アトリエウルル一級建築士事務所

大阪の本町にある設計事務所です。 http://atelier-url.com/index.html

2012年04月

画像

久し振りに映画を見た。
「わが母の記」
タイトルからも想像できるように、映画館にはかなり年齢層の高い方ばかり。
老いて、ボケて、尚、息子を思う母親の気持ちと、母を思う息子の気持ち。
近い将来自分達世代にも必ず訪れるであろう身近な題材だけにいろいろ考えさせられる映画だった。

この映画を見て、ちょっと前の新聞に「物忘れと思い込み」について書かれている記事があったことを
思い出した。若いうちはまだ物忘れも笑い話になるが、いずれ、それが笑い話でなくなる時がくる。又、
ありもしないことをさもあったかのように思う思い込みも、そのうち笑えなくなる…などと書かれていた。

自分はと言えば…多分まだ笑える年代だと思う。
しかし、これこそが思い込みだったりして…。

こわっっっ

                                                                                                   wrote:kawai    
                                                                                                          

河合 003


ようやく就寝前の花粉症緩和薬の服用から解放され、春を満喫できる毎日。
通勤の遊歩道は木陰が嬉しい季節となり、日傘が手放せない。

我が事務所の窓から見える靭公園の木々もいつのまにかグングン伸び、春本番ともなるとお昼時には、人・人・人…で大賑わい。

もしかしたら、もうゴールデンウィークの方もいるのだろうが、今日は午後から施主と打合せ。
来月からは小さい改装工事が2つ始まる。1つはアロマサロン。もう1つは和食のお店だ。

朝から手強い施主に立ち向かう為、必死に図面を仕上げる
窓外の緑を眺めながら…

                                                                         wrote:kawai




河合 006


先週は息子の急性虫垂炎で週初めと週終わりに手術の同意書の印鑑ついたり、入院費を支払いに行ったり…と、慌しい一週間だった。
しかし、せっかくの京都(ちなみに下宿先が京都)。
今、我が家でブームになっている大徳寺近くの京漬物屋「大こう本店」に立ち寄り、美味しい京漬物を購入。
ここは、入ったらいきなりお茶とお漬物15種類ぐらいを試食させてもらえる。
ゆっくり試食した後は美味しかったお漬物を購入…と、うまい具合に流れ作業になっている。
お目当てはラッキョウの赤ワイン漬けと、長芋のお漬物。

河合 027

なかなかゆっくり観光なんてできそうにないが、今日も我が家の食卓には京漬物が並びそれだけで口元がほころぶ。

今晩は目にも鮮やかな可愛い「姫大根」にしよー! 


                                                 wrote:kawai

河合 002

 桜が散り始め、地面はピンク色のじゅうたん。
 気温も日一日と落ち着き始め、ようやく春らしい毎日。
 今朝はモンシロチョウも発見!
 
 しかし、京都祇園では悲惨な事故があったり、北朝鮮ではミサイルが発射とか…。
 幸いミサイルは失敗に終わったようだが、祇園の事故はこの時期だからこそ余計観光客も多く
 被害も大きかったようである。たまったもんじゃない!!
 
 我が事務所のパートナーM氏も歯痛と腰痛、花粉症で三重苦…。
 春はしっかり自己管理しないといけませんなぁ~

                                                                                                             wrote:kawai
 

河合 001

昨日は朝からリフォーム中の富田林の現場へ行き最終の塗装色の確認をし、夕方には先日終わった地域会館の大規模改修の件で工務店に呼び出された。行ってみると各工事業者の職人さんや大工さん親子まで勢ぞろい。
何かと思いきや、おもむろに「感謝状」なるものを一人一人に読み上げ手渡してくれた。
送り主は地域会館の皆さん。
こんなことをされるのは何年ぶりやろうと少し照れながら額に入った感謝状を心から嬉しく受け取った。
ありがとうと言葉にされるのも照れるが、まさかこんなカタチで感謝の心を頂くなんて予想だにしていなかったものだから本当にびっくり!!!

地域会館は元気なおじいちゃんやおばあちゃんが運営されていて、使用頻度もお年寄りがメイン。打合せに伺うとカラオケ教室やダンス教室などで元気なお年寄りを見かける。こちらが反対に元気をもらって帰ってくる。

自分が嬉しかったことは人に返す。反対に自分が嫌だと感じたことは絶対人にはしない。

いつかどこかで返せたらいいな…

                                                                                                                           wrote:kawai


↑このページのトップヘ