トップページ » December 2005
December 2005

ニットスカートのリフォームしました

ニットスカートこれは10年以上前にカーディガンとセットで買ったものの、上下揃いで着たのは2〜3回?というスカートです。
なかなかニットスカートって着る機会はないものです(体型も気になるしねぇ)。

そこでリフォームしようと思いつきました!
最初はショップで見かけたニットバッグを真似てみようと思ってたんだけど、取っ手をどうつけるかを悩んで挫折。

で、思いつきで試してみたのがクッション(というか座布団?)です!これは思いついて即行動に移し、出来上がりまで1時間もかからなかったんじゃないかなぁ?(そうでないと、この年の瀬にできませんよね)

完成!クッションウエスト部分を縫い合わせ、中身を入れてから裾部分をかがりつけて出来上がり。
ウエストにゴムを入れたままだったので、正方形ではないんだけど、椅子に乗せたらちょうどフィットするんです。
これは予定外だけどよかった〜。
すわるとあったかくて、いい感じですよ。

さて、中身に何を入れたかというと・・・続きを読む

ateliermelodyateliermelody  at 22:13コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

仕事おさめ

458a6c1e.JPG先週終業式も済み、私の今年の仕事も終わったのですが、昨日は大掃除(ワックスがけ)があるというので、ボランティア出勤です。
雪はほとんど自宅近くではとけてたのですが、職場に向かうにつれてイヤ〜な予感が。
気候の境目となるトンネル前あたりで渋滞が始まった頃、予感が的中したのを知りました。

トンネルの中を右車線をパトカーがアナウンスしながら通っていきます。
「道路凍結しています。注意して通行してください」
やっぱり〜〜〜
トンネルを抜けると、そこは雪国・・・。

あああ〜中央分離帯に乗り上げてる車が〜〜!
ぎょぎょっ!事故ったのですか、その2台〜〜!
ハンドルとられてお尻フリフリの車もぉ〜〜!

さまざまな修羅場を横目に見ながらも、なんとか無事に到着。
雪が山のようになっているので、金次郎さんの前には駐車できません。
凍った雪をざくざくいわせながら、なんとか駐車して、ホッと一安心。
思えば、この一安心が曲者でした。
一瞬の油断が、悲惨な事態を・・・続きを読む

ateliermelodyateliermelody  at 16:34コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

アフロ金次郎さん

8a648d74.JPGえ〜と、雪がとっても重そうだけど、負けずに勉学に励む金次郎さんです。

今日もすごい雪でした。
県北では大雪警報が出ていたのに、県南では注意報のみのため、学校は平常どおり、ということでしたが、地理的には県南ではあるけど、気候は県北寄りのわが校では、朝から電話が鳴りっぱなしでした。
他の職員は雪かきと登校指導に出払っており、私は電話番を命じられたのですが、まあ鳴ること鳴ること・・・・。電話中に次の電話がかかり、切ると次の電話につながり、それを切ると次の電話に・・・。。。受話器置く暇なし!
欠席の連絡あり、学校あるんですか?の確認あり、登校班の班長さんが来ないという苦情あり、とにかく机の上はメモ用紙であふれかえってしまいました。
さらに連絡なしで登校してこない子への連絡。
休みだと思い込んで家にいる場合あり、親が連絡を怠ってる場合あり、いろいろでした。

そうこうしている間に下校の時刻。
全校一斉下校です。私は5年生の担任が2日前の交通事故のため欠席しているので、クラス担任がわりと、下校引率にも行ったのですが、そりゃもうすんごい雪で。。。
実は班の子どもをすべて送り届けたあと、ふと気づいたことは「・・・戻る道・・・どっち??」・・・
あやうく遭難するかと思いましたよ(笑)。

3857978f.JPGそうそう、今日は自分の忘れっぽさに呆れ返ったんですけど。
集団下校のために、自分が引率する班のメンバーに集合場所を知らせるんですが、いつもは←こんな風に金次郎さんの前にマイカーをとめてるので、「集合場所は金次郎さんの前の、赤い車のとこですよ〜」と知らせたのです。
で、玄関を出た時にふと見ると車がない!!今朝他の場所にとめたっけ?とあたりを見回していて気がつきました。今朝は同僚に乗せてきてもらったことを!!(早く気づけよ)

子どもたちからは「先生、車がありません!」「先生、車はどこですか!?」「車ないよ、どうやって来たの」と口々に聞かれ、「車、忘れてきちゃいました〜!じゃなくて、車で来てないことを忘れてました〜」と大ボケをかましてしまいました(^^;

なんだかんだと大忙しの1日でした。
一応明日から冬休み♪
やりたいことはいっぱいだけど、やらなきゃいけないことがありすぎて、やりたいことは後回しかなぁ。。。まずは年賀状をなんとかしなきゃね。

ateliermelodyateliermelody  at 22:44コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まだ雪が・・

67437bdd.JPGまだ雪の残る通学路の様子です。同じ市内でも、自宅近辺はほとんどとけてるんだけれどね。。。やっぱり寒い地域ですわ。
ちょうど昼頃、下校指導の帰り道に撮影しましたが、長靴(昨年購入したスパイク付き!)なしでは歩くのが難しいのです。

1ヶ月前に起きた、同県内の児童の事件後、毎日登校時と下校時に教職員が当番で通学路に立って見守っています。地域の方も多く出てくださり、みんなで子どもを守る動きが強まっています。もうあんな事件、起こさせないぞ!!

こういう雪の残る日は、雪玉を転がしたり、わざわざ雪深いところを選んで遊びながら帰るもんだから、とっても時間がかかるのです。
1時間ちかく雪の中に立ってるのも楽じゃないけど、万一のことを考えて頑張ってますよ。(だからさっさと歩こうよ、君たち〜)

先週末に降った雪がとけきらないというのに、また今夜は雪が降っています。明日はどうも大雪警報が出そうだということで、終業式を前倒しで今日済ませてしまいました。明日もし警報が出たら小学校はそのまま冬休みに突入してしまうかもしれません。もちろん職員は出勤しないといけません。ひぃ〜・・・運転頑張ります。



ateliermelodyateliermelody  at 12:52コメント(5)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ちくちくブランケットステッチ

258d725c.JPG寒いですねぇ〜〜〜
雪が降ったらなかなかとけないという私の勤務地では、今朝は凍結してましたよ〜。
ハンドルをとられてクネクネ運転している車もいて、怖かったです。。。

さて、今、写真のものを製作中です。
受験勉強を頑張っている、うさぎとひつじのために、チェックのフリースを買ってきました。150×150cmのカット売りで790円。安い!!
それを半分にカットして二人分に。肩掛けにもひざ掛けにもなるような大きさです。裁ちっぱなしでもほつれないけど味気ないので、赤い毛糸でブランケットステッチをしています。結構いい感じでしょ?
ひつじの分は出来上がったので、さっそく使ってますが、結構あったかそうですよ♪
うさぎの分もあともう少し。早く完成させなきゃ〜〜。

フリースのカット布地なら、縫い代の始末も簡単なので、家用に巻きスカートやベストとかも作るのもいいかもしれないなぁ。
あ、柄物もいろいろ出てたから、マフラーとか作るのもかわいいよねぇ。切るだけでできちゃうし。(うずうず)
さて、今日もちくちく頑張りますか♪

ateliermelodyateliermelody  at 21:26コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

安らかに・・・

お花
週末、九州へ行ってきました。
伯母の葬儀に参列するためです。

今までに脳梗塞や心臓の不調などを克服してきた伯母ですが、1ヶ月前に入院し、ちょっと思わしくない状態を知らされていたので、回復を望みながらも常に携帯の着信が気になる毎日を過ごしていたのです。

12月7日、いつもより早めに帰宅できたので、実家に電話することにしました。1度目は話中でしたが、どうしても電話しなくてはいけないよう気がして、再度かけ、「その後、伯母さんはどんな様子?」という問いかけに返ってきたのがその日の午後に亡くなったという訃報だったのです。

9日の金曜日に年休をもらって九州に向かいました。
九州の在来線に乗るのは本当に久しぶりで、通勤に使っていたはずの路線をなつかしみながらも、ほとんど知らない街に来たような感じでした。筑豊線に入ると、もう25年くらい前の法事で乗った以来なので、ガタコンガタコンという列車のリズムがなつかしく、車窓の田園ののどかさを眺めながら、伯母の住んでいた町へと向かいました。

葬儀場の会館に到着すると、前日のお通夜から来ていた両親や兄、そして久しぶりに会う親戚に迎えられました。
棺に眠る伯母は、穏やかな寝顔で、私が高校生の頃に亡くなった祖母にそっくりでした。静かに、しめやかに行われた葬儀の中で、80年の伯母の人生の重みが伝わってきました。驚くほどパワフルで芯の強い生き様に感動さえ覚えるほど。
いよいよ火葬される時、最後だと思うと胸がつまる思いでしたが、1時間後にきれいなお骨となった時には、気持ちにけじめがついたような気がしました。そして、お骨を親族でひとつひとつ骨壷におさめ、すべてが終わりました。

人の死というものは、悲しいし、献身的に介護を続けていた伯父さんや、仲良し姉妹だった母がとても寂しいだろうと思うけれど、こうして段階を踏んで見送ることで、少しずつ悲しみを乗り越えて新たな気持ちに変わっていくのだなあと思いました。

今まで冠婚葬祭では、ただ漠然と親戚が集まるものだというだけの認識でしたが、今回よくわかったことは、こうして集まって昔のことをあれこれと語り、楽しかったことや苦労話を共有するためにあるのだということです。
自分の記憶にない小さな頃のことや、生まれる前のこと、さらには親の子ども時代を知ることのできる唯一の機会なのですね。

妹や弟に慕われる姉である母と、それと同じくらい「兄さん、兄さん」と慕われている父の姿がとても嬉しかったなぁ。
人によくしてあげるということを、身をもって教えてくれてるんだね、お父さん。
偶然にも、葬儀に来ていた初対面の人と話すうちに、その人が父のことを「40年来の恩人」として探していたということが判明してびっくりしました。伯母さんが引き合わせてくれたのかな。。。

いろんなことを思った週末でした。
また明日から新たな日々が始まります。
いろんなこと、頑張らなくちゃ!

ateliermelodyateliermelody  at 23:54コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

2回目行ってきましたよ♪

26e3585c.JPG約束どおり、M先生とご一緒に♪

1回目では全体的なストーリーの流れを主に見ていたので、今回は見逃していた詳細ポイントもしっかり見ることができて、大満足〜!
ぎゃー、なんで歯ブラシ持ってんの(笑)!とか。
いやーん、歌ってるぅ〜〜vvとか。
すっごくかっこよくて、かわいくて、ハリーだけじゃなくて、すべてのキャラが生き生きと青春しててvv

今回も大長編の原作を2時間40分の映画におさめるために、大幅カットしていて、重要(のはず)のキャラクターが全く出てこなかったりしていたんだけど、逆に考えると原作よりもすっきりしててよかったかも。思い切った編集だけど、すごくうまいなぁって思いました。
長々と説明するシーンもなくて、終始アクティブで飽きさない演出でしたね。

さて、本場イギリス人のM先生は、ものっすごく楽しそうに鑑賞してました。セリフをいちはやく耳で聞くことができるので、笑いも早いのです。しかも結構大きな声で。こういう風に感情豊かに鑑賞するのが本当に楽しいんですよね〜。

でっかいハリポタのポップの前で記念撮影。
178僂糧狃、すんごい膝を曲げてくれています(笑)。続きを読む

ateliermelodyateliermelody  at 19:19コメント(4)トラックバック(0) この記事をクリップ!