2007年03月16日

小学校お受験?!

アトリエ雪の長男は、4月から年長に進級する5歳の男の子です。

健ちゃんがボソッと・・・・
”雄太郎、小学校受験させようか〜”

この一言により、長男の小学校受験が決まりました!!

といっても・・・
*国立小学校が第一志望
*私立小学校は、1校のみ受験

大坂って、国立小学校が3校しかないんです・・・
私立小学校といっても、東京出身のアトリエ雪が全く知らないローカルな小学校ばかり・・・
それならば、別に私立小学校にいくメリットもないので
1校を除いて、受験しません。

何故、小学校受験をするのか?!
*生活態度の見直しのため
 昼間はアトリエにいるため、家事が出来ないアトリエ雪。
夕方、子供達を保育園に向かえに行き、帰宅すると、怒涛の時間が始まります。
夕食作り、洗濯掃除・・・・
子供達は、ママが相手をしてくれないので、TV付け。
一日に2、3時間もTVをみていて、いいはずがありません。
受験を機に、もう少し、子供達に付き合おうかな?!と思っています。

*日本の伝統行事を勉強できる
 お受験で重視されることって、伝統や季節柄、しつけ、マナーなようです。
つまり、日常生活を如何に丁寧に送っているかが、重要なようなんです。
こういうことを勉強できるって、受験をするメリットだと思うんです。

*より質の良い教育環境が提供できる可能性が高い
 公立でも良い先生は沢山います。
でも、忙しすぎて先生の手が回らないのも事実なようです。
国立や私立ならもう少し、子供を見ていててくれるのではないでしょうか。

小学校受験は、どうやら、子供の受験というよりは
親の受験のようです。
まさか、私が子供の小学校受験を大変するとは想像もしていませんでしたが(笑)、
子供の幼児期は今しかありません。
今の可愛い盛りの時期に、受験を通して
子供と目標を一つにするのもいいかもしれない?!
と思ったわけです。

ま〜、そうしないと
どうも、アトリエ雪は、子供にちゃんと向かい合えないかもしれません・・・

ということなので、
小学校受験の塾には、通いません。
夏期講習などの一時期のみ、塾へ通い、普段はアトリエ雪が勉強に付き合います。
健ちゃんも全面的にサポートしてくれるようです!

受かったら儲もの。
小学校受験というよりは、受験という口実を作って
子供に
1)目標到達のために努力すること
2)基本的なしつけ
3)勉強の楽しさ
4)伝統行事や季節感
などを教えていければいいな!と思っている次第です。


受験にあたって、不安なところ。
1)核家族で育ったアトリエ雪。
季節の行事(節句など)などあまり重視した生活を送ってきていません。
そんな手間のかかることをする時間的余裕などないし、
重視する意味もよくわかりません。

2)料理
はずかしながら、手抜きしまくっています・・・
煮物なんて、ほとんど作りません。
季節の魚や野菜などについても、無知に等しく・・・・

受験を機会に、ちょっとづつ、もう少し
丁寧に、そしてのんびりと生活していけたらいいな〜と思います。
”小学校受験は、親の受験!”
あ〜、正にその通りだわ!!
料理ももっと勉強しなくちゃ!
季節の食材にも興味をもたなくっちゃ!





atelieryuki1 at 14:45│
Categories