2007年02月14日

ダイニングキッチン改造

リフォームの動機

  1.  使うことのあまりない吊戸棚。
  2.  在ると便利なようで、実際には奥様の動線を邪魔するキッチン背面のカウンター収納。
  3.  掃除に手間がかかるキッチンタイルと深型のレンジフード。
  4.  薄暗い食卓テーブル。        
  5.  間仕切った隣の和室にいる御主人との会話が届かない。

43_091

 

 

 

43_092

 

 

 

 

 

 

43_093

 

 

 

 

 

 

 

リフォームのポイント

  1. 吊戸棚がない分、窓から自然光をふんだんに室内へ取り込むことが出来ます。最新のシステムキッチンは下部だけで従来の約1.5倍の収納が可能で吊戸棚がなくても十分対応出来ます。
  2.  カウンター位置変更。壁側に大容量の収納棚を設置。キッチンとセットもので見た目もスッキリ、綺麗に!
  3.  掃除に手を焼いていたタイルをキッチンパネルに。換気扇はスリムレンジフード゙(シロッコファンタイプ)でお掃除簡単。
  4.  2枚の引違い戸をやめ、明かり取りのため間仕切りの建具を天井いっぱいまで取り、透明の樹脂板を入れ、片引き戸(2枚)にし、全開すると開放感いっぱいになるような設計。
  5.  壁を一部撤去し開閉式の窓を設置。 

リフォームデータ
工期 10日
施工費 293.0万円 (設備費含む)
システムキッチン(ガラストップガスコンロ・食洗器付・天板:人造大理石)
クリナップ クリンレディ ステージ5 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔