カテゴリ

カテゴリ:トレーニング指導者

現代社会における運動指導者の役割を考える。。。

カテゴリ:
walk-2635038_1920

近年の科学や技術の発展は、我々人間に便利で豊かな生活をもたらす一方で運動不足という悪しき習慣をももたらしたといっても過言ではありません。

その悪しき習慣は年々ますます劣悪、深刻になる一方であり、生活習慣病を引き起こす原因の一つとして問題視されるています。

更に、近年では「ロコモティブシンドローム」という(整形外科的)疾病概念が提唱されていまずが、ロコモティブシンドロームは、運動器(骨、関節組織、筋組織)に関わる疾病概念であり、その原因は運動器に対するメカニカルストレスの不足、いい換えれば運動不足以外の何ものでもないといえます。

また、ロコモティブシンドロームという疾病概念が生まれるよりも前から肩関節痛、腰痛、膝関節痛といった関節痛で悩む人が多数存在していますが、こうした関節痛は運動不足に起因するものが大半であるといっても過言ではありません。

こうした運動不足に起因する運動器に関する疾病は、直接的に死に至らしめる重篤な疾病である訳ではありませんが、人間の快適な生活を阻害し健康寿命の短縮をもたらすことになりかねません。

医学も年々発展、進歩し人間の平均寿命が著しく延びているといっても過言ではありませんが、平均寿命が延びている一方で運動不足に起因し健康寿命が短縮、あるいは停滞している状態は、寿命と健康寿命との格差を生み出すことになります。

寿命と健康寿命の差は、人間が幸せに生きることを放棄する期間であるといっても過言ではありません。

従って、人間はより長く幸せに生きるために運動不足を防がなければならないといえるのではないでしょう。

knee-2768834_1920

ところが、運動器に関する疾病は一つの老化現象として誰もが経験するものであると認識され、運動器に関する疾病の多くが運動不足に起因するものであるという認識が稀薄になっているのではないかと推察されます。

また、関節痛とはいえないまでも関節に軽い痛みや関節の動きに制限が生じたり、筋肉にいわゆる「こわばり」のようなものが生じたりするのは、人間に共通する加齢に伴う生理現象であり致し方ないことであると考えていることが推察されます。

そして、こうした運動器の不定愁訴ともいえる状態は「医者に行くほど悪くはない」といった状況で放置されることが多く、それが高じた結果、重度の変形性関節症を引き起こしたり、運動器不安定症を引き起こし要介護状態に陥る可能性があるといえのではないでしょうか。

超高齢化社会の到来が叫ばれる今日、ますます寿命が延びることが予想される中で、寿命と健康寿命の格差を生み出さないようにするために、運動器に関する疾病の予防医療としての「運動」の重要性を訴え健康寿命を引き上げるべく対処していかなければなりません。

そして、その役割を担うのが運動指導者であるといえるでしょう。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾2017-2018メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/18461630.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングサポートを実施中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/18464889.html

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を

日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

高齢者に対する運動指導について改めて考える・・・

カテゴリ:
NSCA_NatCon

米国ラスベガスで開催されたNSCA 2017 National Conferenceにおいて様々な講義を聴講し、カンファレンス終了後に移動したロサンゼルスで幾つかのトレーニング施設を視察させて頂いた米国研修を終え、米国での業界の現状を把握した上で、改めて日本の業界の現状を垣間見てみようと思い立ち久々にSPORTEC(SPORTEC 2017)に足を運んでみたのですが・・・

改めて高齢者に対する運動指導に関して色々と考えさせられましたので以下に記述しておきたいと思います。。。

高齢者に対する運動指導はスタートアップ、すなわち運動を開始するに際して、どのような運動を行った方が良いか、どのような運動プログラムを提供した方が良いか、ということについて色々と熟孝することが多いといえますが・・・

(だからこそ、次から次へと高齢者向け運動プログラム、高齢者でも取り組める運動プログラムが生み出されている状況がある訳です。)

運動を継続していく上で如何に過負荷漸進させるかということについて十分に考えられていないことが多いのではないかと考えます。

確かに、筋力低下、心臓血管系機能の低下、等、身体機能の低下がみられる高齢者が運動を開始するに際しては、関節組織に不適切な負荷がかからないように注意すること、心臓血管系に過剰な負荷をかけないように注意することが非常に重要であるといえるので、まず始めに何をすべきか(どのような運動を実施すべきか)、如何に実施すべきかを考えることは重要であるといえます。

しかしながら、筋力低下を筆頭に様々な身体機能の低下がみられる高齢者は乱暴な言い方をすれば、運動開始初期段階では何をやっても(どんな運動を実施しても)運動効果がみられるので、この段階での高齢者に対する運動指導は、ある意味で簡単であるといっても過言ではありません。

ところが、運動を継続していくにつれて、漸進性過負荷が考慮されていない運動を行っていると運動効果が頭打ちになるばかりか、いずれ、運動効果よりも加齢のスピードが勝り、運動しているにも関わらず筋力低下や機能低下が生じるようになり、このような事象が生じるが故に高齢者に対する運動指導は継続すればする程、難しくなっていくのです。

だからこそ、高齢者に対する運動指導におけるスタートアップを熟考することは重要ではありますが、それ以上に運動を継続していく上で如何に過負荷漸進させるかを熟考することの方が重要であるといえ、いい換えれば、漸進性過負荷を考慮した運動、運動プログラムを提供、展開すべくスタートアップも熟考しなければなりません。

man-1577160_1920

上述したような事象、すなわち運動の効果よりも加齢のスピードが勝り運動しているにも関わらず身体機能が低下していくという事象を人間の生理現象として致し方ない事象であると捉えるのか否かは最終的に運動実践者(指導対象者)の考え方や価値観によるものであるので、運動実践者本人がそれでも良いといえば、それまでなのですが・・・

運動指導者は指導対象者の体力を向上させ続けていくことが責務であるといっても過言ではないので、指導対象者である高齢者の考え方や価値観がどうであれ、運動指導者としては高齢者の体力を向上させ続けていくためにしっかりとした運動プログラムと運動指導を提供すべく熟考を重ねていかなければならないのです。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングプログラムを提供中!
https://note.mu/strength_noguchi/m/mc36c3e448297

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

【告知】運動指導者講習会:「高齢者に対する運動指導」

カテゴリ:
learn-2105410_1920

高齢者に対して運動指導を行っている運動指導者向け講習会を開催致しますので、ご興味ある方は是非ともご参加下さい!

【講習会概要】
本講習会は高齢者に対する運動指導を行う上で必要とされる実技と理論を学んで頂く8週間の講習プログラムですが実技講習に関しては高齢者に対しても最終的にウエイトトレーニングの指導が出来るようにということでGS Performanceのプログラムの基本運動種目であるRL(リバースランジ)、RDL(ルーマニアンデッドリフト)、DL(デッドリフト)の運動テクニックを学んで頂くと共に現実的に高齢者においては即、ウエイトトレーニングが実施出来る体力レベルにない低体力者も多いことからウエイトトレーニングの前段階の運動方法(例)について理解を深めて頂く形でカリキュラムを展開しています。(カリキュラム等は文末参照)
 
高齢者に対するウエイトトレーニング指導でRL,RDL,DLの3種目を基本にする理由は、これらGS Performanceの基本運動3種目が高齢者の健康課題を解決する上でも非常に合理的、効果的であることを講師自身がGS Performanceの各種セミナーやS&C塾を受講させて頂いた上で学んだからです。

理論講習については当方が高齢者に対する運動指導を行う上で参考にしているレビュー論文を基本教材に高齢者に対する運動指導上、知っておくべき知識について理解を深めて頂くと共に、講師がこれまで指導現場で抱えていた課題を解決するために取り組んできた工夫等の情報提供を行いますが、高齢者向けの運動教室の計画、企画案や運動プログラム(事例)の紹介も行います。

また、民間のカルチャーセンター等で運動教室を開催するための手順、配慮すべき点、等のアドバイスや実際に運動教室等を運営されている方には質疑応答を含むカウンセリング、コンサルティングも必要に応じて行う予定です。
 
高齢者に対する運動指導は、まさに教科書通り展開出来ない、セオリー通りに展開出来ないことが多々あり、本来あるべき運動指導の姿を理解した上で、実際に直面する課題や現実を踏まえ、理想と現実のギャップを埋めるために何をすべきかを考えることが重要となりますが、本講座は講師の経験を基にした真の学びの機会が提供出来るのではないかと考えています。
 
恐らく、現在、高齢者に対する運動指導の現場で、理想と現実のギャップに翻弄され様々な悩みを抱えたり、多くの問題・課題に直面している運動指導者は多いのではないかと推察されますが、実際に高齢者に対する運動指導で悩みを抱えたり問題に直面している運動指導者がいらっしゃいましたら是非ご参加下さい。


【カリキュラム】
第1回:
・高齢者に対する運動指導の考え方(ウエイトトレーニングの重要性)
・ロコモティブシンドロームを予防するための運動として有効な片脚の運動
・筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)のフォームを形成する要素
・実技/片脚立ち、スタンディングニーリフト、スタンディングヒップアプダクション、1LRDL、RL、RDL、等

第2回:
・運動指導における理由、根拠の考察
・高齢者に対する運動指導で何故RL、RDL、DLを導入するのか
・下肢伸展力の重要性/下肢伸展力と歩行速度との関係、歩行速度と寿命との関係
・日常生活動作に基づくウエイトトレーニング(立ち上がり動作、荷物運搬動作、上肢挙上動作)
・実技/1LRDL、RL、RDL、Horizontal pull up、等

第3回:
・移動能力(歩行能力)を維持するために必要な要素は?
・エキセントリックフェーズの重要性
・筋肉痛の捉え方
・実技/Leg Swing、1LRDL、RL、RDL、Horizontal pull up、等

第4回:
・高齢者のトレーナビリティと加齢に伴う身体機能の低下
・ロコテスト(片脚立ち上がりテスト、2ステップテスト)について
・片脚立ち、スタンディングニーリフト、スタンディングヒップアプダクションのフォームの考察
・実技ロコテスト(片脚立ち上がりテスト、2ステップテスト)、/1LRDL、RL、RDL、DL、Horizontal pull up、等

第5回:
・側方への転倒要因とサイドステップ
・高齢者向け運動教室プログラム例
・プログラムデザイン
・実技/1LRDL、RL、RDL、DL、OH Press、Horizontal pull up、等

第6回:
・課題論文ディスカッション
・実習/プログラムデザイン
・実習/片脚運動の指導
・実技/1LRDL、RL、RDL、DL、OH Press、Horizontal pull up、等

第7回:
・実習/プログラムデザイン
・実習/片脚運動の指導
・実技/1LRDL、RL、RDL、DL、OH Press、Horizontal pull up、等

第8回:
・実習/プログラムデザイン
・実習/片脚運動の指導
・実技/1LRDL、RL、RDL、DL、OH Press、Horizontal pull up、等

*但し、カリキュラムは参加者の状況によりアレンジ致します。

【日程・場所・定員】
日程;
第1回・・・7/27(木)19:00-21:00
第2回・・・8/3(木)19:00-21:00
第3回・・・8/10(木)19:00-21:00
第4回・・・8/17(木)19:00-21:00
第5回・・・8/24(木)19:00-21:00
第6回・・・8/31(木)19:00-21:00
第7回・・・9/7(木)19:00-21:00
第8回・・・9/14(木)19:00-21:00
 
場所;
合同会社Universal StrengthS&Cフィールド 錦糸町(東京都墨田区太平3-16-1 増子ビル1階)

定員;
5名
*最少催行人数1名。

【料金】
¥96,000(税込み/8回分)

【講師】
野口克彦(修士,CSCS,NSCA-CPT)

【講師の指導実績等】
・2006年4月-2007年3月:NTN株式会社陸上競技部トレーニング指導
・2008年6月:株式会社東芝青梅ラグビー部トレーニング指導
・2009年8月:NSCAジャパン主催ワークショップ講師
・2010年12月:NSCAジャパン2010カンファレンス講師
・2011年12月:日本健康運動指導士会平成23年度岡山県支部第3回研修会講師
・2009年8月-現在:NSCAジャパン主催受験対策講座講師
・2013年4月‐2014年4月:筑波大学体育センター非常勤講師
・2015年4月-現在:つくば糖尿病センター川井クリニック健康運動教室講師

【お申込み】
下記お申込みフォームよりお申込み下さい。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングプログラムを提供中!
https://note.mu/strength_noguchi/m/mc36c3e448297

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

運動を理解するということ・・・

カテゴリ:
weights-79587_1920

プロの運動指導者として指導対象者に適切な運動指導を行うためには、指導対象者に指導する(指導している)各運動を運動指導者自身が理解出来ていることが大前提となります。

「何を当たり前のことを!」と思う人が多いかもしれませんが、プロの運動指導者として各運動を理解することは実に難しいことであるといっても過言ではなく、実際に各運動を十分に理解していない運動指導者は意外にも多いのが現状であることは否めません。

プロの運動指導者として運動を理解するということは、再現性が高いレベルで各運動のデモンストレーションが出来ること、各運動の実施ポイントを理解し説明出来ること、各運動において起こりうるエラーが何であるかを理解し説明出来ること、であるといえることから、まずは何より運動指導者自身が実際に各運動を実践し続け身体と頭(脳)をフル活用して各運動の理解に努めなければならないといえます。

そして、各運動の実践を通じて何より注意すべき点であるともいえるのが、その運動(そのフォーム)でターゲットとすべき筋群は何であるかを認識し自身のフォームが然るべきターゲット筋群を動員しているものになっているのかを認識、判別出来るようにすることであると当方は考えています。

(もちろん、各関節に対して健康なフォームであることが何より大前提であることを付け加えておきます。)

例えば、以下の2つの動画のBSQ(バックスクワット)という運動に関して、一見するといずれも適切なフォームであるかのように見受けられますが、この2つのBSQは立ち上がり動作において主として動員している(動員されている)筋群が異なり、すなわち立ち上がり動作においてはターゲットとすべき筋群が異なるフォームになっているのです。





上記1つ目の動画の時点で当方は、このBSQという運動を理解していたつもりだったのですが、GS Performanceの加賀コーチより指摘、助言を受け、まだまだ十分にこの運動理解出来ていなかったことを痛感し、その後に改善、修正を図りようやくBSQという運動を理解するに至りました。
→詳細は過去のブログ記事を参照下さい。

(運動指導者が各運動を十分に理解せず運動指導を行って損をするのは指導対象者であるといえますので、上記1つ目の動画の時点での理解度では指導対象者に損をさせていたといっても過言ではありません。)

このような点から考えると各運動を十分に理解している運動指導者は意外にも少ないということをご理解頂けるのではないかと思います。。。

いずれにしても、実際の運動指導の現場では、随時、目の前で生じる指導対象者の事象(動作)を適切に見極め、そこに改善、修正が必要であるならば、適切な改善行動、修正行動を起こさなければなりませんので、まずは何より運動指導者自身が各運動について十分に理解しておかなければならないのです。。。

以上、自戒を込めて。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングプログラムを提供中!
https://note.mu/strength_noguchi/m/mc36c3e448297

Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

雑感徒然なるままに・・・

カテゴリ:
IMG_1554


画像と本文は関係ありません(笑)

⚫︎S&C専門職とアンチエイジング

歳を重ねるにつれて「今日は調子が悪かったから次回は頑張ろう」は通用しなくなるというのが当方の自論です。

実際、生理学的にみれば年齢と共に筋量は減少し、特に速筋線維の選択的萎縮が生じ筋力は低下することが明らかにされていることから、最適化された負荷を身体に与えていかねば身体能力は衰える一方な訳です。

従って、計画的に最適化された負荷、刺激を身体に与えられないことは、極端にいえば50代を目前にしたS&C専門職としては死を意味するものだと考えています。

当然、生身の人間である以上、日々コンディションは異なり、調子が悪い日もあれば、絶好調の日もある訳ですが、我々アラフィフ世代のS&C専門職にとっては常にベストコンディションでベストなトレーニングを実施していかねばならないのです。

⚫︎トレーニングは手段であり目的ではないけれど・・・

「トレーニングは手段であり目的ではない」良く耳にする言葉です。。。

確かに、その通りであることに疑いの余地はありません。

実際に、当方にとってトレーニングは「S&C専門職であり続けるため」という目的に対する手段に過ぎませんが「S&C専門職であり続ける」という目的は些か曖昧なものであり、目的としては不十分というか手段を遂行する上で自分に対する甘えや妥協を産み出しかねない、すなわち当方が常にベストコンディションでベストなトレーニングをする上で悪影響を及ぼすのではないかと考えます。

従って、当方にとってはトレーニングをある意味で「目的」にしなければならないのではないかと。。。

過去の自分に勝つために、前回の自分に勝つために・・・言い換えれば、過去に自分が実施したトレーニングより質の高いトレーニングを、前回のトレーニングより質の高いトレーニングを遂行するために何をするか?を考え実行していくことが重要であり、そのためにトレーニングを目的化するといったところでしょうか。

⚫︎加齢と共に一流のS&C専門職であるために「どうするの?」

「練習を免除されているにも関わらず50歳まで選手を続けて凄いと褒められるのは違う」

「練習もみんなと同じように出来なければ嫌だし・・・」

いずれもサッカー界のレジェンドであるキングカズの言葉ですが、50歳にして尚、現役プロサッカー選手を続けるには、こうしたマインドがなければならないと思いますし、それを口にしているだけでなく実行しているからこそカズは一流なのだと思います。

そして、こうしたマインドと実行力が当方には、まだまだ足りない、言い換えれば、当方も同じような考え方をしていたり、それを口にしていたりした訳なんですが十分に実行出来ていなかったと思っています。

「質の低いトレーニングをしていても、50歳を目前にハードなトレーニングを続けて凄いと褒められるのは違う」と当方も考えますし「他の人と同じように質の高いトレーニングが出来なければ嫌だし」と当方も考えていてもキングカズ程の努力と実行力がなかった・・・一流には程遠いレベルです。。。

一流のS&C専門職になるために、一流のS&C専門職であり続けるために「じゃあ、どうするの?」

ここでは内緒にしますが(笑)具体的なアクションプランを2つ設定しました。

Reborn…一流になるために今一度、産まれ変わらなければなりません。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×