アトリエウルル一級建築士事務所

大阪の本町にある設計事務所です。 http://atelier-url.com/index.html

2012年11月

画像 026

先日、友人を通して買った無農薬野菜が届いた。
大根、白菜、セレベス、人参、サツマイモ、日野菜、かぶら、辛味大根、バジル、新米…。
どれも新鮮で美味しそう。
大根の葉っぱはそのまま刻んでお漬物に。
サツマイモの皮もきんぴらにして食べてみた。
はてさて…。人参の葉っぱは???
早速パソコンで検索してふりかけを作ってみた。

画像 030

いつもは捨ててしまう部分もこんなふうにしてみるとカラダによさげな一品に早変わり。
無農薬で野菜を作るなんて本当に大変なことだと思う。
今の世の中、こだわりだしたらキリがないが、こんな機会でなければ好んで食さない
人参の葉っぱも今日は我が家の主役に抜擢だ。

                                wrote:kawai







画像 041

その昔、豊臣秀次が築いた八幡堀。
その八幡堀を白壁の土蔵が建ち並ぶ景色を見ながら、ゆっくり船で見学。
水戸黄門、遠山の金さん、銭形平次、暴れん坊将軍 、必殺仕事人、八丁堀の七人、等々
時代劇の撮影現場にも何度も使われている場所だそうだ。

しかし、そんな八幡堀も、昭和40年代後半には埋め立てられようとしていたそうだ。
今は観光名所として親しまれているが、雑草やゴミ、そしてヘドロの中で汗を流し
清掃活動をされた人々の努力により甦ったらしい。

画像 042

堀の両岸には、写生をしているご老人がちらほら…。
贅沢な時間の過ごし方がうらやましくもある。

                            wrote:kawai

河合 026

先日、近江八幡にある一柳記念館(ひとつやなぎきねんかん)通称ヴォーリズ記念館を訪ねた。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズという建築家が後半生最後まで住んだ住宅であり、現在は記念館として
一般公開されている建物である。
下見板張りの外観。暖炉の煙突。両開きの窓など、洋風建築でありながら内部には障子が
はめ込まれていたり、公開されてはいなかったが和室もあるそうだ。

河合 027

一般的には、メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家と言った方がうなずけるか…。
日本には彼が設計した建物が数多く残っている。例えば、大丸百貨店心斎橋店とか…。

町並みを壊してしまうような建物も数多く見受けられる昨今。近江八幡にはまだ少し、昔の風情が
残っているような気がした。

                                         wrote:kawai



河合 025

たびたびブログにも書いてる通勤途中の風景。
今は秋色になった木々を見ながら、相変わらず徒歩にて通勤。
今日は立冬。少しづついやぁ~な冬に近づいてきたとはいえ、つかの間の紅葉に心がやすらぐ。

河合 023

四季の中では一番好きな季節である秋。
じきに葉も散って裸木となり寒々しい風景へと変わるが、今が見頃の紅葉を
愛でながら、今朝はいつもよりゆっくり駅までの道のりを楽しんだ♪

                                  wrote:kawai






↑このページのトップヘ