タグ

タグ:筋力トレーニング

セミナー(座学セミナー)告知

カテゴリ:
jog-365538_1280

市民ランナーのためのフルマラソン対策講座
〜夏場のトレーニングを制するものはフルマラソンを制す〜

関東地方も梅雨明けし、いよいよ夏本番ということで今年の冬のフルマラソンに向けて準備を開始すべき時期となりました。

今年の冬のフルマラソンに向けて市民ランナーが取り組むべきトレーニング、夏場のトレーニングで配慮すべきポイント、などを中心に市民ランナーを対象とするフルマラソン対策講座を開催致します。

今年の冬にフルマラソンに挑戦する市民ランナー、自己記録更新を目指す市民ランナーの皆様は是非ご参加下さい!

講座内容(座学):
・市民ランナーがフルマラソンを完走するために必要な体力要素(持久力と筋力)
・夏場のトレーニング計画と注意すべきポイント
・市民ランナーにとってのウエイトトレーニング(筋力トレーニング)とは
・目標レースに向けてのトレーニング計画
・質疑応答

開催日時:
2018年7月21日(土)13:30-16:30

開催場所:
合同会社ユニバーサルストレングス錦糸町
東京都墨田区太平3-16-1 増子ビル1階
http://universal-strength.co.jp/about.html 

料金:4,000円(税込)

定員:15名

お申込み:下記リンクお問い合わせフォームより


*以下を入力しお申込み下さい。
・「フルマラソン対策講座申し込み」
・お名前
・年齢
・性別
・ランナー歴
・目標レース(既に決まっている場合)

以上

歩けば健康?

カテゴリ:
当方は、都内に程近い千葉県某市に在住していますが、その某市よりライフスタイルに関するアンケート用紙が送られてきました。。。

千葉県某市は「健幸ポイントプロジェクト」に 加盟したようで、どうやら、そのプロジェクトの一環としてのアンケート調査のようですが、ザックリとそのアンケート内容をみると、1日にどの位歩いているか?といった具合の活動量を把握する質問項目が多く、健康度合いを評価するための指標として、あるいは健康の維持・増進を図るための運動として、歩行(歩行量)が重要であるという考え方が中心、主体であることを改めて感じました。

walk-1574363_1920

確かに、健康を維持する上で歩行(量)は重要であり、歩行スピードと寿命には相関関係がみられることが報告されていることから「健康で長生きするには歩くことが重要である。」という考え方に概ね間違いはありません。

が、歩行(ウォーキング)は心臓血管系の健康の維持・増進においては非常に効果的であるといえますが、骨格筋、関節、骨の健康を維持・増進する上では十分な効果が得られるとはいい切れません。

なぜなら、ウォーキングやジョギング等のいわゆる有酸素運動では骨格筋量の維持が出来ない、特に加齢に伴う速筋線維の選択的萎縮を抑制することが出来ないことが先行研究によって報告されているからです。

骨格筋量の減少は確実に各関節に不必要な負担をかけ、骨格筋が付着する骨を脆くさせ、その結果として歩行が困難なものとなり、歩行量(活動量)の減少をもたらすことになります。

いい換えれば、健康のためにと頑張って歩行していても骨格筋量を維持することは出来ず、結果として(知らず知らず)歩行量が減っていく可能性が高いといえる訳です。

athlete-847657_1920

従って、「毎日十分に歩いているから健康である」「歩くことが(歩くことだけが)健康に結びつく」という考え方が主体になってしまうと、ある意味で危険であるといえるのです。。。

上述した通り、骨格筋量の維持を図れば歩行能力が低下することはなく、歩行量 (活動量)の低下を防ぐことが出来る訳ですから、本来的・根本的に考えれば「健康のために歩きましょう」ではなく「健康のために骨格筋量を維持しましょう」という考え方こそが重要であり、このような考え方が主体にならなければ真の健康を維持することは出来ないといっては過言ではありません。

そして、骨格筋量の維持を図るための唯一無二の方法は筋力トレーニングであるといっても過言ではありませんので「健康のために筋トレしましょう」という考え方こそが真の健康維持・増進において重要であるといえるのではないか、と当方は考えています。

fax-1920895_1920

世の中では、まだまだウォーキング神話、有酸素運動神話が根強いと推察されますが、いずれ「人間には筋力トレーニングが最も重要な運動である」という考え方が主となる世の中にしていきたいものです。。。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
合同会社Universal Strength

ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

陸上長距離競技選手が筋トレ(ウエイトトレーニング)をやらない方が良いという科学的根拠は存在しません!

カテゴリ:
sprinter-contest-1227643_1920

とあるネット記事を読み、「やはりランナーは筋トレやらない方が良いのかな」と考えている市民ランナーを含む全ての長距離競技選手の皆さん!

安心してください!(笑)やらない方が良いという科学的根拠は存在しません!

なぜなら、これまでの多くの先行研究によって以下のことが報告されているからです。

・高強度の筋力トレーニングによって最高(最大)酸素摂取量の向上は妨げられない。
・筋力トレーニングは持久系能力にネガティブな影響を及ぼさない。
・筋力トレーニングは傷害予防、LT(乳酸性作業閾値)の向上、ランニング時の接地時間の短縮によってもたらされるランニングエコノミーの改善に有効である。

更にいえば以下の通り日常的に持久力トレーニングに取り組むランナーが筋力トレーニングに取り組んでも本来もたらされる筋力トレーニングの効果は得られにくいといっても過言ではありません。
・高強度の持久力トレーニングは、特に高速で発揮される筋力を低下させる。
・持久力トレーニングと筋力トレーニングを並行して実施した場合に負の影響を受けるのはパワー発揮能力である。
すなわち、筋力トレーニングの効果を得る上で持久力トレーニングはマイナス要因となる訳ですから、持久力トレーニングを常とするランナーが週1~2回程度の筋力トレーニングを実施したところで、ランニング動作に邪魔になる???程の筋サイズの増大は起こりませんし、身体が重くなる???こともありません。

そして、そもそも遅筋線維(TypeⅠ線維)の割合が多い持久系競技者が筋力トレーニングに取り組んでも筋力トレーニングの効果として一般的に認知されている筋サイズの増大は、むしろ望めませんので安心して下さい(笑)。

また、筋力トレーニングによって速筋線維(TypeⅡ線維)も有酸素能力を持つサブタイプ(TypeⅡa線維)にシフトすることが多くの先行研究によって明らかにされています。

これらのことから、一般市民ランナーを含む全ての陸上長距離競技選手が筋力トレーニングを実施し不利益を被ることはありません。。。

以上です。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
合同会社Universal Strength

ユニバーサルストレングスは『Strength & Conditioning(S&C)』を
日本に普及させるために結成された スペシャリスト集団です。

*Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いいたします。

このページのトップヘ

見出し画像
×