学習塾をはじめよう! 学習塾を開業するために〜個人塾開業支援ブログです!

これから学習塾を開業してみたいと考えている方に。良いことばかりではないけれど、素敵な毎日が手に入る!学習塾は面白い!・・・「学習塾をはじめよう!会員」を募集中です。成功事例・失敗事例といったノウハウを共有しませんか?個人塾開業支援も実施中です。

◇学習塾をはじめよう!会員のご案内

http://www.athome-obata.com/indexkaigyo.html

小さな個人塾を始めてみたいという方は一緒に情報共有しませんか。
すでに開業されて、もう一度事業計画から見直したい、という方も大歓迎です。

「物語」休止

ちょっと思うところがあって「物語」は引っ越して、自分のPCの中だけに保管することにしました。

その代わり、新しい開業支援のかたちを立ち上げるべく準備しております。

ただ開業をお手伝いして終わりではなくて、その後が大事で。

始めるのは誰でもできるけれど、継続していくにはどうすればよいかを伝えていきたいです。

夏休みをどうするか2015年の夏

最近、物語ばっかりでした。夏休みに向けて、また新しいクラス新設のため、ここのブログはゆるやかに減速。

この時期にはもう、ほとんどの塾で夏休みに向けた準備は終わっていると思いますが、

私はやっとさきほど、全体像をつくり終えました。


私は、人を雇って授業をすることはありません。

教え子が手伝ってくれたり、助けに来てくれることはあっても、

講師として働くのは、私1人です。


開業支援をさせて頂くのも、1人で開業されることが前提となっております。

その後、ご結婚されてご夫婦で営まれている方もいらっしゃれば、

すでに生徒数400名を超えたという報告があった方もいらっしゃって、私の対応できる範囲をとうに超えられて。

でもスタートはあくまでも、1人であることを条件とさせて頂いています。


理由は、複数ありますが、あえて1つを挙げるなら、そうでなければ、そもそも開業する意義とは何だろうという話になるからです。


似たような塾はたくさんあります。


個別指導で明光義塾以上の圧倒的なサービスが可能であるとか、

集団指導で東進の講師を超える圧倒的な授業が可能であるとか、


それならまだ差別化できますが、


そうでないなら、1人でちゃんと理念を持って、スタートさせるべきです。


その後、仲間が必要になってきたときは、そのとき考えればよいと思います。



2015年度のアットホームの夏休みは、いつもと比重を変えました。

これまでは「夏休みの体験希望」がとても多かったです。理由はカンタン。体験期間は1ヶ月なので、その間に学校の宿題を全部終わらせる算段・・・

しかし、今年の受験生は今までとちょっと違う、すでに「根性」が育ってきたメンバーなので、体験希望者は7月に限定させて頂いて、

夏期講習をこれまでに無い充実度で実施することにしました。

他には、お泊りの合宿はあります。

これまでどおり、大好評の「宿題やっつけ隊」も実施します。作文に習字にポスターに問題集に短歌俳句、自由研究に工作。全部塾で手伝います。感想文はみんな入賞するものだから、近隣の塾に手法をコピーされてしまったのですが、今年は更にその上をいきます。毎年、作文の優秀作品の展示では「宿題やっつけ隊参加者」がずらーと並びます。今年も狙います。

漢字検定も実施します。ただ受けて頂くだけではなくて、ちゃんと合格する指導もセットです。


よく、塾業界のセミナーを受けに行ったり、他塾の方とお話をさせて頂いていると、「売上至上主義」であることは変わりません。いかに生徒を集め、単価を吊り上げるか、いくら儲かった・・・そんな話ばかりです。

それは経営としては間違ってはいませんが、

保護者目線で、そして生徒目線で、20万円・30万円の講習会費というのは、どうでしょう。

その投資額は、適正なものでしょうか。私にはそう思えるケースもあれば、そう思えないケースもあり、どちらかといえば後者が多いです。


ある塾で、夏休みに20万ほど支払ったという方がいらっしゃって、

その生徒より成績が下だったうちの生徒は、同じ私立中学に合格しました。

講習代は0円(実施の必要なし)で、私は通常の小学生の料金で指導をさせて頂きました。

それでも、20万円の講習会を受けた生徒よりも、入学後も成績はずっと良いです。小学生のときは完全に負けていたのに、受験すると決めた1年前から猛勉強した結果です。


「売上げが第一」の塾は、合格率を詳しく出しません。「○名合格」とだけ出して、「○名不合格」とは発表しません。

私は、「結果」でどこにも負けないものを提供したいので、合格率を必ず出します。100%だから計算は簡単です。

そこで大手には負けていないし、

そこに誰かが介入することで、「わたし」という指導力の濃さが薄まるのだとしたら、

1人でやっていることに意味があると考えています。うぬぼれではありません。「結果」で考えています。


今年の夏も、講師を多く抱えた塾が必死になっている「売上ノルマ」より、生徒と一緒にワクワクしながら楽しく充実した夏を過ごし、9月のテストで保護者の皆様にも笑顔になって頂きたいです。結果、ちゃんとかかる費用を頂いて、家族で暮らしていけるので、こんな幸せな仕事は無いと思って働かせて頂いております。


【告知】現在、ひっそりとですが、新規の開業支援を募集し始めました。今ならちょうど夏休みに向けた様々なノウハウの共有も可能です。ご興味ある方はこちらをご覧頂き、入会はじっくりご検討頂くとしても「どんな塾をつくりたいか」だけでも語り合えたら嬉しいです。




物語の方も、今後益々、実践的なお役に立てる内容にしていきたいと思いますが、夏が終わるまではちょっとスローペースでいきたいと思います。

すでに開業されている方にとりましては、充実した夏になります様、祈念申し上げます。

秋田から伊勢へ。

秋田県のご夫妻が伊勢へ。

私が奥様の開業支援をお手伝いさせて頂くことになったのが2008年。それからメールのやり取りだけで、開業準備〜開業へと、お手伝いをさせて頂いて・・・コンセプトを決めるところから始まって、会社の退職のお話とか、その後、ご結婚、ご出産とありましたが、7年の時を経て、お会いすることができました。

54204



塾の先生というと、大きく2つにタイプが分かれると思っています。

ひとつは、本当は別の志があったものの、それがうまくいかなくて「塾でもやるか」と、塾を始められた先生。

これをよく【●●崩れ】と、自虐を込めてみずから名乗られる先生がいらっしゃいます。弁護士崩れとか・・・

さらにこのタイプの先生はまた大きく2つに分かれるんですが、いまだ夢をあきらめきれずくすぶっている先生と、きっかけはそうだったものの、今では全力投球で塾業を楽しんでおられる先生。くすぶっている先生の特徴は、「塾」という営みそのものが、とりあえず食べていくための「つなぎ」であり「次へ向かうための手段」でしかない事が多いです。


次に、本当に塾を開きたくて、他のことよりも何よりも塾がしたい!自分の塾を持ちたい!そう思って、塾を始められた先生。こういう先生は本当に気が合うんですが、「塾」という営みが(誤解を恐れずに大きく言えば)「幸せに生きていくため」の「生き方そのもの」なんです。

「塾でもやるか・・・」



「塾がやりたいから、他のことを犠牲にしたって何とも思わない。」

のと、

両者がそろうと、

やっぱり温度差があるので、話がうまく噛み合わなかったりします。


・・・前置きが長かった・・・


ところが、


遠く秋田県から、三重県伊勢の地に足を運んで下さったご夫婦とは、

子を持つ親同士

というつながりと、

2008年から、一緒に夢や理想を語り合ってきた(メールですけれども)

というつながり。


そういったことから、ある意味では「初対面」ではあったけれども、

かなり本音で、打ち解けたお話もできたような気がします。

短い時間ではありましたが、お店の人がそろそろ帰ってくれオーラが出るくらいまでは、

いろんなお話ができて、私自身も大きな刺激を受けました。


イセエビも、そんな高級ではないのですが、喜んで頂いて・・・お子さん大きくなったら、もっとすごいイセエビ食べてもらいたいです。

やっぱり、

気の合う同業で、語り合うのは楽しい。

楽しいだけではなくて、

自分がなぜ塾の先生を生き方として選んだのか、

振り返りになります。


年下のご夫妻に語っているようで、

実は私自身も思索をしていて、会話の中からいろんなイメージやアイデアを頂いて。


本当に素敵なご夫婦で、時間を忘れてお話できたのも、ご夫婦とお子さんの人柄もあったと思います。私が命ある限りは、学習塾ビスタはすでにもう支援先の塾、ではなく、塾仲間であり、友人でもあり、大げさかも知れないけれど、ファミリーであるような、そんな気持ちでいます。


現時点ではまだ、開業支援の新規募集の告知を出せませんが、近々・・・新しく告知をさせて頂きます。お互いにとって素敵な出会いでありますように。

平成27年 新年を迎えて

今年もよろしくお願い致します。

私も、全国いろんな塾の開業に関わらせて頂く中で、

事業計画では優れた内容であるのに、実際にオープンしてみると様々な問題に直面したり、

事業計画がしっかりしていなくても、実際にオープンしてみると、あっという間に満員御礼になったり、

何が違うのかということをしっかりと分析できたように思います。


まずいえることは、世間において塾というのは、

・テストの点数が上がる

・志望校に合格できる

この2点について突き抜けていないと、意味がないということです。

何か新しいコンセプトを取り入れたり、おしゃれ感を演出したり、

ビジュアル面でとことんこだわったり、

そういったものはあくまでも、枝葉であると思うのです。


子供たちにとって安心できる居場所を提供したい。

そういう意思は尊重されるべきですし、私もそう思います。開業支援の要請を受け入れるようになったのも、いちばんの目的はそこにあります。

昔は、公園や駄菓子屋さんが子供たちの社交場でした。

しかし今は、習い事です。そこでのコミュニティが、子供の家庭や学校生活で不足してしまう点をフォローできれば、家庭教育・学校教育そして地域の私教育の3つがつながって、地域の子育てレベルがアップすると考えています。

今後私は、運営している空手道場において指導員を育成することを強化していきたいと考えています。空手の先生を増やして、その中から塾の先生を育て、私と同じコンセプトで、空手道場×学習塾というスタイルで開業できる道筋も作りたいと考えています。詳細はこれからですが・・・

教育とは、やっぱり「先生がどんな人か」というこそが中心の柱で

××メソッド

がどんなにすごくても、

それを運用する先生のスキル、情熱、体力、責任感、人格・・・・そういったところで駄目だと、やっぱり駄目なんです。

マックポテトは、エジプトで食べても同じ味で感動した、という人がいます。

でも教育はそういうわけにいかないと思います。

誰が指導しても、どんな生徒でも必ずよい結果が出るというのは、不自然です。

今後は、単なるノウハウの提供だけで終わらず、もし本気で先生を目指している人と出会えたなら、実際に伊勢まで来てもらって、私とちゃんと向き合ってもらって、

育成

をしていきたいです。

決意というよりは、まだ願望に近い段階なのですが・・・

現在、開業支援について新規の募集を停止していますが、春までには新しい形でご提案できるようにしたいです。まずは、私の生徒たちの受験。全員志望校に合格させます。

熱量

最近、AmazonのKindleを買いまして、かなりの数の作品が無料で読めるようになっています。

無料だからって、あなどれません。

北大路魯山人の著作をいくつも読むことができます。

魯山人先生の

『衰えてきた日本料理は救わねばならぬ』

から、一部引用します。


・・・

料理を心がけるような人は、

・どうしても料理を好きにならなければならない。第一好きでないと長つづきしない。好きでなければ面倒くさくなり、おもしろくなくなって結局仕事が付け焼刃になります。要するにうまい料理は出来ないことになります。

・それには料理上の概念を修めないと、うかうかでたらめばかりするようになって、見る人が見ると、なにかインチキになり、つまらないものになります。

(一部略)

魯山人先生がいうから、含蓄のある名言となりますね。

これは多くの自営業者でもいえることなんだと思います。

趣味を仕事にすると辛い、といいますが、それも業種や適正(資質)によると思います。

ひとくちに学習塾といっても、私の形態は講師を雇い入れません。指導は自分1人です。

私がなぜ1人で塾を続けることにこだわるかというと、

それが好きでしょうがないからなんだ、と、つくづく思います。

いくらでも、大きく拡げるチャンスはあったし、今もあるのだろうけれど・・・

私自身、「やりたいこと」の「範囲」はこれだ。

というものを見つけて、手に入れてしまった。そのことに、私自身が最大の熱量を注ぎ込むことができた。

その結果今があります。

本当に小さな教室で、すぐ生徒が満員になります。今日も漢字検定だったのですが、もうぎゅうぎゅう詰めで・・・靴の脱ぎ場に難儀するし、クーラーを16度設定にしてやっと室温が26度くらいになる熱気・・・

そういう状態が、私にとって一番「熱量」を持って取り組める、大好きな状態ということになります。

あなたが学習塾をはじめたいと考えていて、

一番熱量を注ぎ込めるのは、どんな状態のときなのか。

この仕事が好きでたまらない、と思えるのは、どんな規模で、どんな生徒に、どんなことを教えているときなのか、

具体的にイメージし、言葉にできるようになると、マーケティングでいうところの「ターゲット」が明確になってきます。

もしも株式会社であれば、

もしもスタッフを雇い入れているのであれば、

利益のため、人件費を捻出するため、いろんな理由で「売上第一」に陥ってしまうかもしれないところを、

私は「自分が自分の仕事を大好きだと思えるかどうか」で14年続けられました。来月で14周年です。

20周年までは、自分ひとりでやっていきたいなと考えています。

その先は、なってから考えることにして。


魯山人先生の言葉が心に残ります。

「好きでないと長つづきしない。」

つくづく、好きなんです。

あなたは、どうですか。
Profile
塾の先生だから人一倍勉強しなくちゃ!
  • ライブドアブログ