CFTCから発表された6月26日現在のファンドポジションを紹介します。

円    18万8077枚売り越し(+2万6716枚)
原油   6万7164枚買い越し(−257枚)
ガソリン 4万29枚買い越し(−1172枚)
留出油  1万6621枚買い越し(−3015枚)
白金   8103枚買い越し(−1121枚)
パラジウム 1万1610枚買い越し(+1371枚)
金    6万3077枚買い越し(−1万8528枚)
銀    2万7852枚買い越し(−6844枚)
コーヒー 1万4928枚買い越し(−593枚)
砂糖   8727枚買い越し(+6525枚)
コーン  22万5925枚買い越し(−4万1467枚)
大豆   12万4707枚買い越し(−1万7827枚)

* 円ショートは2兆3500億円と史上最高の売り越し水準となっています。
* 金は重量換算で196トンに大幅減少しており、今年のピークから半減しており、人気の後退と見るか、買い余地の拡大と捕らえるのか相場観次第となります。
* コーヒーの買い越し水準が高水準を維持しており、ここ数年のピークは2万5千枚前後ですが、増加を維持するのか減少に向かうかは相場観次第。
* 砂糖は4週間連続買い越しを維持しており、今年に入り最長期間の買い越し、長期化か短命か?これも相場観次第。