カテゴリ:
walk-2635038_1920

近年の科学や技術の発展は、我々人間に便利で豊かな生活をもたらす一方で運動不足という悪しき習慣をももたらしたといっても過言ではありません。

その悪しき習慣は年々ますます劣悪、深刻になる一方であり、生活習慣病を引き起こす原因の一つとして問題視されるています。

更に、近年では「ロコモティブシンドローム」という(整形外科的)疾病概念が提唱されていまずが、ロコモティブシンドロームは、運動器(骨、関節組織、筋組織)に関わる疾病概念であり、その原因は運動器に対するメカニカルストレスの不足、いい換えれば運動不足以外の何ものでもないといえます。

また、ロコモティブシンドロームという疾病概念が生まれるよりも前から肩関節痛、腰痛、膝関節痛といった関節痛で悩む人が多数存在していますが、こうした関節痛は運動不足に起因するものが大半であるといっても過言ではありません。

こうした運動不足に起因する運動器に関する疾病は、直接的に死に至らしめる重篤な疾病である訳ではありませんが、人間の快適な生活を阻害し健康寿命の短縮をもたらすことになりかねません。

医学も年々発展、進歩し人間の平均寿命が著しく延びているといっても過言ではありませんが、平均寿命が延びている一方で運動不足に起因し健康寿命が短縮、あるいは停滞している状態は、寿命と健康寿命との格差を生み出すことになります。

寿命と健康寿命の差は、人間が幸せに生きることを放棄する期間であるといっても過言ではありません。

従って、人間はより長く幸せに生きるために運動不足を防がなければならないといえるのではないでしょう。

knee-2768834_1920

ところが、運動器に関する疾病は一つの老化現象として誰もが経験するものであると認識され、運動器に関する疾病の多くが運動不足に起因するものであるという認識が稀薄になっているのではないかと推察されます。

また、関節痛とはいえないまでも関節に軽い痛みや関節の動きに制限が生じたり、筋肉にいわゆる「こわばり」のようなものが生じたりするのは、人間に共通する加齢に伴う生理現象であり致し方ないことであると考えていることが推察されます。

そして、こうした運動器の不定愁訴ともいえる状態は「医者に行くほど悪くはない」といった状況で放置されることが多く、それが高じた結果、重度の変形性関節症を引き起こしたり、運動器不安定症を引き起こし要介護状態に陥る可能性があるといえのではないでしょうか。

超高齢化社会の到来が叫ばれる今日、ますます寿命が延びることが予想される中で、寿命と健康寿命の格差を生み出さないようにするために、運動器に関する疾病の予防医療としての「運動」の重要性を訴え健康寿命を引き上げるべく対処していかなければなりません。

そして、その役割を担うのが運動指導者であるといえるでしょう。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾2017-2018メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/18461630.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングサポートを実施中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/18464889.html

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を

日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。