ブランド名:ランゲ・アンド・ゾーネ(A. Lange & Söhne )ドイツ


1845年にドイツのグラスヒュッテ(Glashütte )に創業したドイツの時計メーカーとそのブランドである。ブランドの和名表記は現在「A.ランゲ & ゾーネ」となっている。ドイツ語に近い表記は「ランゲ・ウント・ゼーネ」になる。

button11111111


1815年 - ヨハン・フリードリヒ・ガトガス(Johann Friedrich Gutkaes 1785-1845年8月8日)がドレスデンに工房を構えた。
1830年 - F.A.ランゲがガトガスの工房に丁稚奉公に出た。
1837年 - F.A.ランゲがガトガスに認められ、パリに旅行してオーストリア出身の時計師ジョセフ・ウィナール(Joseph Thaddäus Winnerl 、1799年1月25日-1866年1月27日)の下で働いた。
1840年 - F.A.ランゲがガトガスの工房に戻った。
1845年12月7日 - F.A.ランゲはドレスデンからグラスヒュッテに移住しザクセン王国の融資を受け自分の工房A・ランゲ・ドレスデン(A. Lange Dresden )を創業した。
1863年 - ハートカムを備えたクロノグラフ開発。
1866年 - フルカレンダーとムーンフェイズを備える懐中時計型天文時計を発表。
1868年 - F.A.ランゲの息子リヒャルト・ランゲ(Richard Lange 、1845年12月17日-1932年10月29日)とフリードリヒ・エミール・ランゲ(Friedrich Emil Lange 、1849-1922年)兄弟が参加し、「A・ランゲ&ゾーネ・ドレスデン」A. Lange & Söhne Dresden )に商号変更した。
1895年 - マリンクロノメーター部門新設。 1898年 - ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世より注文を受け、コンスタンチノープル公式訪問の際のオスマン帝国のスルタンアブデュルハミト2世へのプレゼントとして懐中時計を製作した。
1908年 - パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンドクロノグラフ、ミニッツリピーターを備えるグランドコンプリケーションウォッチを製造販売した。
1924年 - ヴァルター・ランゲが生まれた。
1945年5月8日 - 空襲により工場が被害を受ける。
1948年4月20日 - 東ドイツ政府による接収を受け、国営工場に統合される。
1990年12月7日 - 10月3日ドイツ統一に伴いヴァルター・ランゲ(Walter Lange )により商号登記、商標登録を行ない再興される。