ブランド名:グラハム



14世紀にヨーロッパ各地で出現した機械式時計は、多くの科学者や天才的な時計職人たちの発明と改良がされました。
17世紀になるとイギリスとフランスで時計産業が発展し、 18世紀にはイギリスが他の国を圧倒していました。  その17世紀から18世紀を通じて時計産業をリードしていた代表がジョージグラハムです。
 彼は「イギリスの父」トーマス・トンピオンを師に持ち時計の精度の中で最も重要な脱進機の画期的な業績を残します。 1695年トンピオンが考案したシリンダー脱進機を改良し、1726年以降の懐中時計を小型化と高性能を実現。 1715年には「グラハム静止型脱進機」というクロック用の機構を発明。 一定の間隔で歯車を回転させる巧妙な機構はクロックに高い精度と信頼性をもたらしました。 その後、彼の弟子であるトーマス・マッジが改良し、「アンクル脱進機」「レバー脱進機」と呼ばれる基礎を築き、 現代のあらゆる機械式時計に応用されています。
ジョージグラハムは「クロノグラフ」の発明者です。


button11111111