ブランド名:ジラール・ペルゴ(スイス)


ジラール・ペルゴ(Girard-Perregaux 、GP)は、スイスのラ・ショー=ド=フォンに本社を置く時計メーカー。高級機械式時計を自社一貫生産する高級時計メーカー(マニュファクチュール)の一つとして知られている。

ジュネーヴで創立された。また、史上初めて腕時計の量産を行ったメーカーとしても知られる。
1969年にはセイコーと時を同じくして時計用クォーツの開発に成功、翌年にはスイス初の量産にまで至ったものの世界初はセイコーに譲ることになった。しかし、ジラール・ペルゴの開発陣が定めたクォーツ周波数32768Hzは現在世界規格となっている。

その後日本製クォーツの爆発的な販売拡大に押され経営危機になるものの、イタリアにおいてブライトリングブームを作り出した時計販売会社のトラデマがジラール・ペルゴのエージェントとなりその社長で元フィアットのレーサー、ルイジ・マカルーソがデザインした時計が大ヒットを呼び、かのジョルジオ・アルマーニが愛用したことで有名になった。

2年後マカルーソはジラール・ペルゴ社長となり、イタリアの名門自動車メーカーのフェラーリとのブランドライセンス契約を締結。ロゴ入りスプリット・セコンド・クロノグラフを販売し、2週間で完売するなど人気を博した。その後もマカルーソによる経営建て直しは続き、アメリカズカップでBMWオラクル・レーシングチームの後援を行うなどの活躍もするようになり現在に至る。 なお創業者コンスタン・ジラールの義弟でマリー・ペルゴの実弟、フランソワ・ペルゴは幕末の動乱のさなかである1861年に来日、横浜に商館を置き懐中時計の販売をした。すなわち日本に最初に正規輸入されたスイス時計はジラール・ペルゴである。


button11111111