2011年07月28日

信頼関係破壊の法理

定義
賃貸借のような継続的な関係を前提とする契約では、軽微な債務不履行を理由として契約を解除することはできない
信頼関係を破壊する程度には至らないから
信義則による作用

機能
不動産賃貸借契約における解除を制限する

適用場面
賃借権の無断譲渡、賃貸目的物の無断転貸
「背信的行為と認めるに足りない特段の事情」がある場合は612条2項に基づく解除は認められない
→立証責任は賃借人

信頼関係とは
(的な信頼関係のみを問題とする
⊃妖な信頼関係も含めて考える

、信頼関係を破壊するかどうか=経済的なものに限定すべき
(賃借人の職業を理由に解除できない)

□家賃の支払い時に賃貸人にいやがらせを加え、精神的損害を与えたとまで評価できる場合
(解除原因となる)

△紡个垢詒稟
人的な要素を解除原因に認めると人権尊重の要請との抵触が問題となる
→認定には慎重であるべき



atenim11v at 02:52コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ