アトリエウルル一級建築士事務所

大阪の本町にある設計事務所です。 http://atelier-url.com/index.html

2018年02月

遅々として進まない現場。
ようやく、立ち上がりコンクリートを先週半ばに打ち、型枠解体。
来週からは防水工事。

今日は朝からランドスケープの打ち合わせ。
こんな狭い場所だからこそ、建物周囲には気を使いたい!

IMG_2079

事務所近くの『靭鰹節店』さんでいつも買う北海道産の真昆布。
ものすごい美味しい出汁が出るんですよ〜〜
うちは一晩、水に浸けておいてお鍋の出汁なんかに使ったりもするんだけど、一番のオススメはやっぱり湯豆腐かな…。
味も美味しいけど、香りが…たまらない‼︎
スーパーで買う昆布とは月とスッポン。
もちろん鰹節店なので、削りがつおも買ってますが、お料理のこんな一手間がつまらない素人の味もアップしてくれること間違いなし。

FullSizeRender




現場が始まる前も現場の途中も、そして、終わってからも何度もご飯をご馳走して頂いたりした、とても仲良くして頂いたクライアントさん。長い間お待たせした、手すりの取付をいよいよできるかな…と思いながら、今日のバレンタインデーに大好きな甘いチョコレートを持ってお伺いしたら、表札がなくなっていた。電気もついてないし、あれ⁉︎と思い、隣家のおばさん宅のインターホンを鳴らしたら、一年前に突然亡くなられた…との事。
聞き間違いかと思いながらも、どおりでなんの音沙汰もなかったこの一年。おかしいと思いながらも、忙しさで訪問もままならず、今日は少しだけ胸騒ぎがしていた自分に、もしかして、呼ばれたのかと思いながらも、ずっとほったらかしていた自分を悔やみ、しばらく涙が止まらなかった。
高齢のお母様が車椅子でも生活できるようにとリフォームをされたのだが、それだけではない。自分のこれからの人生が豊かになるよう、素敵な空間に包まれて生活していきたいとずっとお話されていた笑顔が忘れられない。
たった2年程しか住んでもらえなかったが、彼女の人生の終末に関われたこと、そして、リフォームをとても喜んで下さっていたあの笑顔が今では救いかな⁉︎
食べてもらえなかったチョコレート。
明日、M氏と二人で食べよう。彼女を思いながら…。

IMG_2046


一番好きな作家宮本輝先生のエッセイ集をやっと手にとった。
ご自分のこと。
いろんな作品の素となったお話。
そして、最後は映画監督行定勲さんの解説。なんとも豪勢な…。エッセイなので一つ一つが短いが、その短い文章にはたくさんの思いが詰まっている。
でも、その時々のエピソードが凄すぎて、あぁ、この作品を書くために、こんなことまでされてたんだ…と、改めて作家の仕事の大変さ、しつこさ(いい意味で)に脱帽してしまう。
そして、宮本輝先生も行定勲さんも、普通なら遭遇しない出来事によく出くわされてる。こんな運命の持ち主には我々凡人はかなわない。体験が凄すぎる。きっと、私なんかの感性とは月とスッポンだ。
これを読んでもう一度、アレとアレを再読しようーとまた新たな楽しみも増えた。
小説を読みだすと止まらなくなり、小説の世界に入り込んでしまうのだが、まだ宮本輝作品を一度も読まれていない方、オススメですよ。どの作品も読了感が半端なく感動します。是非。

IMG_2050


昨年クリスマスより仕事のパートナーであるM氏とのプレゼント交換を中止した。
そして、今年から更にバレンタインデーとホワイトデーも中止とした。
GODIVAのキャッチコピーじゃないけど、やっぱりこういう義理めいたプレゼント交換は辞めた方がいいと思う。

ちなみに私は大のビターチョコ好き。
頑張ってる自分にご褒美(笑)

IMG_2034

↑このページのトップヘ