トップページ » 念願のイングリッシュマフィン

念願のイングリッシュマフィン

大好きなイングリッシュマフィンを作りました。
レシピは愛読書の一冊、カンタン流手作りパン(坂本廣子著)から知ってたんですが、マフィンにぴったりのセルクルが1個400円もするため、揃えられずにずいぶん年月がたってしまってました。

今回、なんと型を牛乳パックで作るという方法を知ったのですよ。
コチラのレシピです。
レシピ イングリッシュマフィン***牛乳パックで型も作っちゃおう*** by パティシエママ">

マフィン1で、さっそくつくってみました。

牛乳パック2本で6個分。
切って重ねてホイルを巻くだけ。
使う時はバターを塗らないといけないから、クッキングペーパーを巻いたほうがよかったかなぁ。

で、生地をこねて焼こうと思ったら・・・


マフィン2レシピでは、天板を重ねて発酵・焼き上げをします。
そうすることで、丸くふくらまずにしかも上面にも焦げ目がつく、ということだったんだけど、うちのオーブンは天板を2枚重ねして焼くことができません〜。(知らなかった!)

で、なんとかならないかなって探したのがコチラ。
レシピ ホットプレートで イングリッシュマフィン by ゆきらいん


マフィン3ホットプレートで焼いてみました。
最初にちょっとスイッチを入れてあたためて、スイッチを切ってふっくらふくらむまで発酵させてから、弱火でじっくり焼きました。
上面は膨らまないように手で押さえながら焼いたので、手首にちょっとヤケド…(へらでおさえましょう)

でもなんとかうまく焼けたかな♪


マフィン4朝食は、二つに割って焼いてそのままでも好きだけど、家族の大好物、お決まりのエッグマフィンに。

今までもマフィンをよく買ってきてつくってたけど、自分で焼いたのでできるなんてうれしい〜。

ちょっとレタスがはみ出したり、上面が焦げたりしてるのは、なにしろ平日の朝なので、大慌てで(笑)。
自分が食べたあとに写真をとる時に、前の二つ(春休みのうさぎと、高校入試で学校が休みのひつじの分)に目玉焼きはさみ忘れてるのに気づき、あとではさみなおし…。
ちなみに具は、ハム・チーズ・レタス・目玉焼きに、ちょっとマヨネーズ。
マックのエッグマフィンって何がはさまってたっけ?(忘れた)
・・・
え〜と、もうお気づきかと思いますが、型、結局使ってないです(笑)。
型がなくても、きちんと丸く成型すれば一応丸くはなりますね。
立ち上がりをまっすぐにするには、やっぱり型があったほうがいいですね。
次回はそうしよっと。

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星