父の日に便乗して、鱧懐石を食べに行った。いつもよく行くお店『萌えぎ』。
鱧は昔から『精のつく』食べ物と言われている。その昔、海のない京都まで淡路島から鱧を運んだら、鱧はピンピン生きていたそうだ。そんな事から夏の暑い盛りに元気な鱧を食べると精がついて元気になると言われているそうだ。

今は鱧が最高に脂がのってる時期だが、なかなか鱧鍋や鱧雑炊まで出してくれるお店は少ないだろう。

淡路島の美味しい鱧づくし。
たらふく食べて、父も満足気。
長生きの秘訣はやはり食べることのようだ。

image

image

image

image

image

image