Airの食べログ日記 岐阜・尾張・名古屋を中心に

岐阜県、愛知県を中心に食べログと連動して外食店のレビューをする、いわゆるグルメブログになります。 プライベートではラーメン屋さんとインド&ネパール&バングラデシュ系のカレー屋さんが中心で、デカ盛りやギガ盛り店にも、仕事では居酒屋さんや焼肉屋さん高級店を中心に訪問しています。 一部、ガラケーの頃にモバゲーの日記でレビューした内容と被っています。

アイスランド

ご紹介した飲食店は岐阜県愛知県だけでも1000軒を超えました。
閲覧数も累計180万PV超えとなり感謝の言葉もありません。

キャノンギャラリーの地下にあるスタバで泡の断層のムース・フォーム・ラテ スターバックスコーヒー名古屋インターシティ伏見店 愛知県名古屋市中区錦1-11-11 名古屋インターシティB1F

_20190116_140146
名古屋市中区錦の名古屋インターシティ地下1階にあるスターバックスコーヒー名古屋インターシティ伏見店さんへ相方さんと行ってきました。

西へ少し行ったところには青柚子さん、南へ少し行ったところにしげ・伏見店さんや月ひめさんが在るので、美味しいお店が多いエリアというイメージです。
_20190116_140011
元々の目的はスタバではなく、名古屋インターシティの1階にあるキャノンギャラリーさんです。
_20190116_135703
年末に東京の銀座で開催されていたアイスランドの景色を撮影した地球創世・野町和嘉写真展が、2019年1月7日~1月16日にキヤノンギャラリー名古屋さんでも開催されるということが理由です。
_20190116_135613
名古屋は既に終了してしまいましたが、2019年2月21日~2月27日にキヤノンギャラリー大阪さんで開催されるそうです。
_20190116_135425
_20190116_135441
_20190116_135500
御興味のある方は是非大阪で御覧になってみてください。
Point Blur_20190116_135908
そんな感じでアイスランド写真展を見終わって、夕食までの時間調整を兼ねて地下の飲食店街へ行くことにしました。
現在真っ白になっているところにはあんかけスパゲッティーのチャオさんが入店されるそうです。
_20190116_135731
地下といっても太陽の光も当たる状態になっているので、地下街という感じはしませんでした。
_20190116_140451
店内はほぼ満席で、勉強している学生さんや、ノートパソコンをカタカタッターンしている意識高い系がいるいつものスタバです。
_20190116_140238
なんとか一つだけテーブルが空いていたので座ることが出来ました。
ちなみにレジで店員さんに、お先に席の確保をオススメされたので、私が席取りをして相方さんに注文を任せたので、私のメニューが何かドキドキしているとーー。
_20190116_140306
ムース・フォーム・ラテ

なんか、凄い泡々の美味しそうなラテを持ってきてくださいました。
_20190116_140600
この泡が凄いです。
無脂肪乳らしいのですが、決め細やかさだけでなく、液体と固体の中間くらいの弾力があるので、飲むのではなくスプーンですくって食べる感覚でした。
ムースの層の下にあるカフェラテは、思ったよりも苦味のあるタイプで、ムースと合わせていただくことで中和されて飲みやすくなりました。

自分自身で選んでいたら頼まなかったであろうメニューだったので、たまには自分で選ばないというのも、新しい発見に繋がって面白いですね。

よし、今週末のG1フェブラリーステークスは、自分で考えずに人の意見で買うことにしますかwww

見える……見えるぞ……。 
こういう時だけ自分の考えた予想なら買っていたであろう穴馬が来る未来がwww

↓関連レビュー↓
デンマークで日本人初のバリスタになったオーナーによる北欧カフェ トランクコーヒースタンド・グローバルゲート店 (TRUNK COFFEE STAND) 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート1F

送料無料 スターバックス コーヒー ギフト オリガミ ドリップコーヒー セット スタバ SB-30E 内祝い お返し 結婚内祝い 引き出物 出産内祝い 引越し 挨拶 快気祝い 香典返し 祝い プレゼント

価格:3,070円

感想(58件)


関連ランキング:カフェ | 伏見駅丸の内駅国際センター駅

スターバックスコーヒー 名古屋インターシティ伏見店カフェ / 伏見駅丸の内駅国際センター駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

2018年4月27日ニューオープンしたアイスランド大使館も推奨の物販もある北欧カフェでBollurをいただきました アイスランドマーケット(Iceland Market) 愛知県名古屋市名東区社が丘1丁目1605 1F

Point Blur_20180508_214343
2018年4月27日に新規開店されたばかりの名古屋市名東区にあるアイスランドマーケット(Iceland Market)さんに相方さんと行ってきました。

2016年の12月にミッドランドスクエアの特設会場で『アイスランドフェア 火と氷の国 13人のサンタクロース』というイベントをされて、カフェや物品販売をされた時にも相方さんと訪問しましたが、この度遂に実店舗を持たれたそうです。
_20180508_211720
お店の目の前にあるコンビニ跡地が臨時駐車場となっていました。
_20180508_212511
スペースはたっぷりなので、駐車には困らない感じです。
_20180508_212932
店内に入ると直ぐにショーケースがあり、アイスランドのシュークリーム、ボッルール(Bollur)が売られていました。

こちらのお店のメニュー表ではボッルールではなくポルールとなっていましたが、ボラと書かれているケースも見かけますし、Bolludagur(ボッルダーグル)の方がアイスランドでは一般的です。

アイスランドの首都ですら、レイキャビクなのかレイキャヴィークなのか書いている人によって片仮名表記がバラバラなくらいですから、アイスランドの言葉を日本語の読み方にするのは難しいですし、どれも正解ってことなんでしょうね。

Bollurは『シュークリーム』のことで、元々は『丸いパン』という意味なんだそうです。
ただ、アイスランドで産まれた食べ物ではなく、元々はスウェーデンの『セムラ』が北欧の間で巡り巡りデンマークを経由して伝わってきたようです。

ちなみにBollurは日常的に食べるお菓子ではなく、イースターの前に断食をする為に冬眠前のクマのように食い溜めをしたりする3日間が制定されているんですが、イースター7週間前の月曜日がBolludagur(ボッルダーグル)というシュークリームを食べまくる日。
※ボッルダーグルは他の北欧のポルール(Bollur)

翌日の火曜日がSprengidagur(スプレンギダーグル) というラム肉を食べまくる日になっています。
最後に灰の水曜日と呼ばれるOskudagur(エスクダーグル)に子ども達が仮装をして色々なお店でお菓子を貰って回るというハロウィーンみたいなことをするそうです。

アイスランドのラム肉は美味しかったので、Sprengidagur(スプレンギダーグル) の日はちょっと行ってみたいですね。
Point Blur_20180508_214458
店内はオープンキッチンで、アイスランド人と思われる店員さんが黙々と作業をされていました。
Point Blur_20180508_214630
また、木材とコンクリートがいい感じに融合していて、普通にオサレなカフェとして利用出来ます。
_20180508_212322
本棚の本は読んでも良いそうで、アイスランド関係の本ばかりですから、読んでいると現地へ行きたくなってしまうかもしれません。
_20180508_212623
テラス席もありますので、これからの季節には利用したくなる人も多いのではないでしょうか。
_20180508_212159
そんなアイスランドマーケット(Iceland Market)さんは、私達が訪問した時には料理の種類も限られていました。
でも、2日前の2018年5月10日からメニューを増やして本格的なスタートをされたので、これから行かれる人がちょっと羨ましくもあります。

アイスランドのラム肉料理や、アイスランドの国民食、チーズとヨーグルトの中間のような味のスキール(skyr)あたりがメニューに加わっているのなら是非再訪問したいです。
_20180508_212252
ポルール・アーモンド300円
フルーツアイスティー350円

上記のようにポルール(Bollur)はイースターの準備で食べる物なので、私達がアイスランドへ行ったときは時期が違っていて食べる機会がなく、今回が初体験です。
※ポルールはアイスランド語だと一般的にはBolludagur(ボッルダーグル)

相方さんがクリームカスタード280円を注文されたのでアーモンドとシェアしていただいたのですが、20円の違い以上にアーモンドの方が美味しかったです。
香りと食感が良く、もちっとした生地の口当たりも面白かったです。
ただ、シュークリームかと言われるとちょっと別物な感じで、もちもちぽにょっとした食感の菓子パンみたいな印象でした。
_20180508_213905
アイスランドマーケット(Iceland Market)さんには物品販売のコーナーもあるので、食べた後に見に行きました。

化粧品や衣類など、ちょっとお高いですが、アイスランドでないと購入しにくい商品が色々とならんでいます。
_20180508_213929
Omnom Chocolate(オムノムチョコレート)の正規代理店だそうで、沢山並んでいました。
_20180508_213840
試食もあるのが嬉しいですね。
_20180508_213816
少しいただきましたが、カカオ成分多めなビターな味わいで、大人向けという印象です。
アイスランドではヘプンのネットーレイキャビクのブーナスでアイスランドのチョコレートをお土産で購入したんですが、Omnom Chocolate(オムノムチョコレート)は置いてなかったので、こちらもBollurと一緒で馴染みがないんですよね。

アイスランドのスーパーで売られていたチョコレートの値段も日本と変わらないくらいだったのですが、わざわざ輸入するくらいですから、贈答用の高級品のチョコレートなのでしょうか?
そんなことを考えながら値札を見てみると――。
_20180508_213738
せせせっ、せんごひゃくえん!?

こっ……、これは高級品ですわ……。

手に取ったチョコレートの箱をそっと元の場所に戻したことは言うまでもありません。
でも、周囲は高級住宅地ですし、逆にこの値札の方が売れるかもしれないなーなんて思いながら、試食のチョコレートをもう一枚だけいただきましたw

北欧 骨付き ラムチョップ 2本入り 【アイスランド】

価格:1,728円

[5000円以上で送料無料] アイスランドお土産 | オーロラチョコレート【181286】

価格:1,836円


関連ランキング:カフェ | 本郷駅上社駅

アイスランドマーケットカフェ / 本郷駅上社駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

アイスランド旅行レビュー一覧(成田空港とデンマークのコペンハーゲン空港やお知らせも含む)
成田空港に新規オープンしたとみ田の新店 日本の中華そば富田 千葉県成田市三里塚御料牧場1-1 旅客ターミナルビル・中央ビル4Fのレビュー
アイスランドからブログについてのお知らせ
「恥ずかしながら帰って参りました」取り急ぎ帰国のご報告
アイスランド旅行記その1・初めて食事はアイスランドの首都にある4つ星ホテルのモーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その2 黒砂海岸のレストランはラム肉がボリューミー アイスランド・レイニスフィヤラ・ブラックビーチレストラン(Black Beach Restaurant Reynishverfisvegur,Myrdalshreppur 871,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その3 南アイスランドで北極イワナをいただきました アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その4 初日と違うホテルでもモーニングにはやっぱりアレが アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その5 料理よりもモフモフしたくなる椅子とリアルRPG感満載の風景が魅力的 アイスランド・ホフ・ホフ1ホテル(Hof 1 Hotel・Hof in Oraefi,Hofn 810,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その6 氷河の下を歩く!? 奇跡的な氷の洞窟スーパーブルー&牛 アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その7 氷河が浮かぶ湖&氷が打ち上げられる海岸&港町で海老料理 アイスランド・ヘプン(Pakkhús Restaurant・Krosseyjarvegi 3, 780 Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その8 突然のトラブルによって食べられた野性味溢れる骨付きラム肉 アイスランド・ヘプン・ヘプンホテル(Hótel Höfn・Víkurbraut,Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その9 Air宿泊になったAirホテルはケーキに注目 アイスランド・エイイルスタジル・アイスランドエアーホテル(Icelandair Hotel Herad Egilstadir Miðvangur 5-7,700 Egilsstaðir,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その10 ペンションみたいな雪の中のホテルでラム肉や地熱パンを アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その11 白く染まった黒い城の神が貫いた穴とデカ盛りの鱈 アイスランド・ミーヴァトン セルホテル・ミーヴァトン (Skutustadir,Lake Myvatn 660,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その12 洞窟温泉と地獄谷&鶏料理 アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その13 神の滝&臭みの無いラム肉が食べ放題 sjavarborg-restaurant Strandgata 1 | Top Floor, Hvammstangi 530, Icelandのレビュー
アイスランド旅行記その14 巨大カレイと幻となった温泉卵 Hótel Bifröst 311 Borgarnes Icelandのレビュー
アイスランド旅行記その15 暴風雨と崖とミートスープ Settlementcentre Brakarbraut 13-15,310 Borgarnes,Icelandのレビュー
アイスランド旅行記その16 首都への帰還と地球の裂け目に豪華モーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その17 地球空洞説が唱えられる原因となった巨大間欠泉&鱒料理 アイスランド・ゲイシール・ゲイシールセンター geysircenter,Haukadalur,35,Icelandのレビュー
アイスランド旅行記その18 アイスランド最大手のスーパー&オーロラ鑑賞&チキン アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記その19 首都レイキャヴィーク観光&高級店ランチ Skólabrú Restaurant, Pósthússtræti 17, 101 Reykjavík,icelandのレビュー
アイスランド旅行記その20・最終回 世界最大の公衆浴場&アイスランド最後の晩餐 アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー
アイスランド旅行記・おまけ デンマーク・コペンハーゲン空港にある美味しいパン屋さんの致し方ない唯一の欠点 LAGKAGEHUSET Lufthavnsboulevarden 6,2770 Kastrup,Danmarkのレビュー

朝から晩までカフェとしてもバルとしても利用可能な一宮駅の便利なお店で珍しいハワイアンポチキをいただきました PRONTO(プロント)・尾張一宮駅店 愛知県一宮市栄3-1-1 尾張一宮駅前ビル1F

image
一宮市にあるPRONTO(プロント)・尾張一宮駅店さんへ行ってきました。
店名の通り一宮駅にある店舗でして、東京へ向かう夜行バスの時間調整と夕食を兼ねて利用させてもらいました。
image
店内はカフェとバルを足したような雰囲気でオサレな感じでした。
実際、朝から深夜まで営業されていて、名古屋モーニング発祥の地である一宮市らしく、モーニングからスタートされて、ランチもディナーも楽しめるお店となっています。

座席のコンセントが自由に使えるので、スマホを充電出来るところも便利ですね。
image
image
この時は一品料理を複数ガッツリといただきました。
image
辛子明太子パスタ590円
既に麺に明太子が絡んでいる状態にオンザ明太子なので、思った以上に明太子まみれで濃厚でした。
これは痛風の人には絶対にオススメ出来ない料理だと思いますが、そもそも痛風の人は明太子パスタを食べようとは思わないですねw

★楽天グルメ大賞4年連続受賞★【送料無料】ふくや 家庭用(切れ子)明太子600g・本場博多より直送!【明太子発祥のふくや】

価格:3,888円

感想(5586件)

image
ドライカレー590円
チーズと玉子でまろやかというよりは濃厚な味わいになっていました。
スパイシーな味わいで値段を考えたら結構お得なカレーだと思います。
image
ハワイアンポチキ400円
ソーセージのCMのようにパキッと折れる音が心地良かったです。
想像より辛かったので、賛否分かれそうなメニューでしたが、ジューシーで個人的には美味しかったです。

それにしても、ハワイアンポチキって聞いたことがなかったので検索してみると、沖縄の米軍基地をがハワイで人気のソーセージを輸入して、そのソーセージを沖縄のメーカーが真似て販売しだした時の名前だそうです。
ただ、ハワイではポルトガル風ソーセージという意味のポチュギーズ・ソーセージ、略してポチギと呼んでいたそうなので、本来はポチキではなくポチギが正解なようです。

ポルトガル人が「カンボジアから持ってきた野菜やでー」と日本にカボチャ持ってきたら「ほーん、これカボチャいうんけ」となったりするくらいですから、こういうことはよくあるんでしょうね。

ちなみにこちらで食べた後、夜行バスで東京へ行ってポルトガルでもカンボジアでもなくアイスランドへ行ってきました。
もう一年前も経っちゃったんですねぇ(しみじみ)
※そんなアイスランドのレビューはこちらからどうぞ。

アイスランド旅行記1~20

※大山ハム ハワイアンポチキ 112g_ <デリカ・惣菜・ソーセージ>

価格:400円

感想(9件)


関連ランキング:ダイニングバー | 尾張一宮駅名鉄一宮駅西一宮駅

プロント 尾張一宮駅店ダイニングバー / 尾張一宮駅名鉄一宮駅西一宮駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4

アイスランド旅行記・おまけ デンマーク・コペンハーゲン空港にある美味しいパン屋さんの致し方ない唯一の欠点 LAGKAGEHUSET Lufthavnsboulevarden 6,2770 Kastrup,Danmark

アイスランド旅行記・おまけ

前回
で最終回を迎えたアイスランド旅行記ですが、アイスランドのケフラヴィーク空港から日本への直通便は無い為、成田空港へのハブ空港として訪れたデンマークのコペンハーゲン空港でいただいたパンが美味しかったので、おまけのレビューをさせてもらいます。IMG_20170528_161510
コペンハーゲン空港は、北欧諸国で1番多い年間約2千万人の旅客を扱うヨーロッパの主要な空港ですので、巨大ショッピングモールのように様々なお店が乱立していて非常に活気に溢れていました。

そんな沢山のお店の中で、LAGKAGEHUSETさんの陳列されているパンが非常に美味しそうでしたので、こちらでいただくことにしました。
IMG_20170528_161252
LAGKAGEHUSETさんはコペンハーゲン市内に何店舗もある人気のパン屋さんだそうで、数年前に満を持してコペンハーゲン空港へ出店されたそうです。
IMG_20170528_161352
サンドイッチ系も充実していました。
IMG_20170528_161628
ただ、問題はお値段で、1デンマーククローネが16.5円くらいですから、サンドイッチ1つが1000円近くするというぼったk……ゲフンゲフンw
お求め易くないお値段となっています。

アイスランドの物価も大概でしたが、デンマークは更に凄いですね。
空港内の他のお店も同じような値段設定でしたので北欧の物価の高さをまざまざと見せつけられました。
IMG_20170528_161713
サンドイッチはチキンを挟んだ物を選んでみました。

昨今日本でも流行りの低温調理で処理したタイプの胸肉で、非常に柔らかく食べやすくて、軽めのマスタードの刺激も心地良かったです。
パンも固めではあるものの、ほどほどの固さだったことも良かったです。

これで物価さえ安ければ、オススメしたいんですけどね。
IMG_20170528_161811
もう一つ購入したパンは、クロワッサンの生地がパリパリで食感が良く、胡麻とバターの香りが素晴らしかったです。

こちらも美味しかったんですが、日本円で約350円と高額なのがネックでした。

まあ、根本的にコスパを気にする人は北欧に行こうとは思わないでしょうから問題ないとは思いますが、コペンハーゲンへ訪れた際はご注意ください。
世界三大がっかりの一つである人魚姫の像とのダブルパンチでショックを受けないことを祈っていますw

【送料無料祭】ロイヤルコペンハーゲン イヤープレート 1962年 冬の小さな人魚【あす楽対応】

価格:23,501円

感想(1件)

がっかり観光地と呪いの投網 (B's-LOG COMICS)

アイスランド旅行レビュー一覧(成田空港とデンマークのコペンハーゲン空港やお知らせも含む)

成田空港に新規オープンしたとみ田の新店 日本の中華そば富田 千葉県成田市三里塚御料牧場1-1 旅客ターミナルビル・中央ビル4Fのレビュー

アイスランドからブログについてのお知らせ
「恥ずかしながら帰って参りました」取り急ぎ帰国のご報告

アイスランド旅行記その1・初めて食事はアイスランドの首都にある4つ星ホテルのモーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その2 黒砂海岸のレストランはラム肉がボリューミー アイスランド・レイニスフィヤラ・ブラックビーチレストラン(Black Beach Restaurant Reynishverfisvegur,Myrdalshreppur 871,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その3 南アイスランドで北極イワナをいただきました アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その4 初日と違うホテルでもモーニングにはやっぱりアレが アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その5 料理よりもモフモフしたくなる椅子とリアルRPG感満載の風景が魅力的 アイスランド・ホフ・ホフ1ホテル(Hof 1 Hotel・Hof in Oraefi,Hofn 810,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その6 氷河の下を歩く!? 奇跡的な氷の洞窟スーパーブルー&牛 アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その7 氷河が浮かぶ湖&氷が打ち上げられる海岸&港町で海老料理 アイスランド・ヘプン(Pakkhús Restaurant・Krosseyjarvegi 3, 780 Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その8 突然のトラブルによって食べられた野性味溢れる骨付きラム肉 アイスランド・ヘプン・ヘプンホテル(Hótel Höfn・Víkurbraut,Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その9 Air宿泊になったAirホテルはケーキに注目 アイスランド・エイイルスタジル・アイスランドエアーホテル(Icelandair Hotel Herad Egilstadir Miðvangur 5-7,700 Egilsstaðir,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その10 ペンションみたいな雪の中のホテルでラム肉や地熱パンを アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その11 白く染まった黒い城の神が貫いた穴とデカ盛りの鱈 アイスランド・ミーヴァトン セルホテル・ミーヴァトン (Skutustadir,Lake Myvatn 660,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その12 洞窟温泉と地獄谷&鶏料理 アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その13 神の滝&臭みの無いラム肉が食べ放題 sjavarborg-restaurant Strandgata 1 | Top Floor, Hvammstangi 530, Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その14 巨大カレイと幻となった温泉卵 Hótel Bifröst 311 Borgarnes Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その15 暴風雨と崖とミートスープ Settlementcentre Brakarbraut 13-15,310 Borgarnes,Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その16 首都への帰還と地球の裂け目に豪華モーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その17 地球空洞説が唱えられる原因となった巨大間欠泉&鱒料理 アイスランド・ゲイシール・ゲイシールセンター geysircenter,Haukadalur,35,Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その18 アイスランド最大手のスーパー&オーロラ鑑賞&チキン アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その19 首都レイキャヴィーク観光&高級店ランチ Skólabrú Restaurant, Pósthússtræti 17, 101 Reykjavík,icelandのレビュー

アイスランド旅行記その20・最終回 世界最大の公衆浴場&アイスランド最後の晩餐 アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記・おまけ デンマーク・コペンハーゲン空港にある美味しいパン屋さんの致し方ない唯一の欠点 LAGKAGEHUSET Lufthavnsboulevarden 6,2770 Kastrup,Danmarkのレビュー
LAGKAGEHUSETさんの詳しい情報は下記のリンク先からどうぞ。


http://lagkagehuset.dk/

コペンハーゲン空港は地図だと下記の場所です。
IMG_20170601_121710
IMG_20170601_121741
IMG_20170601_121814
IMG_20170601_121841
IMG_20170601_121922
次回からは平常レビューに戻ります。

アイスランド旅行記その20・最終回 世界最大の公衆浴場&アイスランド最後の晩餐 アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)

IMG_20170528_102831
アイスランド旅行記その20・最終回

Skólabrú Restaurantでお昼をいただいた後にやってきたのは、タイにある架空の犯罪都市ロアナプラ――って、それはブラックラグーン(BLACK LAGOON)www

BLACK LAGOON ブラック・ラグーン 第1期第2期全24話 第3期OVA全5話収録■北米版BD-BOX■

価格:9,890円

感想(2件)


Bから始まるLAGOONでも、ブラックラグーン(BLACK LAGOON)ではなく、世界最大の公衆浴場ブルーラグーン(BLUE LAGOON)です。

世界一治安の良いアイスランドですから、ラッキーストライクとギターウルフ好きの2丁拳銃の中華系アメリカ人や、スカーフェイスのロシア人なんているわけがありませんw
IMG_20170528_103234
アイスランドらしい強風と雨の中、ギャウのような道を歩いていくとブルーラグーン(BLUE LAGOON)にたどり着くんですが、とても写真を撮れそうな状況ではなかったので、外観の写真はありませんw
IMG_20170528_103718
施設内はフィンテックで管理されていまして、上記の画像のリストバンドで買い物や入場などの決済となっていました。
濡れても問題ないので、腕につけたまま入浴になります。
IMG_20170528_103312
日本の温泉とは違い、水着着用で混浴となっていました。

それにしても広い。
面積は約5,000m²と、25mプール8個分の広さですから、世界最大の公衆浴場というのは伊達ではないです。

更に38度と低めなお湯なのに、0度前後の気温+強風と雨でしたので、動くとお湯から離れた箇所が凍えそうになります。
かといって、肩が浸かるくらいに身体を沈めると、お湯が口に入ってしょっぱくてたまらないので、たぶんプール2~3個分程度しか動き回れませんでしたw

ちなみにブルーラグーン(BLUE LAGOON)のお湯がしょっぱいのには理由がありまして、1970年代に現在でもブルーラグーン(BLUE LAGOON)の隣に在るスバルツエンギ(Svartsengi)地熱発電所が建設されたんですが、スバルツエンギ(Svartsengi)地熱発電所では、地下2000m付近にある海水と淡水が混ざった蒸気を吸い上げて発電するんだそうです。

発電した後の蒸気は大量のお湯となって発電所の外の空き地に排出していたらしいんですが、地熱海水に含まれていたミネラル分が溶岩と結合して、いつの間にかラグーンが出来ていたという偶然の産物らしいです。

しかも、それに気付いたスバルツエンギ(Svartsengi)地熱発電所の建設作業員が入浴するようになり、更には皮膚病だった作業員が回復していったりしたもんですから、どんどん評判となって、1987年に一般向けとして正式にオープンし、現在のブルーラグーン(BLUE LAGOON)となったそうです。
IMG_20170528_103344
現在では皮膚病よりも美顔がウリのようで、温泉の中央にある上記の建物では泥パックを提供してくれます。
有料と無料の物があるので、私はもちろん無料の泥パックにしましたが、桃井かおりもビックリの湯上がり卵肌になりました……と思いたいですw

それにしても、アニメだと1クールの7話目前後でテコ入れとして温泉回(水着回)を注入することが一般的なのに、最終回でやってしまいました。
まあ、水着は全部モザイク処理しましたので、水着回とは呼べませんがw
IMG_20170528_103748
そして、アイスランドでの最後の晩餐は三日連続のレイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík)です。
IMG_20170528_103909
先ずは前菜は下味がしっかりとついたサーモンです。
IMG_20170528_103955
そして、メインディッシュは鱈となっていました。
どうやら、初日が牛肉で二日目が鶏肉とお肉が続いたので、三日目の今夜はお魚尽くしのようです。
IMG_20170528_104107
デザートはベリーの酸味とキャラメルの甘味が心地よかったです。
IMG_20170528_104158
そして翌朝は、飛行機の関係で4時頃に起き、バタバタしながらホテルを後にしました。
その後、空港のあるケフラヴィークへ向かい、ハブ空港のコペンハーゲン行きの飛行機に乗ってアイスランドを後にしました。

遅筆の為、半年も掛かってしまったアイスランド旅行記は今夜で終わりです。
長期間お付き合いいただきありがとうございました。
IMG_20170609_200551

ドラゴンボール (巻17) (ジャンプ・コミックス)

中古価格
¥1から

アイスランド旅行レビュー一覧(成田空港とデンマークのコペンハーゲン空港やお知らせも含む)
成田空港に新規オープンしたとみ田の新店 日本の中華そば富田 千葉県成田市三里塚御料牧場1-1 旅客ターミナルビル・中央ビル4Fのレビュー

アイスランドからブログについてのお知らせ

「恥ずかしながら帰って参りました」取り急ぎ帰国のご報告

アイスランド旅行記その1・初めて食事はアイスランドの首都にある4つ星ホテルのモーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その2 黒砂海岸のレストランはラム肉がボリューミー アイスランド・レイニスフィヤラ・ブラックビーチレストラン(Black Beach Restaurant Reynishverfisvegur,Myrdalshreppur 871,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その3 南アイスランドで北極イワナをいただきました アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その4 初日と違うホテルでもモーニングにはやっぱりアレが アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その5 料理よりもモフモフしたくなる椅子とリアルRPG感満載の風景が魅力的 アイスランド・ホフ・ホフ1ホテル(Hof 1 Hotel・Hof in Oraefi,Hofn 810,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その6 氷河の下を歩く!? 奇跡的な氷の洞窟スーパーブルー&牛 アイスランド・スカフタフェトル・スカフタフェルホテル (Hótel Skaftafell・Skaftafelli 2 Freysnesi,785 Öræfi,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その7 氷河が浮かぶ湖&氷が打ち上げられる海岸&港町で海老料理 アイスランド・ヘプン(Pakkhús Restaurant・Krosseyjarvegi 3, 780 Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その8 突然のトラブルによって食べられた野性味溢れる骨付きラム肉 アイスランド・ヘプン・ヘプンホテル(Hótel Höfn・Víkurbraut,Höfn í Hornafirði,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その9 Air宿泊になったAirホテルはケーキに注目 アイスランド・エイイルスタジル・アイスランドエアーホテル(Icelandair Hotel Herad Egilstadir Miðvangur 5-7,700 Egilsstaðir,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その10 ペンションみたいな雪の中のホテルでラム肉や地熱パンを アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その11 白く染まった黒い城の神が貫いた穴とデカ盛りの鱈 アイスランド・ミーヴァトン セルホテル・ミーヴァトン (Skutustadir,Lake Myvatn 660,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その12 洞窟温泉と地獄谷&鶏料理 アイスランド・ミーヴァトン・ホテルラクスアゥ(Laxá Hótel・Olnbogaás,660 Mývatn,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その13 神の滝&臭みの無いラム肉が食べ放題 sjavarborg-restaurant Strandgata 1 | Top Floor, Hvammstangi 530, Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その14 巨大カレイと幻となった温泉卵 Hótel Bifröst 311 Borgarnes Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その15 暴風雨と崖とミートスープ Settlementcentre Brakarbraut 13-15,310 Borgarnes,Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その16 首都への帰還と地球の裂け目に豪華モーニング アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その17 地球空洞説が唱えられる原因となった巨大間欠泉&鱒料理 アイスランド・ゲイシール・ゲイシールセンター geysircenter,Haukadalur,35,Icelandのレビュー

アイスランド旅行記その18 アイスランド最大手のスーパー&オーロラ鑑賞&チキン アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記その19 首都レイキャヴィーク観光&高級店ランチ Skólabrú Restaurant, Pósthússtræti 17, 101 Reykjavík,icelandのレビュー

アイスランド旅行記その20・最終回 世界最大の公衆浴場&アイスランド最後の晩餐 アイスランド・レイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík・Sigtún 38,105 Reykjavík,Iceland)のレビュー

アイスランド旅行記・おまけ デンマーク・コペンハーゲン空港にある美味しいパン屋さんの致し方ない唯一の欠点 LAGKAGEHUSET Lufthavnsboulevarden 6,2770 Kastrup,Danmarkのレビュー
最後の晩餐をしたレイキャビク・グランドホテル (Grand Hótel Reykjavík)の詳しい情報は下記のリンク先からどうぞ。

Jólahlaðborð | Ráðstefnur | Veislur | Grand Hótel Reykjavík | Grand Hótel
場所は、地図だとこんな感じです。
IMG_20161202_231329
IMG_20161202_231352
IMG_20161202_231308
アイスランド旅行記・おまけへ続く。
2018年9月6日発売 半額クーポン多数
無料&半額クーポン多数
読者登録
LINE読者登録QRコード
食べログ グルメブログランキング
記事検索
日本一の鶏白湯漬け麺が新宿の大行列を並ばなくても食べられる
カテゴリー
タグ絞り込み検索