珈琲豆がなくなったので今日は実家近くの『焙煎香房シマノ』に行った。
豆の種類毎に産地、採取された農場が書かれており、甘味、コク、まろやかさ、香り、酸味、苦味が数値で評価されていて、選んだ豆をその場で焙煎してくれる。待っている間に今日のオススメの珈琲もサービスしてもらえる。

珈琲ツウではないが、酸味が強いものだけは苦手だ。初心者なので聞いた事のあるモカマタリにしてみた。サービスの珈琲は舌を噛みそうな名前でエチオピア産のイルガチャフィワイニーという珈琲。ちょっぴり酸味が後をひく珈琲だ。

紙袋には焙煎日と焙煎時間が記されていた。珈琲は飲むよりも豆をひいている時の香りが好きだが、焙煎したての香りも独特な香りで癒やされる。
明日の朝の珈琲が今から楽しみだ。

image

image