを食べるべきか毎回悩んでしまいます。

らぁ麺・紫陽花さんではつけ麺しか食べたことがないので醤油もいってみたいんですが、行列がちょっと……。
これは通販で買うべきでしょうかw

【送料無料】らぁ麺紫陽花監修 醤油らぁ麺 2食入×5袋【冷蔵】

価格:2,980円


_20180907_162338
塩は瑞穂区の汐そば雫さん、岡崎市の自家製麺・公園前さん、桑名市のらぁめん登里勝さん。

汐そば雫さんの塩はバランス感覚が完璧と言えるくらいの絶妙な円やかさで、チャーシューとかも絶品でした。
まだレビューしていませんが、まぜそばも最高なので、こちらも何を食べようか悩んでしまうお店です。

味噌は中区の八龍・千代田本店さん、岐阜市柳津町の麺坊・炗(ひかり)さん、中村区のTokyo miso style IKEDAさん。
個人的には、麺坊・炗(ひかり)さんは味噌よりも塩の方がオススメです。
_20180907_162432
豚骨は、関市の二代目・白神さん、南知多町のとんぱ~れさん、瑞穂区の愛ごやさん。

愛ごやさんのエスプーマな豚骨は唯一無二な感じのイタリアンなラーメンで、ラーメンというよりパスタが食べたい時に行きたくなりますw

鶏白湯は大垣市の鳥そば・真屋さん、岐阜市のラーメン・イロドリさん、中川区の中華そば・親孝行さん。
鶏白湯好きとしては、文句なく三店ともオススメです。

中華そば・親孝行さんで夜限定で提供される極濃の鶏白湯は東海地方で一番の濃さなので、普通の鶏白湯の飽きた人には是非チャレンジして欲しい一杯です。
image
つけ麺はあま市七宝町のつけ麺・舞さん、中川区のつけ麺・丸和・春田本店さん、岐阜市のりきどうさん。

つけ麺・舞さんは行きたいんですが、行こうと思う度に臨時休業や早期修了で未だに未食です。
つけ麺・丸和・春田本店さんは、またおま系なんですが、白菜の甘みがあって個人的に好きです。
りきどうさんの和風な味も良いですね。
久しぶりにりきどうさんのレビューを読み返したら、ノリピーとPCエンジンの話ばかりでワロタwww
image
汁なし・まぜそばは、本巣市のぶっと麺・しゃにむにさん、中川区のこだわり麺工房・たごさん、南区の麺屋・又兵衛さん。
そういえば、しゃにむにさんの隣の三心・北方店さんが閉店していて驚きました。
_20180907_162555
番外編には、東区の貝汁らぁめん・こはくさんや羽島郡笠松町の焼豚ラーメン三條さんなど、確かに貝汁らぁめん・こはくさんのラーメンでは普通お見掛けしない魚介類によるメニューが面白いです。
_20180907_162655
殿堂店のコラボメニューリレーは、一宮市の麺屋三郎さん、昭和区のらーめん・奏さん、四日市市の鉢ノ葦葉さん、豊田市の麺創・なな家さん、半田市の麺屋・さくらさん、瀬戸市の麺座・かたぶつさん。

スタートの麺屋三郎さんはウニトンという雲丹の溶けた豚骨ラーメンで2018年9月~10月の昼夜各10杯限定の提供です。
_20180907_162730
らーめん・奏さんはサバがダバッと入るサバダバソバという鯖と魚介と煮干しのラーメン。
こちらは、2018年11月~12月の土日のみ10杯限定の提供です。

四日市市の鉢ノ葦葉さんは蜜柑やリンゴがトッピングされたセミドライフルーツとオリエンタルスパイスの味噌ラーメン。
素人がマネしたら地雷にしかならないメシマズスレとかに登場しそうな謎の組合わせですが、そこはプロですから、きっと美味しいんでしょうね、……たぶんw
こちらは、2019年1月~2月の1日10杯限定の提供です。
_20180907_162802
麺創・なな家さんは赤と黒のナイトドレス。
ジビエスープ(猪?)にトマトの酸味とブラックペッパーの刺激を加えたラーメンだそうです。
こちらは、2019年3月~4月の提供です。

麺屋・さくらさんは冷やしトマト麺。
オリーブオイルと醤油が効いたスープにたっぷりのトマトなイタリアンな一品だそうです。
こちらは、2019年5月~6月の1日10杯限定の提供です。
_20180907_162840
麺座・かたぶつさんは灰泥冷やしとなっています。
魚醤や煮干しが効いたドロッとしたスープだそうです。
こちらは、2019年7月~8月の木~月のみ10杯限定の提供です。

どれも期間限定ですし、限定数量のお店がほとんどですので訪問の際はお気をつけください。
_20180907_163432
そして、今回からスタートした新企画がこちらの麺パスです。

画像の赤地に白文字の名刺サイズのカードを切り取って、使用可能な店舗でオーダー時に提示すると、トッピングが無料になったり金額がワンコインの500円になるなどのサービスを提供してもらえるそうです。

ここまででも、毎回店ごとのクーポン券を切り取って準備する手間が省けて便利ですが、更に凄いのは、約1年間来年2019年9月末日まで何回でも使用可能ということです。
_20180907_163523
麺パスが使用可能なのは全部で61店舗。
_20180907_163613
中川区の中華そば・親孝行さん、北区の豚そば・ぎんや・黒川本店さん、北区のまぜそば・らーめん・純也・中切店さん、春日井市のらーめん・まるはち・春日井店さん、岐阜市柳津町のドラゴンまぜそば・さすけ・柳津店さん、岐阜市の奥美濃古地鶏濃厚鶏白湯らーめん・確固たる決意さん、本巣郡北方町の麺屋・秀さん、本巣郡北方町のつけ麺・天下さん、瑞穂市のかいえんさん、各務ヶ原市のぴり辛らーめんの店・SHIGEさん、各務ヶ原市のラァメン・cocco(コッコ)さんなど、何度か訪問しているお店が掲載されていました。
それでも未訪問のお店が圧倒的に多いので、麺パス巡りしてみるのも良いですね。

※店名をクリックしていただくと詳しいレビューが表示されます。
_20180907_163738
_20180907_163831
そして、忘れてならないのが毎年のお楽しみ半額券です。
究極のラーメン2019東海版を購入する理由の8割が半額クーポンの存在だといっても過言ではありません。
定価680円+税ですから、半額券を2枚使えば本の代金の元が取れてしまう計算ですから、買わない理由や使わない理由がありません。

北名古屋市の中華そば屋・大泉・九さん、中川区のラーメン・真心堂さん、春日井市のらーめん・まるはち・春日井店さん、岐阜市の奥美濃古地鶏濃厚鶏白湯らーめん・確固たる決意さん、北区のまぜそば・らーめん・純也・中切店さん、各務ヶ原市のラァメン・cocco(コッコ)さん、各務原市の湯麺・戸塚・各務原店さん、本巣郡北方町の麺屋・秀さんなど、24店舗のラーメン・つけ麺・まぜそばを半額で食べることができます。
_20180907_162926
_20180907_163001
また、上記以外にも東海地方の様々なラーメン店が名古屋市から順番に掲載されています。
_20180907_163030
_20180907_163107
全部で480杯ということなので、毎日一杯では一年間で食べきることは不可能ですねw
_20180907_163225
_20180907_163144
煮干鰮らーめん・圓・名古屋大須店さんとか、ニボニボで良かったです。
_20180907_163308
_20180907_163356
好陽軒(こうようけん)さんの食べても食べても無くならない極太メンマも好きです。
_20180907_164055
_20180907_164016
尾張だとやっぱり華丸さんでしょうか。
和風な定番品も好きですが、やっぱり限定のあさり潮つけ麺が毎年楽しみです。
_20180907_164227
_20180907_164306
岐阜県はラァメン・cocco(コッコ)さん、ぴり辛らーめんの店・SHIGEさん、らーめんNageyari(なげやり)さんなど、各務ヶ原市の層の厚さが目立ちます。
_20180907_164348
また、三重県もありますし、数は少ないですが、静岡県の西部、浜松市あたりのラーメン店も掲載されていました。
この中だと唯一天日地鶏さんだけ訪問していますが、何せモバゲーの日記でレビューしていたという10年くらい前の話なので、歩き疲れたことと美味しかったこと以外の記憶がありませんw

そんなわけで、発売したばかりの究極のラーメン2019東海版のご紹介でした。
一年間有効の半額券や麺パスなどを使えば、680円+税の値段は直ぐに回収出来てしまうので、実質無料(むしろプラス?)というお得な1冊となっています。

Amazonで購入するのが送料無料で一番お得だと思いますが、そのまま購入するよりも、先にAmazonギフト券(これも送料無料)を購入してからの方がメリットが多い人もいらっしゃると思います。
その場合は、下記からAmazonギフト券を購入していただけたら有り難い限りです。


その後は究極のラーメン2019東海版もお忘れないようお願い致します。

以上、ぴあMOOK中部さんから1円も貰っていないのにステマしてみましたw

究極のラーメン2019 東海版 (ぴあMOOK中部) 送料無料

新品価格
¥734から

半額クーポン多数
無料&半額クーポン多数
読者登録
LINE読者登録QRコード
食べログ グルメブログランキング
記事検索
日本一の鶏白湯漬け麺が新宿の大行列を並ばなくても食べられる
カテゴリー
タグ絞り込み検索