2008年09月30日

かこ   人妻痴漢体験:乳首の快感

bde2ff86.bmp私は36歳のOL(主婦も)です。 前に勤めていた会社の通勤中、よく痴漢にあってました。 私は背が151cmしかない割には、バスト90cmのEカップもあったのが、たぶん痴漢によく遭う原因ではないかと思います。  ある日、遅刻しそうになってどうしてもこの電車に乗らなくちゃって時に、やばそうって思ったんだけど、サラリーマンの人たちが数人いるとこに乗ってしまいました。  3人くらい立ってて囲まれる感じになったんだけど、たまたま薄い白いブラウス着てて、ブラは透けないのを選んだんだけど、ブラが薄い生地でした。  電車に乗ってドアを向いて立ってたんだけど、地下鉄だったから後ろに立つ人の顔がガラスに写ってました。  真後ろに立ってた人は私よりずっと背が高い人で、電車が揺れて押しつぶされそうになった私をちょっとかばっててくれてました。  また揺れて、ちょっと私の足がふらついちゃいました。。  そしたらその人が、左手でウェストのに手を当てて抱きかかえてくれてました。  「すみません」、  って小さな声で謝ったんだけど、ずっと揺れてたからその手はずっと胸とウェストの間くらいにありました。  そんなに支えてくれてなくてもいいのに、って思ってたら、その手が左のおっぱいのほうにきて、おっぱい全体を外側から軽くじわってもんだのです!  その瞬間、「あっ!」て思ったら乳首が立っちゃいました。  私は感じやすい体質のうえに、特に乳首が弱いので。  薄い生地を通して、自分でも乳首が立ってきたのがわかりました・・・。  私は背が低いし、他の誰にも見られなかったとは思いますが。  その手から逃れようとしたのですが、混んでたし後ろからぴったりくっつかれて、全然動けなかったのです。  逃げられないし、こわくて固まってたんだけど、その人は両手でおっぱいをもみながら、指を伸ばして両方の乳首を転がすように擦り始めました。  ときどき、強くつまんできたり・・・。  こんなのいやって思って、恥ずかしくて、腰が抜けそうになって、もう泣きそうになっちゃいました。  声は出さないように気をつけてましたが、その私の様子は十分に変だったから、きっと周りの人は感づいているだろうなぁと思うと恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。  時間にしたら10分も経ってなかったと思うけど、ようやく電車が駅に着きました。  ドアが開いたらすぐ走って逃げました。  手を離してくれなかったらどうしようって、不安でしたが。  でも女って不思議で、そのときは「いやっ!」って思ってても、会社から帰ってベッドに入ると、そのときの事を思い出して、同じように乳首を弄って、いつも以上に激しいオナニーをしてしまいました。

atena21 at 14:17トラックバック(0)痴漢 | 人妻 

トラックバックURL

訪問者数

Recent TrackBacks
人妻浮気告白 : 中年男 (大人のサービスエリア~Archive for Erolists~)
順子   人妻浮気告白:中年男
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ