アトリエウルル一級建築士事務所

大阪の本町にある設計事務所です。 http://atelier-url.com/index.html

2016年10月

本日、定例の現場。
解体も随分進み、図面では見えなかった部分が露わになることで、構造的な補強や新たな問題点を探し、いろいろなやりとりが進む。

現場は秋の遠足なのか、学生が法隆寺にたくさん列を組んで行き交う。そんな中、昨日は参道には似つかわしくないコンクリートミキサー車が停まり、小学生の足を止める。

観光地での工事は工務店も大変だ。

昨日、今度カフェをされるクライアントと一緒に焙煎設備の見学に…。
いつもは飲むだけのコーヒーでしたが、こんな風に毎日焙煎したてのコーヒーを頂けるなんて最高ですね。

焙煎後のコーヒーは紫外線に弱いらしいので、コーヒー豆にスポットライトをあてたり、透明のビンにカッコよく豆が入ってて、それがインテリアになってるようなお店をよく見かけますが、それって酸化を早めているらしいのです。

へぇ〜〜知らなかった。

いろいろお勉強になります。

今日は自分にとって記念になる日。
カタシモワイナリーのデラウェアボジョレーワインを買って小さく乾杯‼︎
天国の父にも報告。

喜んでくれたかな⁉︎


法隆寺の現場が始まった。今朝は解体途中を再確認。
リノベーションとはいえ、古い木造家屋の解体。図面を書いた当初よりも良くなる事を願って、現場での変更は見積りの範囲内で随所に行う。解体して天井や壁を取っ払ったら意外と綺麗な梁や柱が出てきてそのまま見せて残す…というようなやりとりをこれから行う。
法隆寺は遠足シーズンなのか、学生の列が参道を賑わせている。

現場の帰りの昼食後、念願のジェラートを食べて帰路についた。

さぁ、午後からもデスクワーク、頑張るどぉー。


朝7時37分発の新幹線で東京へ行き、夜20時13分無事新大阪に着いた。
久しぶりの東京までの日帰り出張。
クライアントとの初顔合わせに緊張した一日だった。
毎回、第一印象は大事だとつくづく思う。何か粗相がなかったかなと今日一日を振り返りながら帰路に着く。
それだけに疲れがどっと出る。

それにしても、帰りの新幹線の車内で食べたお弁当のまずかったこと。

疲れが倍増したな…。


↑このページのトップヘ