やや出遅れたが、今年もYuckyさんの企画に参加。
ちなみに2007-08シーズンはこちら、2008-09シーズンはこちら



1. 私が独断で選んだブロンコスMVP(1名(他、優秀賞、複数可))

■最優秀選手賞
マリオ・ジョインター選手

独りよがりなプレーも多かったけど、苦しい時に一番頼りになった。
スタッツを見ても、得点、アシスト、スチールでチームNO.1。
シーズン中に一度はトリプルダブルが見れるのではないかと期待したけど、アシスト2桁の壁が厚かった。

■優秀賞
テレンス・ロバーツ選手

気まぐれで、FT入らなくて、すぐファールして・・・でも憎めない。
豪快なダンク、そしてたびたびブースターを煽るあの熱さが最高だった。
墨田での東京戦2日目の、太志郎から後ろのカービーへ、カービーからさらに後ろのロバーツへと渡って、ロバーツの豪快なダンク!あれは今季ベストゴール。

2. 私が独断で選んだブロンコスベストゲーム(複数可)

■ベストゲーム
5月1日浜松戦@豊橋
4月17日東京戦@墨田も良かったけど、やっぱりこれ。ブロンコスを見始めて3シーズンだけど、一昨年の高松戦を超えるベスト・オブ・ベスト。
今だに思い出す度に感動が蘇ってくる。

■次点
3月17日東京戦@代々木
悔しさを忘れないために、という意味も込めてあえて代々木の1日目を。
前半で離されて非常に苦しいゲームだったのだが、集中を切らさず後半徐々に詰め寄ってあと一歩のところまで・・・本当に惜しかった。
埼玉ブースターの一体感が高まったゲームでもあった。

3. 私が独断で選んだbjプレイヤー オブ ザ イヤー(複数可)

■MVP
マイケル・パーカー選手

ホワイトと迷ったけど、福岡は浜松に比べて選手が揃っていないので、パーカーに対する相手の警戒は強かったと思う。その中でこれだけのスタッツを残したので、パーカーにあげます。

■特別賞
マイケル・ガーデナー選手

ダントツのアシスト数を残した選手が、全体の最下位勝率のチームから出たということは驚くべきことだと思う。
昨年とは全く違うチーム状況の中でも、変わらぬスタッツを残したことは、彼の能力の高さを示している。ボールを持ちすぎるとの批判もあるが、彼ほどの能力があれば持ちすぎも許されると思う。

4. 私が一方的ににあげたい個人賞

■ベストブースター賞
滋賀レイクスターズブースターの皆さん

沖縄は未体験なので分からないが、会場全体からあれだけ声が出る会場を他に知らない。
レイクスブルーのグッズの着用率も高いし、ゴール裏の人たちの企画も面白いし(「試合中でも髪を気にするところがイカすぜ、北向」みたいなゲーフラがあったw)、MCの方の煽り方も良かった。
2年目のチームだが、見習うところが多い。

■特別サポート賞
ブロンコスバスのバス会社さん

保有バスを一台ブロンコス仕様にしてしまって・・・
あんなバスがあるのは埼玉だけでは?
さらに今季ありがたかったのは、所沢以外の開催でシャトルバスを出してくれたこと。
車を持っていない自分にとって、アウェー戦では会場までの交通手段に苦労することが多い。
そんな中、埼玉のシャトルバスは運行間隔が短く、案内も親切で本当にありがたかった。

5. その他好き勝手な今シーズンのbjリーグにまつわるランキングやネタ

iker 09-10シーズン観戦まとめ
総観戦数:39(ホーム:24/アウェー:15)
※墨田の第1戦は4Qのみのため、含まず(自分の観戦の定義は試合時間の半分以上を見ること)
観戦試合勝敗:14勝25敗 0.359(ホーム:8勝16敗 0.333/アウェー:6勝9敗 0.400)
不観戦試合の内訳は、マラソンが8試合、経済的理由(正月沖縄は無理w)が2試合、仕事が1試合。今の仕事はスポーツ観戦をする上では恵まれているなあと実感。
勝率はチーム勝率(0.327)と比べれば高かったけど、0.359では負け試合ばっかり見た記憶しかない。

総評〜コート上
応援し始めて3シーズン目で、今年が一番見に行った。が、今年が一番弱かった。
一昨年は勝率0.475、昨年は0.365だから、自分が見始めてからは毎年弱くなっている。
昨シーズンは外国人選手の怪我が失速の原因だが、今年はロバーツが一時帰国したり、マリオが2回怪我した程度で、長い離脱はなかった。
福島HCが責任を問われても仕方がないと思う。
ただし、軸になる外国人選手の不在、そして外国人選手の調子の波が大きかったことは、HCの能力とは無関係なので、かわいそうだった面もある。
HC交代が基本路線だと思うしそれを支持するが、リスクの高い人選をするくらいなら続投もありだと思う。続投もリスク高いけどw

総評〜コート外(ホーム編)
今年のホームの応援は寂しかった。
過去2シーズン、声を出しても浮くことはなかったが、今年は声を出している自分が浮いていることがわかった。
後ろから聞こえる声も、決まった人の声しか聞こえない。
勿論竸っている展開では声も増えるが、負けている展開で「観客の声援で後押し」ということができなかった。
成績の低迷、観客の減少というところに原因を押し付けてしまえば簡単だが、それだけだとは思えない。
観客と声援を増やすための、原因分析と対策が必要なように感じる。
問題意識を抱えている人間がもっと声を出せー、っていうのが一番簡単な対策だけど、もっとできることはないかじっくり考えてみたい。

総評〜コート外(アウェー編)
アウェーの応援は良かった。特に代々木の初日は今季一番のブーストだったと思う。
個人的にはブースターの知り合いがたくさんできたことが、一番の収穫。
皆さん、今シーズンは本当にお世話になりました。
今年はブー感初参加しますので、その場で改めてお礼を言いたいと思います。