万全の熱中症対策で夏を乗り切る

日本の夏は「猛暑」「酷暑」が当たり前になりました
そのため、条件次第では、誰でも「熱中症」にかかる危険性があり、その予防、対策がますます重要になっています。
今年も4月後半ごろから、全国で30℃以上の真夏日が観測され、熱中症で病院に運ばれる人が続出しています。

熱中症予防は、とにかく暑さを避け、こまめに水分を補給することです
急に暑くなる日はとくに注意が必要です。
高齢者は温度に対する感覚が弱く、屋内であっても熱中症になることがあります。
少しでもおかしいと感じたら、ためらわず救急車を呼ぶようにしましょう

同時に、シーズンを通して暑さに負けない体づくりが大切です
気温が上がりはじめる初夏、梅雨明けごろから、日常的に適度な運動を行い、
適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう


まだまだ暑い日は続きますが、頑張って夏を乗り切りましょう