アトリエから徒歩5分の事務所付き住宅の新築現場では、今日から地盤改良工事が始まった。
冷たい雨が降る中、1本あたり長さ6メートルの柱状改良を約1週間かけて行う。90本弱の柱が3階建て鉄骨造の建物を支える。
本町界隈はどこもかしこも地盤が悪いらしい。この土地の北側には昔、川が流れていたとか…。 
地盤を固めるということは、土台をしっかり作るという事。土台が大切なのは人間だけじゃあない。