本日、定例の現場。
解体も随分進み、図面では見えなかった部分が露わになることで、構造的な補強や新たな問題点を探し、いろいろなやりとりが進む。

現場は秋の遠足なのか、学生が法隆寺にたくさん列を組んで行き交う。そんな中、昨日は参道には似つかわしくないコンクリートミキサー車が停まり、小学生の足を止める。

観光地での工事は工務店も大変だ。