タグ

タグ:ランナー

セミナー(座学セミナー)告知

カテゴリ:
jog-365538_1280

市民ランナーのためのフルマラソン対策講座
〜夏場のトレーニングを制するものはフルマラソンを制す〜

関東地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番ということで今年の冬のフルマラソンに向けて準備を開始すべき時期となりました。

今年の冬のフルマラソンに向けて市民ランナーが取り組むべきトレーニング、夏場のトレーニングで配慮すべきポイント、などを中心に市民ランナーを対象とするフルマラソン対策講座を開催致します。

今年の冬にフルマラソンに挑戦する市民ランナー、自己記録更新を目指す市民ランナーの皆様は是非ご参加下さい!

講座内容(座学):
・市民ランナーがフルマラソンを完走するために必要な体力要素(持久力と筋力)
・夏場のトレーニング計画と注意すべきポイント
・市民ランナーにとってのウエイトトレーニング(筋力トレーニング)とは
・目標レースに向けてのトレーニング計画
・質疑応答

開催日時:
2018年7月21日(土)13:30-16:30

開催場所:
合同会社ユニバーサルストレングス錦糸町
東京都墨田区太平3-16-1 増子ビル1階
http://universal-strength.co.jp/about.html 

料金:4,000円(税込)

定員:15名

お申込み:下記リンクお問い合わせフォームより


*以下を入力しお申込み下さい。
・「フルマラソン対策講座申し込み」
・お名前
・年齢
・性別
・ランナー歴
・目標レース(既に決まっている場合)

以上

「ランナーにウエイトトレーニングは必要なんでしょうか?」というご意見・・・

カテゴリ:
runners-888023_1920

最近、ランナーやランニング指導者の方から「ランナーにウエイトトレーニングは必要なんでしょうか?」という異論、反論、ご意見を多数頂くようになってきました。

当方に対してご意見等を頂く方々は皆さま紳士的な方のようでSNS上でディスるようなことはせず直接的にメッセージ等を送って下さるので有難いのですが・・・

そのようなご意見に対する当方の見解は「正直な話、あなたがウエイトトレーニングを必要ではないと考えていて、あなた自身、あるいは、あなたの選手が故障する事なく十分な練習が出来ているのであればウエイトトレーニングは必要ないでしょう!?」というものです。

持久系競技は「練習(トレーニング)=競技」であるといっても過言ではありませんから、故障することなく沢山の練習が出来るのであれば練習しただけ競技能力が向上するのでウエイトトレーニングを実施する暇を惜しんで練習に励んだ方が良いといえます。

ところが、多くのランナー、むしろ殆どのランナーは故障を経験している筈であり、故障なく競技生活を送れているランナーは皆無に等しいといっても過言ではないでしょう。

練習→故障→治療・リハビリ→練習(再開)・・・というサイクルは今も昔も変わらずの状況であるといえるではないでしょうか。

ランナーが何故それ程までに故障が多いのかといえば様々な要因が考えられますが、競技能力を向上させるに必要な沢山の練習に身体が対応出来ていないのが最大の要因、とりわけ筋力が絶対的に不足しているのが最大の原因、要因であるといっても過言ではありません。

黄川と山本による体重支持力とスポーツ障害の関係を示した報告(1)によれば、ランニングに必要な体重支持指数は0.7、競技スポーツに必要な体重支持指数は1.0であるとされています。

つまり、競技スポーツを故障なく実施する為には(少なくとも)自体重を支えるだけの下肢筋力が必要であるという訳ですが、実際に当方が持ち合わせているデータでは当時の日本のトップ選手を含むエリートランナーは体重指数0.6以下、つまり体重の60%を支えるに必要な下肢筋力を有していませんでした。

すなわち、日本のエリートランナーが競技スポーツを故障なく実施するために必要な下肢筋力を持ち合わせてなかったのです。

この状況では競技能力を高めるべく練習を積み重ねていく過程で故障をしても不思議ではないことが簡単に理解出来るのではないのでしょうか。

weights-1634747_1920

高強度ウエイトトレーニングによってランニングエコノミーが高まり持久系競技能力が向上するという報告が多数存在しますが、「実際に高強度ウエイトトレーニングを実施して持久系競技能力が向上するか?」と問われても持久系競技能力が向上するとは断言出来ません。

しかしながら、高強度ウエイトトレーニングによって筋力(下肢筋力)が向上すれば確実に練習による故障を防ぐことが出来るのは黄川と山本の報告(1)から考えても明白であり、故障がなければ沢山の練習が可能となり持久系競技能力は確実に向上します。

従って、ランナーがウエイトトレニーングを実施すれば筋力が向上し故障の予防に繋がり結果として持久系競技能力に結び付くと断言出来ます。

だからこそ、ランナーやコーチの皆さんが持ち合わせている思考回路、すなわち「ランナーはウエイトトレーニングを行なっても意味がない」あるいは「ランナーは筋持久力を高める為に軽いウエイトで高回数の筋トレを短いレストで実施すべきである(下記参照)」という考えから脱却し正しくウエイトトレーニングに取り組んで頂けたらと考えます。

参照
当方が定期的にチェックしている「Competitor.com」というwebマガジンに「How Should Runners Lift Weights?」という記事がアップされていますが、この記事において「ランナーがウエイトトレーニングを実施する上で犯す3つの間違い」が言及されていますので、ご興味ある方は是非チェックしてみて下さい!

●ランナーがウエイトトレーニングを実施する上で犯す3つの間違い
1)ランナーが行うべきウエイトトレーニングは筋持久力を強化する事が目的であると考え高回数のウエイトトレーニングを行うべきであると考えている。
2)その結果として軽すぎるウエイトを用いてウエイトトレーニングを行なっている。
3)持久力を高めるためにセット間のレストタイムは極力短い方が良いと考えている。

●参考文献:
(1)黄川昭雄,山本利春:体重支持力と下肢のスポーツ障害.Jpn.J.SpoltSSci.,5,837-841,1986


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
●S&C Professional  Katsuhiko Noguchi

↓運動指導者向け個別研修を随時受付しています!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13406063.html

↓トライアスロン塾メンバー募集中!
http://blog.livedoor.jp/athleteweb-strength_and_conditioning/archives/13784076.html

↓フルマラソンに初挑戦するランナーのためのトレーニングプログラムを提供中!
https://note.mu/strength_noguchi/m/mc36c3e448297

↓Facebookページ【トライアスロンライフスタイル】にぜひ「いいね!」をお願いいたします!
https://www.facebook.com/SwimBikeRunLife/

●合同会社Universal Strength
ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

ランニングエコノミーに関して・・・

カテゴリ:
marathon-1441618_1920

最近、市民ランナーの間でもランニングフォームの分析・評価が注目されているようです。

こうした背景も手伝ってか「ランニングエコノミー」を効率的なランニングフォームと解釈しランニングフォームの分析によってランニングエコノミーを評価出来るというような誤った認識の記事を見かけました。

ランニングエコノミーは「最大下のある走速度における酸素摂取量(1)」と定義され、最大下の走速度(例えば、時速15km)で一定時間(例えば、5分間)のランニング(テスト)を実施し酸素摂取量を測定することによって得られる指標です。

従って、ビデオ撮影等によってランニングフォームの分析・評価を行ってもランニングエコノミーを測定することは出来ません。

確かに、無駄のない効率的なランニングフォーム(何をもって“無駄のない効率的なフォーム”とするのかを客観的に定めることは難しいですが・・・)はランニングエコノミーに関係する要素ではあるといえます。実際に先行研究では地面反力鉛直成分および水平成分、脚の前方スイング、等のバイオメカニクス的要因がランニングエコノミーに影響を及ぼすことが示唆されています。(2,3)

これらを踏まえ、逆の視点から考えればランニングエコノミーの測定・評価によって、そのランナーのランニングフォームが効率的なランニングフォームであるといえるのか?ランニングフォームの改善が出来たか?ということを評価することは出来るといえます。

いい換えれば、ランニングエコノミーの測定・評価でランニング技術やトレーニング効果を評価することが出来るとはいえる訳です。

近年の技術革新によって簡便に動作分析が出来るようになり、上述したように市民ランナーの間でもランニングフォームの分析・評価が注目され、ランニングエコノミーを向上させるために効率的なランニングフォームを身に付けることが重要であると考えているランナーが増えてきているのではないかと推察されますが、ランニングエコノミーは確かにランニングパフォーマンスに影響を及ぼす要因ではあるものの最大酸素摂取量ならびに乳酸性作業閾値(LT)がランニングパフォーマンスに強い影響を及ぼすことが否定される訳ではありませんし、ランニングエコノミーだけで持久力やランニングパフォーマンスの評価が出来る訳ではありません。

ちなみに、最近ではランニングエコノミーをエネルギーコスト(ある距離を走るために必要とされる酸素摂取量)として評価することで、最大酸素摂取量ならびにLTとの関連からラニングパフォーマンスの推定に活用する試みがなされています。(4)

いずれにしても、これらを踏まえ市民ランナーは、まずは最大酸素摂取量ならびにLTを向上させることに注力することをお勧めします。。。

(1) Cavanagh P R, Kram R:The efficiency of human movement –a statement of the problem. Medicine and Science in Sports and Exercise 17, 304-308,1985.

(2) Chang Y H, Kram R:Metabolic cost of generating horizontal forces during human running. J.Appl. Physiol. 86: 1657-1662,1999.

(3) Chang Y H, Huang C H W, Hamerski C M, Kram R:The independent effects of gravity and inertia on running mechanics. J Exp Biol 203: 229-238,2000.

(4) Fletcher J R, Esau S P, MacIntosh B R:Economy of running: beyond the measurement of oxygen uptake. Journal of Applied Physiology 107: 1918-1922,2009.


●今冬にフルマラソンに初挑戦する予定のランナーの皆さん、共に頑張りましょう!:初フルマラソン完走プロジェクト2016(有料コンテンツ)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
合同会社Universal Strength

ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

原点回帰的挑戦!?その3

カテゴリ:
先般投稿した「原点回帰的挑戦!?その2」と題するブログ記事で「note」を活用し持久系競技に関する情報提供に特化したコンテンツ配信を開始したと述べましたが、そのコンテンツの1つとして「初マラソン完走プロジェクト2016」という有料コンテンツの配信を開始しました。

初フルマラソン完走プロジェクト2016(有料)
marathon_poject

この挑戦!?(笑)は、S&Cプロフェッショナルとしてというよりは、当方が持久系スポーツに取り組んできた経験ならびに大学院で持久的運動に関する研究活動を行って得た知識と経験、トレーニング指導者として多くのランナーのサポート活動を行ってきた経験に基づくランニングコーチとしての取り組みであるといえますが・・・

当方が今の仕事に就くに際して思い描いていたことを具現化しようという単なるエゴかもしれません。。。

いずれにしても、この「初マラソン完走プロジェクト2016」は、今冬にフルマラソン初挑戦(2017年2月末辺りに開催される大会を目標)を予定している初心者ランナー向けに毎月トレーニングプログラム(ランニングトレーニングプログラム)を配信(2016年9月から2017年2月まで)する有料コンテンツとなります。

この有料コンテンツは、ランニング(トレーニング)指導を遠隔的に行っていくというものではなく、当方が毎月作成するランニングトレーニングプログラムを参考に、ご自身でランニングトレーニングを進めて頂き初フルマラソン完走を目指して頂くというものになります。

従って、個別にトレーニングプログラムを修正するといったサポートは実施しておりませんので、必ずしも初マラソンの完走を保証するものではありませんが、毎月のトレーニングプログラム配信の他、フルマラソン完走に向けて必要とすべき情報を随時提供致しますので、雑誌あるいは書籍を購入するといったスタンスで捉えて頂けたら幸いです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
合同会社Universal Strength

ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

原点回帰的挑戦!?その2

カテゴリ:
原点回帰的挑戦!?」と題したブログ記事で「トライアスロン塾」の開講を準備中であるとお伝えしましたが、それに関連し、本ブログと併用する形で持久系競技に関する情報提供に特化し「note」を活用しコンテンツ配信を始めました!

note

https://note.mu/strength_noguchi

 

「note」では、持久系競技に関する情報、持久系アスリート向けの情報に特化し有料コンテンツも提供する予定です。
 
マルチスポーツアスリートとしての経験、大学院での研究活動、S&Cプロフェッショナルならびにパーソナルトレーナーとしての指導活動を通じて得た知識と技術を最大限に駆使し持久系競技アスリートのサポートが出来ればと考えています!
 
こちらも宜しくお願いします!!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
合同会社Universal Strength

ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×