一週間程前に今、計画中の物件で使ってみようかと考えている木を見に岡山の西粟倉村を訪ねた。
中国自動車道作用JCTから料金無料の鳥取自動車道を走り西粟倉でおりると、目的の「森の学校」
までは約5分。廃校になった小学校には床材の杉やヒノキの他、地元の木を使った家具や生活雑貨が
並べられ、それらを見たあと、100年の森構想として大切に育てられた森を案内してもらった。

圧倒された。

言葉が出なかった。

きちんと手入れされた間伐林には、光が差し込み、一本一本の木がまっすぐ空に伸びていた。
こんな木で家ができたら本当に幸せだろうと思った。

背筋がすっと伸びた。

                                                  wrote:kawai
河合 077