先般投稿した以下のTweetに多くのリアクションを頂きましたので改めてブログ記事として整理しておきます。

(↑ちなみに、”体型的な”ではなく”体系的な”のタイプミスがありますので悪しからず了承下さい。)




以上を踏まえ、持久系競技選手がウエイトトレーニングに取り組む上で重視すべきポイントを以下にまとめます。。。

●オーバートレーニングを防ぐ

teamwork-642633_1920

これまで競技練習しか実施していなかった持久系競技選手が競技力向上を目的にウエイトトレーニングを取り入れるという話はよく耳にする話ですが、ただ単純にこれまで行っている競技練習にウエイトトレーニングを加えて実施した場合、オーバートレーニング(症候群)を引き起こす可能性があります。

なぜなら、生体にかかるストレスという点で考えれば競技練習によるストレスも、ウエイトトレーニングによるストレスも最終的には同一であるといえるので、ただ単に競技練習に加えてウエイトトレーニングを実施した場合、生体にかかるストレスが過剰となる可能性が高いからです。

特にウエイトトレーニングを導入する初期段階においては、この考え方に基づき競技練習とウエイトトレーニングのバランスを計画的に保つ必要があり、更に加えていえば、サラリーマンアスリートの場合、仕事上のストレス(それが精神的ストレスであったとしても)の影響も受ける可能性があるので、より一層の配慮が必要となります。

この考え方に関する詳細は河森博士のブログ記事を参照下さい↓
#87 『Stress is additive』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー②

●ウエイトトレーニングによって向上するのは筋力以外に他ならない

cycling-813890_1280

持久系競技選手が新たにウエイトトレーニングに取り組む時の思惑は「競技練習に加えてウエイトトレーニングに取り組めば競技力向上に繋がる」ということだと推察され、その思惑が基盤となり、競技に直結する動きのウエイトトレーニングを実施した方が良いと考えたりウエイトトレーニングによって競技に活かすための筋持久力を向上させたいと考えてしまい、ウエイトを担いだり持ったりしながら競技動作と同じような動きの運動をしたり、軽い負荷(軽いウエイト)で高回数(例えば、50回とか)のウエイトトレーニングを実施したりすることが多いのではないでしょうか。

しかしながら、結論からいえばウエイトトレーニングによって向上するのは競技力ではなく筋力以外他ならないといっても過言ではありませんので、上述したような考え方に基づくウエイトトレーニングはナンセンス以外何物でもありません。

この考え方に関する詳細は加賀コーチや河森博士のブログ記事を参照下さい↓

●加賀コーチのブログ記事:ウェイトと持久力
●河森博士のブログ記事:
#86 『特異的になりすぎない』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー①

#91 『高重量✕低レップ』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑥

加賀コーチのブログ記事にもある通り「ウエイトトレーニングはウエイトトレーニング」であり、ウエイトトレーニングによって筋力を向上させた結果に関連し、筋腱複合体や靭帯が強くなり傷害(障害)予防に繋がったり、下肢鉛直スティフネスが高まりランニングエコノミーが改善したり、といった恩恵が得られるのです。

このことを十分に理解し持久系競技選手はウエイトトレーニングに取り組むべきだといっても過言ではありません。

また、持久系競技は如何に長く身体を動かすことが出来るかを競い合うのではなく、ある一定の決められた距離を如何に速く移動出来るかを競い合うものであると定義すれば、持久系競技選手がウエイトトレーニングによって筋力を向上させることの意義が理解出来るのではないでしょうか。

すなわち、現在のレベルより一定の決められた距離を速く移動したいのであれば現在のレベルより高い筋力が必要であるということは腑に落ちる考え方なのではないでしょうか。

そして何より、こうした考え方を十分に理解しているストレングス&コンディショニング指導者の下でウエイトトレーニングに取り組むことが重要なのです。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングプログラムを提供中!
https://note.mu/strength_noguchi/m/mc36c3e448297

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。