トップページ » April 2008
April 2008

松葉杖初体験。。。

脚見事にグルグル巻きの脚。

あ、私ではありません。
娘、うさぎ。
靭帯損傷〜〜〜

先週、学校からの帰り、駅に着き、スクールバスからなにげなく降りたとたんにグキッと!

すごい痛みで動けなくなり、駅員さんが車椅子で電車に乗せてくれたそうです。
連絡を受け、到着駅にかけつけたパパが車まで行くのに「おんぶする?」と聞いたら素直に「うん♪」といったって。
二十歳の娘、パパにおんぶされて帰宅〜。

受診すると、骨に異常はないものの、結構腫れて痛みもあるため、しばらく固定するように言われました。

松葉杖もレンタル。
1日100円かかるのね。知らなかった。(笑)

怪我した翌日は休んだものの、翌日学校へ行ったら、坂と階段の多いキャンパスで体中筋肉痛になって帰ってきました(笑)。
腕も足も、悪くない方の足まで痛くなったらしいです。
そりゃ、なれない片足歩行は大変だろうな〜〜
そういうわけで、さらに2日休んで、今日は日曜。
明日から久々に登校予定。(ちょっと不安)

パン友達にはすっごくお世話になったそうで、こういう時の優しさって身にしみるよね。
逆の立場になった時に、優しく接してあげられるように、いい勉強になったね。
そんなお友達に、ちょっとしたお礼にと今日焼いたパンを持っていくそうです。試食したら結構おいしかったけど、見た目、ちょっと焦げ気味かなぁ〜

今日はやっと松葉杖なしで、かかとをついて歩けるようになりました。
完治まではもうちょっとかかりそうだけど、頑張れ〜〜

そんなこんなで、ただでさえ慌しい新学期、娘の病院やら学校やらの送迎で、さらに忙しくしておりました。
あきちゃんも入院してるしねぇ〜〜。
体のどこをいためても、大変なんだと実感しているこの頃です。

そんな中でもパンは毎日焼いてるので、そろそろ落ち着いて、おいしそうな日記にしたいものだと思ってます。

ateliermelodyateliermelody  at 20:19コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

1ヶ月前・・・

宝物の表紙春とはいえ、まだ肌寒い3月の頃。

卒業を控えて慌しく過ごしていました。
1年間密接につきあった6年生なんだけど、いよいよ卒業というのに、最初は態度もだらだらで、返事もしょぼくって。
「こんなんで本当にいいの!?」って情けなくなってたのが、日ごとに成長していって。

最後はすわってる姿を見るだけで、歌声を聞くだけで、涙がおさえられないくらい感動させてくれた。
卒業へ向けての練習、そして卒業式。
1年分の大変さが吹き飛ぶくらいの感動をありがとう。

一生懸命な姿って、どうしてこんなに心を打つんだろう。

卒業式を終えて教室にもどったら
いつのまに書いたんだろう。。。全員が書いた手紙の束をもらいました。
c5b56c30.jpg

最後まで、それほど感情を表に出さない子達が、すっごくいっぱい書いてくれて「6年生のお母さん」って呼んでくれて。
そんなふうに思ってくれてたんだ〜と、またまた感動しました。


そんな卒業式からもう1ヶ月。
それぞれ、中学校で元気にやってることだろうな。。。

私はといえば、なかなか気持ちを切り替えられなくて、手紙を読み返してはみんなを思い出し、うるうるしたり、にんまりしたり。

なぜ「にんまり」なのかというと。

学年で人気ナンバーワンの男の子がいてね。
スポーツマンでかっこいいだけでなく、いつもはシャイなのにやるときはやるっていう立派な子なんだけど。
その子からの手紙に、こんなふうに書いてあったの。
6dffca6b.jpg

えへへへへ・・・(嬉)
いや、母のような存在として、よ?(わかってますって)
担任(女性)から「私には『ありがとうございました』だけだったのにぃ〜〜」と悔しがられました(笑)。


こんなことばを励みに、また新しい6年生との日々を送っています。
1年後、また感動させてくれるかなぁ。
長くて短い1年だけど、悔いのないよう頑張ろうな〜〜〜〜

ateliermelodyateliermelody  at 23:11コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ!