_20190318_130645
中川区にあるらーめん許々屋(ら~めんここや)さんへ行って来ました。
こちらは2019年3月10日にオープンされたばかりという、開店されて一週間も経っていない新店になります。

それにしても、中川区というと北区のふくろうさんが多店舗化した現在、名古屋で一番行列が長いと言われている紫陽花さんや台湾まぜそばの産みの親であるはなび本店さんだけでなく、牛骨ラーメンのいえろうさんや鶏白湯ラーメンの親孝行さんなど、パッと何店か有名店が頭に浮かぶくらいラーメン激戦区として有名な地域です。

らーめん許々屋さんから徒歩で行けるくらいの距離にも、つけ麺丸和・春田本店さんやぜんコク麺コクさんにこだわり麺工房たごさんがありますし、東海地方No.1のつけ麺店といわれるつけ麺・舞さんからも車なら直ぐに行ける距離ですから、店主さんはドMなのかと心配になってしまいましたwww

ラーメン不毛の地で、異世界転生主人公の如く“俺つぇぇー”した方が儲かると思うんですよね。

でも、賢い店主さんだなと感心したのは、定休日が火曜日(第1・3水曜日)で、近隣のラーメン店が定休日にしている月曜日に営業されていますから、本来他の有名店に行く予定だったお客さんをごっそり獲得出来るので、逆に激戦区であるということは需要も多いと考えると、こちらの方が良い作戦なのかもしれません。

遠方から定休日を調べないまま来て、有名店に行けなかったラーメンフリークホイホイですねw
_20190318_130453
名古屋市内のお店ではありますが、有り難いことにお店の前と裏に駐車場があります。

ただ、お店の前の駐車場には巨大な岩が歩道側に鎮座しているので、駐車する際、特に扉を開ける際には当てないようご注意下さい。
電動スライドドアやガルウイングならセーフw
_20190318_131213
店内はL字型カウンターのオープンキッチンというラーメン専門店らしい造りになっています。
_20190318_131043
また、壁際には行列を意識してか待機出来る椅子も用意されています。
_20190318_130833
新店ですから、御祝いのお花も飾られていました。
オサレで綺麗な店内によく合っていますね。
_20190318_130719
オーダーはラーメン専門店らしく券売機による食券制です。
_20190318_130742
ラーメンは700円からとなっていましたが、画像と説明文があることからも、
和風薬膳醤油ラーメン・全部入り 1100円
和風薬膳味噌ラーメン・全部入り 1100円
濃厚たまり中華そば・レアチャーシュー麺 1000円
この3品がお店イチオシとなっているようです。

薬膳と書かれているように、薬膳ラーメンとして名古屋周辺では昔から知られている好来系のDNAを受け継ぐお店になります。

ただ、好来系でも比較的若くて先進的な中村区の拉ノ刻さんで修行された後に独立されたようで、好来系っぽさはかなり薄まっていましたから、拉ノ刻系と表現した方が正しいかもしれません。

日本の競馬界を一新したサンデーサイレンス系でも、レース中に他の馬へ噛みつきにいって失格になるくらいにサンデーサイレンスの気性の荒らさを受け継いだステイゴールドは、子供も毎回池添騎手を振り落とし続けた三冠馬のオルフェーヴルや、G16勝で約14億円も稼いでいるのに走ってみるまで分からないと関係者をヤキモキさせたり細江純子さんが悲鳴をあげるくらいの出遅れをしたことでも有名なゴールドシップなど、狂気の血を受け継いでいました。

ですが、同じサンデーサイレンス系でも、ハーツクライの子供だと、干草を食べたくても桶の近くに他の馬が居たら近寄らないで仕方なく雪を掘って地面の草を食べたりするジャスタウェイや、レース前のパドックで歩きながら寝てしまい大渋滞を起こすウインバリアシオンといった感じで、サンデーサイレンスの激しい気性の血が薄まっておとなしい馬になるのが面白いですよね。
※競馬を知らない人には分かりにくい例えですいません。

そんな拉ノ刻さん出身のお店ということで、東海地方のラーメン好きの皆さんの間でかなり話題となっているらしく、既にお店には沢山のお客さんで溢れていました。
_20190318_131444
カウンターには色々な説明が書かれていました。
SNSもInstagram・Facebook・Twitterと3つもされているようです。
_20190318_131525
好来系らしく、高麗人参酢も置いてありました。
_20190318_131247
また、ランチタイムはご飯・キムチ・お漬物がセルフサービスとなっていました。
_20190318_131316
普段だったらライスは食べないんですが、この日は朝ご飯を食べていない&お昼も遅めな時間だったこともあったので、ラーメンが提供されるまでの待ち時間にいただきました。
自家製なのか優しい辛さのキムチがご飯に合っていて美味しかったです。

そんなご飯を完食すると、遂にラーメンが運ばれてきました。
_20190318_131608
濃厚たまり中華そば・レアチャーシュー麺(あぶら普通) 1000円
_20190318_131636
券売機にある写真で見ていたとはいえ、この大量のレアチャーシューのインパクトは絶大でした。
何だかテンション上がりますね。

食べてみると、結構肉々しいタイプで驚かされます。
ヘタな肉バルへ行くよりも、満足感が高いお肉なのではないでしょうか。

他のトッピングはメンマとネギ、そして、みじん切りの紫玉葱がスープに浮かんでいました。
脂の量は、少なめ・普通・多めから選択出来るので普通にしてみました。

さっそくスープからいただくと、思っていた以上に大人しい印象で、脂は多めの方が正解だったかもしれません。

ですが、好来系らしく根菜を長時間煮込んだスープは深みが素晴らしく、鶏や豚などの動物系と節などの魚介系がバランス良く成り立っていました。
そして何より、たまり醤油の旨味がガツンと感じられます。
紫玉葱の効果か後味も爽やかで良いですね。
_20190318_131812
メンマは一般的なラーメン店なら太めですが、好陽軒さんなどの好来系の王道のお店と比べると細めで、かなり食べやすくなっています。
_20190318_131753
麺は中太のストレートでした。
ツルッとした口当たりの麺で、やや柔らかく、賛否は分かれるかもしれませんが、醤油ベースのスープとの相性は良かったです。
_20190318_130948
そんな許々屋さんのカウンターの上には、薬膳やスープについての説明が飾られていました。
_20190318_130918
その隣には、許々屋さんという店名の由来が説明されていたんですが、店主さんの名字が許斐さんだから、許々屋さんだったんですね。

許斐さん……ですか。
その内、とんでもテニス漫画を描いたり、CDデビューされる未来を期待していますw
※テニヌ乙www

【中古】テニスの王子様 <全42巻セット> / 許斐剛(コミックセット)

価格:4,698円

感想(2件)


↓関連レビュー↓
これだけで殆どの料理のレベルが格段に上がる天然水を天然醸造法を用いて熟成させた幻の出汁醤油 ヤマコノ味噌平醸造株式会社 岐阜県加茂郡八百津町八百津4501



関連ランキング:ラーメン | 春田駅

らーめん 許々屋ラーメン / 春田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7